二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

「実は私は」のカテゴリを含む記事

実は私は 第13話「一緒に帰ろう!」感想

言えない…エンディングテーマ通りに締めくくった良い最終話だと思いました。黒峰くんが最後に告白するのかどうか楽しみにしていましたが、ラブレターも渡せず仕舞いで幕を下ろしましたね。そして放映中に某所の実況用ボードに何度か出入りしている間に、今後の二人がどうなって行くのかネタバレを見てしまいましたが、アニメ版はここまでで良かったと思うし、原作でアニメでは描かれなかったエピソードや続きをこれから楽しもうと...

実は私は 第12話「告白を阻止しよう!」感想

スコップという睡眠導入装置で告白阻止にダッシュする委員長はマジ天使(宇宙系)。前回からラブコメ成分マシマシでラストに向かって突っ走ってる感じですが、葉子が良い友達であり、好きになってしまった黒峰くんが彼女に好意を持っているという狭間で思い悩んだ末に、ついに委員長が自分の感情を抑えきれなくなったようですね。こういう彼女のパッションをスコップとはいえぶつけられる黒峰くんは幸せ者だと思いますが、自称恋愛マ...

実は私は 第11話「夏祭りに行こう!」感想

恋してる委員長可愛すぎ!そして、なにがちゃうねん!葉子ちゃん!?最終話を臨んで恋愛要素マシマシになってきた実は私は。前回の委員長の(フクちゃん代行)告白を受けて、彼女と黒峰くんの恋を応援しようと目論んだ葉子は、みんなで出かけるはずの夏祭りを二人っきりのシチュエーションにすることに。もちろん心配と見守りたい気持ちでいっぱいの葉子は、獅穂と連れ立って彼らの様子を物陰から覗いていますが、恋愛マスター獅穂は...

実は私は 第10話「素直になろう!」感想

福の神見習いのフクちゃんも茜校長もカオスしか連れて来ない。自然に葉子を誘えるようになってきたアナザルこと朝陽。ケーキバイキングと聞いてついお腹を鳴らしてしまった葉子は、最初はキバが見えてしまうと断っていたが、結局桜田たち三人と連れだってお店で楽しい時間を過ごしていた。そんな時、嶋田の視線を奪ったミニスカートの制服姿をした外道クイーン・みかんが現れるのだったが…。桜田たちは、葉子の事で朝陽が何かを隠...

実は私は 第9話「水着に着替えよう!」感想

ニブくてもヘタレでもぜんぜんOK!良いラブコメ回でした。そして水着回、ありがとうございました!!つい下の名前で黒峰くんを呼んだ葉子ちゃんが可愛すぎるです。前半のプールパートは委員長と獅穂が盛り上がてくれましたが、痴女指南のロックオン泳法は違う意味で危ないですね。案の定、一人厳しいご注意を受けてしまいましたが、日焼けした水着を自らズラす獅穂におもわずロックオンしたくなりました。そして、委員長も相変わら...

Top