タイトル画像

コメット・ルシファー 第9話「伝えたい心」感想

2015.11.30(20:52)

20151130084901456.jpg

ロマンとヴァロフR7が相変わらずのイケメンっぷり。
そしてソウゴが搭乗したモウラの性能は進化し加速していく。


ゾーン長官にソウゴたちを襲わないように頼むため行政府に乗り込んだドモンでしたが、彼含めて軍関係の人の命の扱いが軽いのはこの惑星ギフトの世界がかなり厳しい側面を持っているという事なんでしょうか。

ソウゴたちが行政府軍やガス大尉一派と戦う横で彼は命を落とす展開となってしまいましたが、はじめてのソウゴとの喧嘩をした後で、それぞれが父親として、また息子として、伝えたい心がこのまま伝えらないまま終わってしまうことになるのか気になるところです。

可能性としてはミツバチさんが瀕死のドモンを救うくらいしか思い浮かびませんが、次回に治療されてベッドに横たわるドモンの手を握る彼女が登場するのを期待したいと思います。

さて、いよいよソウゴがモウラに乗り込みましたね。
正直やっとかという感じですが、機動ヘリとモウラの空中戦や加速しパワーアップしたモウラとガス大尉との戦いはなかなかカッコよかったし、ロボ同士の戦いだけではなかった対ヘリ戦は見ていて面白かったです。

そしてソウゴ搭乗後のモウラの剣は尻尾が変形したものだったんでしょうか。
武器のギミック的なところも楽しみになってきましたが、ここからオープニングの最終形態にどんな風に進化していくのか、カッコよく描いてくれるといいなと思います。

ともあれ、ドモンを刺したゾーン長官の秘書の言葉からソウゴの母親が何処かで生きている可能性も出てきました。
そして次回は深淵の祭壇にフェリアが到着するのかもしれませんが、そこで何が起こるんでしょうね。
フェリアとモウラだけでなく、ゾーンとその秘書の思惑をはじめとする謎が明かされはじめて行きそうな次回からの展開に期待したいですね。

20151130084902667.jpg
関連記事

タイトル画像

うたわれるもの 偽りの仮面 第9話「神眠りし國の使者」感想

2015.11.29(08:15)

20151129064504229.jpg

成長したアルルゥとカミュの登場回。
過保護すぎる二人に逃亡を図ったり怯えるクオンが面白可愛い。


油断してました。てっきり褐色娘かノスリのお風呂、もしくは早回しでカポカボカポカボカポカボーあたりが見れるかと予測していたんですが、ここでトゥスクルからの使者を務めるアルルゥとカミュが登場して来るとは思ってもみなかったです。
もっとサブタイトルに注意を払えばと今になって思いますが、ゲーム原作の順番を入れ替えて第一部からのファンにサービスをしてくれた感じですね。

さておき、アルルゥがいかにも成長した姿で登場したのは嬉しい事でしたが、過保護すぎる彼女とカミュから逃げるクオンが愉快でした。

本当は嬉しいはずなのに、それを打ち消して余りある二人の愛情表現のせいなんでしょうけど、お風呂で成長を確かめようとあちこち触られては堪ったものではないですね。
湯の中をツイーっと近づいてくる二人に笑ってしまいましたが、どうしてどうしてアルルゥとカミュもしっかり成長しているではないですか。

何故か多いお風呂シーンもこなし、その後は逃げれなかったクオンが二人から心身共に成長したと認められ、ハクオロによく似た名前を持つ男が横にいる事を知った二人が、なんだかとても懐かしそうな顔をしながらクオンをふと見つめるところは、グッと心に響いてくるものがあるのを感じました。

ともあれ、しっかり使者の役目を果たす事ができるようにアルルゥとカミュの成長を見れたのは良かったし、ムックルへのココポの反応が面白かったり、楽しい日常回でしたね。
ただ欲を言えばトウカとカルラとの再会ももっと見たかったところですが、その辺りは原作のゲームで回収できればと思います。

そして次回は恋のお話のようですが、誰が誰に恋をしているのか、恋マイスターのアトゥイが放ってはおけない楽しいお話になるんでしょうか。
次回も楽しみに待ちたいと思います。


