二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

「ナナマルサンバツ」のカテゴリを含む記事

ナナマルサンバツ 第7話「……ふたりの過去問」感想 文蔵高校クイ研の早押し機がにゃーっ♪と完成。笹島迅子はべっぴんである。

クイ研の中心でクイズが好きと叫ぶ真理りん。学人と迅子のような仲良し兄妹関係が復活するといいですね。進学校の開城に通う兄・誠司にクイズで競い合う事を全否定された真理りんは今にも泣き出しそうでしたが、彼女がクイズを好きになったきっかけも兄によるものだったんですね。なので兄の誠司には、せめてクイズに対してもう少し寛容になって欲しいところですが、中学生の頃はクイズが大好きだった彼がどうして今のように変わっ...

ナナマルサンバツ 第6話「A.メイド B.チュウサ C.コアクマ」感想 例会に向けて走り出す識。御来屋君がライバルだ!!

芦屋部長たち上級生も参加する次の例会は、いったいどんなクイズ大会になるんでしょうか。まだ見ぬツワモノたちの登場が楽しみです。早押し機の制作費をメイド喫茶でバイトして稼ぐ真理りん。クイ研の活動を通して再び仲の良さを取り戻した由貴っちがバイトに付き合ってくれているのが微笑ましいところですが、耳っ子メイド姿を恥ずかしがる真理りんが可愛らしかったですね。そして一方の識は大将に連れられてアキバデビューを果た...

ナナマルサンバツ 第5話「文蔵 VS 宮浦!ピコーン♪」感想 弱電女子の迅子は学人部長の妹である。兄がボケで妹がツッコミの愉快な兄妹らしい。

チーム対抗戦再び!識、真理、大将の新人コンビが一つになる熱い戦いだった。御来屋の居る宮浦高校を迎えての新人対抗戦に、識は再び御来屋の早押しが見られると楽しそうにしていましたが、残念ながら彼の参加はなく、宮浦の同じく新入部員たちを相手に10ポイント選手のオーソドックスなクイズ合戦が始まりましたね。しかし長い歴史を持つ宮浦にベタ問でポイントの先行を許し、クイズについては識や大将よりも経験のある真理が私が...

ナナマルサンバツ 第4話「謎の美少女登場ですが、」感想 真理りんと由貴っちがまた仲良くなれて良かった。

おさげの可愛い美少女の名前と持っていた本、そしてジャージに隠された真の魅力が気になります。クイ研に入部した識君と大将にニッコニコの真理りん。そして落ち着いたところで学人先輩によるレクチャーその1が始まりましたが、勝つクイズがしたいと言う真理りんの質問をきっかけに、クイズ問題の文章のどこに着目するかやベタ問には二種類あるなど、興味深い話が展開されましたね。中でもベタ問がなぜベタ問として残って来たのか...

ナナマルサンバツ 第3話「解答権が欲しければ/」感想 識に注目する御来屋千智。二人はライバルになる運命なのか?!

4校合同の新入生クイズ大会が決着。識との再戦は6月の例会だと、識にクイズをやれ!と言う千智が熱い。新入生クイズ大会の二回戦は早押しした者とボタンを押せなかった者にも得点を得るチャンスがある面白い形式でした。そして今回は早押しして間違えるとペナルティが課せられるルールもありましたが、それをものともせずにガンガン答えて行く千智が凄かったですね。中でも問題を読み上げる者のアクセントや微かに強調された語彙を...

Top