二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

「2014年04月」日時の記事

ご注文はうさぎですか? 第3羽「初めて酔った日の事憶えてる?自分の家でキャンプファイヤーしようとしたわよね」感想

私「しっかり者のチノちゃんを妹にお迎えしたいな。」ココア「全力で却下です。」不良野良うさぎとシャロの初登場となった第3羽。これでメインの5人と3羽が揃ったわけですが、シャロのリゼへの憧れ度がハンパないですね。ちょっとゆりゆりしてまいりましたですよ。(ニッコリ)お気に入りのコーヒーカップを探そうとショップを訪れたラビットハウスの3人。チノはお店用に良いのがあればという感じでしょうか。しっかりしてますね。コ...

ブレイクブレイド 第4話「クロース・コンバット(近接戦闘)」感想

荒野に立つデルフィングを見て劇場版を見に行った時の思いが蘇ってきた。第一章の上映時にBDを放映してるんじゃないかと思うほどの映像のクリアさに驚き、その後も劇場に足を運ぶ事になったのですが、このテレビアニメ版でも風景に溶け込んでいるデルフィングや戦闘シーンを見ると壮大さや迫力が、美しくそしてガツンと伝わってきますね。そして編集もスッキリしてて良いんじゃないでしょうか。BD-BOXの売れ行きによっては2期もあ...

デート・ア・ライブII 第3話「ふたつの願い」感想

四糸乃の見てる昼メロに合わせて展開するムフフな誘惑合戦。しかし肝心なところは疎い耶具矢と夕弦だった。2話の温泉、そして3話の水着&オイル塗りコンボとえっちいシーン多めで疾走するデート・ア・ライブ2期。オープニングでも十香たちが走っていますが、修学旅行の行き先を沖縄から或美島に変えてきたDEMがプリンセスとも言われる十香の捕獲に暗躍していて、士道はそれに気づいていませんが、ぺろぺろされてる場合ではないんで...

健全ロボ ダイミダラー 第4話「Sixの挑戦」感想

リッツちゃんはペンギンを溺愛し、ペンギン帝国のために戦う成長著しい13歳の少女である。ペンギンさんたちと暮らす美乳の少女。その愛と見事なゴッドスクラブに心打たれたのは帝王とコマンドたちだけではない。なのでこのブログではペンギン帝国側に立ってレビューしてまいります。恭子と三博士たちの大胆なシーンも注目して行きたいですね。第一印象はマジンガーZの原作漫画のオマージュなのかって感じでしたが、ノリがよければ...

彼女がフラグをおられたら 第4話「あともう少しでゴールだ。これで無事体育祭も終わるぞ」感想

がをーがをー!彼女がフラグをおられたらじおも始まってますね。奈波役の木戸ちゃんと大名侍鳴役の丹下さんがパーソナリティを務めていて、木戸ちゃんが丹下さんの高校時代の話を聞いていたり、原作者の中村10日さんがアニメ本編のアフレコ時にお菓子などの差し入れを持って来てくれたりと、興味深い話題も飛び交う中、雰囲気も楽しそうな感じが伝わってくるラジオですね。どのヒロイン役の声優さんもメインヒロインをはれる声優さ...

東京レイヴンズ 第24話「to The DarkSky -魂呼(たまよばい)-」感想

日の光あたる外の世界へ連れ出してくれた夜光。彼との記憶を削りながらも自らの封印を解くコン。幼女から少女へ、そして綺麗なお姉さんになってしまった。荒ぶる鏡とシェイバから主人を守るために、封印を開放して飛車丸に戻ったコンですが、泰純がその封印に絡んでるようですね。夜光の覚醒まで時を止めて待っていたというところでしょうか、あわや春虎がシェイバに切られるってところで角行鬼さんも登場し、一気にパワーバランス...

東京レイヴンズ 第23話「to The DarkSky -陰陽-」感想

すず先輩「天馬に賭ける!」濃厚すぎるラスト前回。登場人物たちの役割の構築の見事さに、ますます原作が読みたくなってきました。呪術を呪術たらんと為さしめている要因は多種多様にある。スワロウウィッブの時に大友が天馬にかけた言葉を理解し、まさにトリックスパイダーと化した天馬は『鴉羽』を開放する。こんな見せ場が用意されていたとは予想外でしたが、天海大善の無事?も分かって少しホッとしました。そして京子の星読み...

東京レイヴンズ 第22話「to The DarkSky -護法-」感想

道満vs宮地。春虎たちの長い一夜の始まりは最強と最強の戦いで幕を開けました。道満の役割としては火界咒で無双する宮地の足止めと陰陽庁に混乱を起こすことでしょうか。その間にシャドウこと大友 陣が捕らわれた春虎を救出するという作戦ですが、鏡が邪魔に入りました。しかし今までの鏡の扱いが扱いなだけに時間稼ぎにしかならないような気もしますが、2人の決着は次回に持ち越しですね。ただ道満にしろ鏡にしろ、やがて到着する...

Top