20151129064501810.jpg
20151129064601640.jpg
関連記事

タイトル画像

ご注文はうさぎですか?? 第8話「スニーキングストーキングストーカーストーリー」感想

2015.11.29(05:15)

20151129044201813.jpg

無意識でやらかすお姉ちゃんを放っておけないチノちゃんは妹です。

進級にまつわるクラス替えで誤解しあってたココアと千夜はいつもの二人ですね。
しかし高校に進学するチマメ隊にとっては、ママにお嬢様学校進学を進められているメグと通う学校が別れてしまうかもしれないマヤにとっては大きな問題でした。

そしてひとり悩んでしまったマヤは、ココアたちと違う学校に通いながらも仲良くしているリゼの後をつけてしまいますが、彼女に可愛いうさぎが現れて嬉しそうな顔をしているところを見られてしまったかな?と、どこか恥ずかしそうにするリゼは可愛かったですね。

そうこうしているうちにマヤはリゼに悩みを打ち明けますが、学校が違っても、たとえしょっちゅう会えなくても、友達である事に何も変わりはないと云うリゼの気持ちに、彼女の不安も無くなったようでした。
この辺りはさすがしっかり者のリゼという感じでほっこりしてしまいますが、そんないい話にもココアや千夜が絡むと何時の間にかギャグが始まってしまうのは、ごちうさらしいところでしょうか。

青山さんが加わってのストーキング三すくみに笑いが堪えきれず吹き出した、楽しくも心のあったまるエピソードだったと思います。
チノちゃんの帰りが遅いので心配して探しにきたテッピーをつけてきた父タカヒロさんまでストーキングしてたオチも面白かったですね。次回も楽しみにしています。


20151129043701904.jpg
20151129043703351.jpg
関連記事

タイトル画像

落第騎士の英雄譚 第9話「皇女の休日」感想

2015.11.29(03:15)

20151128235902991.jpg

蒸れたストッキングの誘惑。弾けるフロントホックブラ。
夜の一刀修羅寸前で耐える一輝は、ステラちゃんをとっても大切に想っている男の子。


雨に濡れたステラの制服を脱がせていく描写が素晴らしかったですね。
めくれていくたびに湯気をあげるその演出に、一輝じゃなくてもスースーハーハーとドキドキしてしまいます。
そして胸が苦しいから前ホックを外してと言いだしたステラは、心の何処かに始めての覚悟が生まれ始めていたんでしょうか。

お互いの両親に会っていない今はまだ早いという気持ちを告げる一輝に、私ってやっぱりエッチだと心で呟くステラちゃんが女の子していましたね。
大好きな彼が自分を大切にしてくれる嬉しさと、その反面今よりもっと深く結ばれたいと云う彼女の気持ちがよく出ていたパートだったと思います。

さておき、男の子の反応をばっちりステラに見られた一輝ですが、突然襲いかかってきた岩の怪物からステラちゃんを守ろうと戦います。
けれども魔力によって再生したり群れを成して襲いかかる怪物には相性が悪いのか、一輝は徐々に追い詰められて行く感じでしたね。

そこで一緒に合宿所を訪れていた生徒会メンバーが助けに入り、破軍学園最強の剣士にして生徒会長である東堂刀華の初登場と相成ったわけですが、まさに始めからクライマックスと言っていい強さと凛々しさに溢れていましたね。

怪物を切るたびにそれを操る魔力の糸を手繰り、やがては怪物の操り手もろともに雷切の斬撃で斬り伏せてしまう剣劇は、演出も独特な感じで、敵の一切合切が刀華によって砕け散らされていく圧倒的な強さが画面狭しと伝わってくるようでした。

そして全てが終わり、振り向いた刀華の瞳が凛々しく光るのは、オープニングのラストが対蔵人から対刀華バージョンに変わっていた事と相俟って、物語終盤への期待を膨らまさせてくれますね。

