二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

「ようこそ実力至上主義の教室へ」のカテゴリを含む記事

ようこそ実力至上主義の教室へ 第12話(終)「天才とは、狂気よりも一階層分だけ上に住んでいる者のことである。」感想

島に向かう船に乗っていた時点から清隆の計画は始まっていたのかもしれない。鈴音とばっかり仲良くしてとちょっぴり拗ねて見せた桔梗にキュンとしてしまいましたが、もう一つの顔を持つ彼女をはじめとする個性的なキャラばかりの面白い作品でした。バトルやラブコメといったラノベでよく扱われるお話とは違って、人間らしさを失ったかのように施設で育てられた主人公が降りかかる事態に対してある時は策を講じ、またある時は相手と...

ようこそ実力至上主義の教室へ 第11話「しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半は自分の愚行にすぎない。」感想 まさかのパンツ泥棒の犯人とは?

唐突な鈴音ちゃんのサービスシーンにドキドキ。泥をかけた山内君は視聴者たちのために自ら泥を被ったのだ。それにしても島への上陸前から熱を出し、伊吹澪に蹴り倒された鈴音ちゃんの身が心配ですね。軽井沢恵の下着が盗まれた事で大きく揺れるDクラスですが、そんな中島に着く前から鈴音が熱を出していることに気づいていた清隆が彼女を心配してくれていましたね。詳しく理由も言わず自分に近づいて来る清隆にちょっと戸惑う鈴音...

ようこそ実力至上主義の教室へ 第10話 感想 恵ちゃんのおパンツにイケナイ事をした犯人の動機は嫉妬か、それとも他クラスの計略によるものか。

軽井沢恵のおパンツを池の荷物に忍ばせたのは誰なのか。清隆の犯人探しが始まった。そして今回も、帆波ちゃんの笑顔と、デレを隠しきれない愛里ちゃんに癒されてしまった。早く水着回になーれ♪( ´θ`)ノ現状わかっている情報から考えると、クラスのまとめ役の平田と恵が付き合っていることに嫉妬したCクラスの女子の誰が真犯人である可能性が高いんじゃないでしょうか。そしてBクラスをはじめ他のクラスの偵察に行った清隆と鈴音が...

ようこそ実力至上主義の教室へ 第9話「人間は自由の刑に処されている。」感想 ジャージ越しのふくらみ。

好きな男の子の強引さに、真っ赤になる愛里ちゃんが可愛い。もう清隆に完全にデレてますね。離島で行われる夏季特別試験のルールが茶柱先生からも説明され、ポイントという開けた場所の占有と各クラスのリーダーについて聞いたDクラスの面々は、平田をまとめ役にポイント探しや生活の環境を整えようと一致団結して頑張りだした感じですね。しかし月が綺麗とラストシーンを飾った高円寺の自らの意思による脱落や、Aクラスのリーダー...

ようこそ実力至上主義の教室へ 第8話「汝等ここに入るもの、一切の望みを捨てよ。」感想

一之瀬帆波ちゃんを下の名前で呼んでもいいですか。Bクラス担任の星之宮知恵先生と帆波のマッサージシーンが大胆すぎなイカ。知恵先生はイカちゃんでしたか。ちょいハスキーな吐息を漏らしたところは最高でしたね。そして帆波とのやりとりを聞いているとなんだか頼りないところもあるみたいですが、シリアスになりがちなこの作品のオアシス的な存在なんでしょうか。脚から順に揉まれていく帆波の危ういアングルに瞬きすら忘れそう...

Top