タイトル画像

セイレン 第8話「宮前透 最終章 モフモフ」感想 女の子の着るものって男にはわからない仕組みのものがあるよね。

2017.02.24(10:33)

moblog_d0f362fc.jpg

モフモフとファスナーが頭から離れないよ。
宮前先輩!モフモフしたいです。


前と後ろにモフモフつけた宮前先輩の格好がエッチすぎて正一も顔を赤くしていましたが、栞先輩はなんてものを作るんでしょうか。
ミリうさ…どう見てもあかんやつです。

そして着ている宮前先輩もとっても恥ずかしそうにしているので、余計に目線が前のモフモフに行ってしまいましたが、トイレに行くのにファスナーの引き手のある場所が分からないと正一に探してもらおうとする彼女がお尻を突き出し、人差し指と中指でデリケートな辺りを開くところは、ついついいらん想像をしてしまいますね。

そんな変態チックなシーンを経て、彼女のために一生懸命な正一への想いが宮前先輩の中で大きく育って行ったんだと思いますが、コミマの打ち上げ後にひとり歩き出した彼女を追って来てくれたのが正一でした。

彼女を追って走り出した正一を見送る常木さんも、彼がそうしないではいられない言葉を投げるといういい仕事をしてくれましたが、コミマが終わったらデートしてくれると云う約束と一緒に、告白までしてしまおうと決意した正一の見せ場は良い雰囲気が出ていましたね。

恋人になって欲しい。ストレートに好意を伝える正一。
その瞬間ハッピーエンドは来るのかなとハラハラしてしまいましたが、予想に反して宮前先輩がお断りの返事をしたのでうわぁーまた友達エンドかとガックリきてしまいました。

しかし、唇ならぬ正一の喉仏めがけてキスをする宮前先輩。
正一も見ている僕も今なにが起きているのか???となってしまいましたが、弱点を攻める攻撃を放った後、直ぐにはそういう関係にはならない、でも私の後をいつも追ってくれた正一くんにこれからも私の後を追って来て欲しいと告げる宮前先輩の純なところにキュン死しました。

めちゃ可愛い。そして後を追うだけじゃなくて今すぐ突撃したくなるような男の子への気持ちの伝え方でしたね。

ラストでは10年後のステップを踏んで幸せを掴んだ二人とお子さんの様子が描かれましたが、なんて幸せな締めくくりなんだと、バスゲームの伏線が回収されたことを感じながら、良かったなぁとしみじみ思いました。

萌姉のおパンツが大胆なガソガルコスと、前から後ろからモフモフに触れてみたくなる宮前先輩のコス&ファスナー探しプレイにのけぞるほどリピドーが高まった最終章でしたが、清廉潔白というテーマを持つセイレンらしい締めくくりだったと思います。

次回からのヒロインも気になるところですが、宮前透編をもう一度復習してから次回に臨みたいと思います。
兎に角も次回に期待ですね。


moblog_218fdda2.png
moblog_a92995a1.jpg
moblog_196010e2.jpg
moblog_4a5f8e1a.jpg
moblog_0fa47223.jpg
moblog_4d42de92.jpg
moblog_f734965a.jpg
moblog_f4bd793b.jpg
moblog_7734f869.jpg
moblog_406491b3.jpg
moblog_045d0d18.jpg
moblog_548683b9.png
moblog_09e509c3.jpg


TB送信先 空と夏の間さん
関連記事

タイトル画像

うらら迷路帖 第8話「いけないことわかんないこと、時々すっぽこぽん」感想 サワガニさんテコ入れありがとうございます。

2017.02.24(07:52)

moblog_f4aef522.jpg

ブラの紐だけを切るサワガニさんの良い仕事にドキドキです。ふぅ。
贅沢を言えば、紺ちゃんのも入刀して欲しかった…。


勉強から離れてニナ先生と水辺に遊びに来た千矢ちゃんたち。
けっして避暑に訪れたんじゃないのよと言うニナ先生の様子が完全にどこかのVIPなんですが、普段勉強を頑張っているご褒美に遊びに連れて来てもらったみんなは大はしゃぎでしたね。