ともあれ、一輝とステラを襲わせた人物が何者なのか。
そして父親と兄の事でそりが合わない珠雫の次の対戦相手が狙ったようなタイミングで刀華に決まった事から、ラスボスはこの抜刀者が存在する世界で理事長先生以上の立場を持つ大人だと想像のつくところですが、
さて、相手にとって不足なしという感じの珠雫と、学園最強の剣士・東堂刀華の戦いはどんなものになるんでしょうか。

刀華のCVが金元さんという事で、戦い終わった後の楽しいシーンにも期待しつつ、先ずは次回の展開を楽しみに待ちたいと思います。


20151128235401645.jpg
関連記事

タイトル画像

ハッカドール THE あにめ~しょん 第9話「オレをとめられるのは火曜の定期メンテナンスだけだ」感想

2015.11.28(23:21)

20151128114301397.jpg

4号ちゃんがラスボスだったので、彼女が地球に帰還している事がわかりました。
本当にか?まさか衛星通信でネトゲしてたとか無いの?そろそろ普通に4号ちゃんを登場させて欲しい。


ネトゲ廃人となった息子の母親から彼を現実世界に連れ戻す依頼を受けたハッカドールちゃんたち。
別に外に出てタブレットでネトゲすれば良いと云うツッコミはさておき、ゲーム世界で歩くハッカドールちゃんたちの姿がドット&モザイク回に続いて愉快でしたね。

引き篭もりになっている息子のクドいまでの厨二セリフも面白かったですが、彼の希望に応えて戦士とか魔法使いに変身したハッカドールちゃんたちも楽しかったです。

そしてラスボスとして登場した4号ちゃんを倒すためにお団子3兄弟ソードと化した彼女たちがちょっぴりグロかったのは良い塩梅のデザインだと思いましたが、レアものであってもあまり欲しくはならない感じですね。
ともあれ、戦いの行方もわからないまま幕引きとなりましたが、4号ちゃんを倒すまでしばらくゲームを止められなかったんじゃないでしょうか。

だとすると依頼を果たせないままになってしまうんですが、げそいくお先生の次回作にご期待くださいエンドで打ち切りっぽく思っとけば良いんじゃないんでしょうか。
そんな斬新さとやっつけを同時に感じるユニークな回だったと思います。
次回に期待ですね。

2015112811420399.jpg
関連記事

タイトル画像

ノラガミ ARAGOTO 第9話「糸の切れる音」感想

2015.11.28(22:23)

20151128114201650.jpg

夜トの事が思い出せないひよりの潤んだ瞳が切なく美しい。

一ヶ月も立たないうちに忘れられて行く夜ト神の存在の虚ろな部分。
けれども人の恨みを晴らす事で在り続ける彼はいつか救われる事があるんでしょうか。
あるとすればそれは人であるひよりにしかできないと思うのですが、お社を作ってもらって日の目を見た彼を再び闇に引き戻そうとするととさまとはいったい何者なんでしょうね。

はたしてそのととさまの目的が、単純に夜トを恨みを晴らす神に留めておく事なのか、それとも別の思惑があるのかは明きらかになっていませんが、夜トを黄泉に行かせて恵比寿がイザナミから言の葉を奪う手助けをさせるように仕向けたのは間違いなさそうですね。

そしてイザナミが見た者の大切な人の姿で見えるという設定は面白く思いましたが、夜トにはひよりの姿で見えたようでした。
なんとも艶のあるひよりの着物がはだけちゃって目のやり場に困りますが、ならばよけいに夜トはひよりの元に帰らなくてはいけないと云うものですね。

おそらく夜トを思い出せないひよりがまだまだ引っ張られることになり、最後の見せ場を二人と努力する雪音君が持って行くんだと思いますが、先ずは恵比寿が代替わりまで覚悟して面の妖を使うのか、それによって成そうとしている事が何なのかを知りたいですね。

七福神は神議りで動けそうもないし、言の葉を奪われたイザナミが真の姿をアップし始めたので、逃げる恵比寿と夜ト、そして野良との掛け合いで、恵比寿の目的やととさまの思惑が少しづつ明かされて行くのを楽しみにしたいと思います。

