二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

「有頂天家族」のカテゴリを含む記事

有頂天家族2 第12話(終)「運命の赤い糸」感想 花嫁姿の玉蘭に見惚れる矢一郎にニヤニヤする大団円

矢三郎のシャツを掴んでついて行く海星。そんな二人の歩いて行く姿にほっこり和む締めくくりでしたね。三部作の二番目なので二代目の失恋の相手やら地獄に連れて行かれた早雲のその後とか気になることは多いですが、ひとまずは矢一郎と玉蘭の婚礼、そして矢三郎の後をついて行く海星の可愛い様子にほっこりするエンドを迎えましたね。しかし弁天とやり合った二代目に赤玉先生は強うなれと言っていましたが、もし若い頃の二代目のフ...

有頂天家族2 第11話「天狗の血 阿呆の血」感想 アレもコレもニセモノばっかりだった。

偽右衛門選挙、偽電気ブラン、偽空気銃に偽呉一郎。ニセモノバレで大逆転?!兄弟たちがそれぞれの役割りを果たして大団円を引っ張って来てくれそうですね。。京都の制空権は我に在りと宣う寿老人と操縦桿を奪い合う矢三郎もぽんぽこ仮面の活躍で、一気に主人公らしい役回りを果たしていましたが、冒頭の子供たちの事を総一郎にお願いする桃仙ママの不安が的中したのか、ニセモノたちがバレ出して行くまでは息のつまる様な展開が続...

有頂天家族2 第10話「偽右衛門の決まる日」感想 天満屋の手に落ちた海星と矢三郎の運命や如何に。

四国の狸に挨拶する矢二郎の前に現れたのは、本物の夷川家の長男・呉一郎なのか。じゃあ矢一郎を持ち上げている、あの袈裟を被った男は何者なんでしょうね。矢二郎の旅がお話しに関わって来るのは予想していましたが、京都に居るはずの夷川の長男が矢二郎の話を聞いて、彼の前にのっそり姿を現した感じですね。そして赤玉先生に破門されるほど怒りを買った矢三郎は逃亡生活を楽しんでいるようですが、息子の矢二郎からの旅の便りを...

有頂天家族2 第9話「それぞれの二代目」感想 大きな賭けに出たと言う矢三郎の思惑とは。

人間タイプの下鴨四兄弟が揃いぶみ。弁天VS二代目も気になるところですが、旅立つ矢二郎が訪れる先に待つものも偽右衛門選挙に絡んでくるのかな。ひとまわり大きくなって帰ってくると言う矢二郎を見送る下鴨家の兄弟たち。その出発を玉蘭は火打石を打って送りしますが、災厄を避けて無事に帰って来てという想いがその音に込められているようで、彼女は桃仙ママンのあとを継ぐ良いお嫁さんになってくれそうなのを感じますね。さてお...

有頂天家族2 第8話「夷川海星の秘密」感想 化け術が解けるほど海星に惚れていたんだね。

雷に好きな女の子、狸の苦手なものは狸それぞれのようですね。早雲のお葬式から始まり、夷川家から出奔していたはずの長男・呉一郎が銀閣と金閣を連れて詫びを入れに来るところがありましたが、ケツの毛を毟ってくれと尻を差し出す金閣たちがコミカルでしたね。しかし呉一郎は今後も僧侶を続けて行くんでしょうか、諍いを乗り越えて今生きている我々がどう生きていくかが大切と三匹の気持ちを受け止めた矢一郎に玉蘭も惚れ直したよ...

Top