ちゃっかり水着の用意をして来た小梅のおかげで、濡れて透ける襦袢を着て来てしまった心配も何処へやら、水に入ってみんなで楽しく遊ぶことができました。

ただ千矢ちゃんの苦手なサワガニさんが現れて、水着の紐をチョッキンナして行きましたが、自然児の千矢はともかく、小梅のあられもない姿を披露してくれたのは今回一番の眼福シーンだったと思います。

さておき、食事も済んで落ち着いたところで、紺が二人のうららがペアになることで強い力で占えるという技をやってみたいと言い出し、うららの掟で禁止されているのを知っていたのに、千矢ちゃんとペアを組んでとうとうしてしまいましたね。

そして水の中でおどろおどろしい何ものかを感じて、紺は禁忌を破ってしまったと思い悩み始める事となりましたが、千矢ちゃんや小梅ちゃん、そしてノノちゃんの優しさと励ましに包まれてなんとか立ち直る事ができたようですね。

もし迷路町の神様にうらら失格と言われたら、私が一緒に謝って許してもらうと紺ちゃんを抱きしめる千矢ちゃんにほっこりしてしまいましたが、それを最初から見ていた小梅ちゃんとノノちゃんも優しいお仲間でした。

こっそりお月見用に用意していたお団子を四人でいただきながら、夜空を照らすお月様に向かって楽しげに吠える頃には、紺ちゃんもすっかり元気を取り戻していたようですね。

今回も不思議な出来事を盛り込んで、千矢ちゃんたちの笑顔や仲の良さを描いてくれたのは、アニメ版うらら迷路帖らしくて良かったと思います。
次回も楽しみにしたいですね。



moblog_7f245ad5.jpg
moblog_cb98f396.jpg
moblog_4fc66054.jpg
moblog_be47fc8a.jpg
moblog_5127b1d0.jpg
moblog_4190302c.jpg
moblog_08624083.jpg
moblog_1d65d10f.jpg
moblog_dd208c72.jpgmoblog_fd643ab7.jpg

TB送信先 空と夏の間さん
関連記事

タイトル画像

One Room 第7話「桃原奈月は照れてごまかす」感想

2017.02.23(12:35)

moblog_5c5dcfd6.jpg

帰れよ…結果から伝えてしまうお兄ちゃんには、妹ちゃんの集中指導が必要ですね。

東京に居ると友達にも会えないだろうし、お年頃の妹の夏休みが自分の世話だけになってしまうのはどうなんだろうと思ったお兄ちゃんから出た言葉なんでしょうけど、家族ゆえの説明不足というか、言葉足らずのお兄ちゃんに奈月ちゃんの目はもう涙でいっぱいになってしまいましたね。

お掃除をしたり、エッチな本とお酒は程度を抑えればOKな理解ある妹ちゃんに、これからもエッチな本を処分され続けても良いかなと思うレベルの不器用さですね。

まあ奈月ちゃんも帰れよと言ったお兄ちゃんの気持ちをすぐに理解してくれると思いますが、次回はちょっぴりお仕置きというか、妹ちゃんによる集中指導があるのを期待したいと思います。

その後お兄ちゃんがデレるのか、それとも奈月ちゃんがデレるのか気になるところですが、奈月ちゃん編の締めくくりがどんなものになるのか、次回を楽しみに待ちたいと思います。


moblog_e40438b5.jpg
moblog_21576a0e.jpg

TB送信先 アニメグラフィティさん
関連記事

最近の記事

  1. セイレン 第8話「宮前透 最終章 モフモフ」感想 女の子の着るものって男にはわからない仕組みのものがあるよね。(02/24)
  2. うらら迷路帖 第8話「いけないことわかんないこと、時々すっぽこぽん」感想 サワガニさんテコ入れありがとうございます。(02/24)
  3. One Room 第7話「桃原奈月は照れてごまかす」感想(02/23)
次のページ