現界ではひよりの潤んだ瞳の意味を勘違いした藤崎なる先輩が彼女の唇を奪うと云う展開になっていますが、天神様の考えには同意できてもこれはひよりファンとしてはドン引きせざるを得ないんじゃないんでしょうか。
個人的には小福ちゃんがグラサンおやじにチュッチュッしていたのがニヤニヤしながらも悔しく思いましたが、
とにかくもキスされてしまったひよりがどんな反応をするのか、次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151128114801753.jpg
関連記事

タイトル画像

ヘヴィーオブジェクト 第9話「障害物競走なら普通は泥まみれ 南極大陸制圧戦」感想

2015.11.28(21:13)

20151128114804427.jpg

ペンギンに戦闘を中断するのは全人類のお約束!
人が居るとなんだろうとよって来てくれるペンペンとの関係をいつまでも失わないで欲しい。


南極の謎の集団とヘイヴィアたちが撃ち合うところに現れたペンギンの親子連れにほっこりしました。
南極探検隊の方の体験談を読んだ事がありますが、人が何かしているとペンギンが近づいてくるそうですね。

そして、そうした関係がいつまでも続いて欲しいところですが、ヘイヴィアと謎の集団も撃ち合うのをひとまず止め、はぐれた子ペンギンが群れに戻るというか、スイーとし出した彼に続いて滑って行く群れに、さっきまで戦っていた両者が良かったとほっこりし合うのはとても良いシーンだったと思います。

さておき、氷の岩盤を砕いたり、砲台を支えるケーブルが打ち込まれた箇所をミリンダに砲撃させる事で窮地を脱し、月にいるヘイヴィアの婚約者まで救ったクウェンサーの機転でしたが、海に潜れるオブジェクトの存在が伏線として残りました。

そしてミリンダによればその機体はステルスではないかという事ですが、それを暴いて晒すのがクウェンサーとヘイヴィアの役割になるんでしょうか。
そうなるとミリンダと二人の連携がとても楽しみになってくるんですが、今回出番の少なかったミリンダの可愛いシーンが多くなるのも期待したいですね。

ともあれ、今回はヘイヴィアの婚約者も登場して、普段は軽い彼が家の事では重い現実を抱えていたり、キャラの色んな面を見せたのは良かったんじゃないでしょうか。
綺麗なお姉さんにシゴかれるビデオやクウェンサーとのポージングはギャグでしたが、キャラに厚みも出て更に面白くなって行きそうですね。
ヘヴィーオブジェクトの次回を楽しみにしたいと思います。


20151128114803519.jpg
関連記事

タイトル画像

ヤング ブラック・ジャック 第9話「無残帳 その1」感想

2015.11.27(11:37)

20151127095303550.jpg

外科医復帰という希望を失った百樹。
ここからオープニングの百鬼丸VSブラック・ジャックにどう繋がって行くのか気になりすぎる。


どろろから多くのキャラが登場する事になった無残帳編ですが、百樹の恋人は百鬼丸の好きだったみおその人でした。
そして司法解剖の場面で現れた捜査一課の伴俊作のCVが富田さんだったのは高橋スーパーバイザーがボトムズ繋がりで起用してくれたんでしょうか。

百樹の敵役になりそうな帝都大の同級生が多宝丸そのままの髪型だったり、どろろアニメ版の貴重なカットが使用されたのは驚きましたが、手塚漫画ファンとしてはそれだけで嬉しくなるような回でした。

さておき、百樹が四肢を失った自動車事故はブレーキペダルの不調が原因のようでしたが、帝都大の同級生とその仲間の教授たちの様子や、ラストで彼らを見て絶叫していた百樹を見ていると、仕組まれた事故っぽく思えてきますね。

そして事故の真相が次回に明かされるのかもしれませんが、外科医への復帰という希望を失った百樹はこれか復讐鬼となるんでしょうか、それとも新たな生き方を見つける事になるのか気になるところです。

当然、間黒男もそれに絡んで行く事になるんだろうと思いますが、どろろで百鬼丸が最後は一人で何処かへ旅立ってしまったようなエンドにはなって欲しくないですね。
ヤング ブラック・ジャックらしい、苦いながらもどこか救われた部分がある締めになるのを期待しています。


20151127095304227.jpg
関連記事

タイトル画像

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第8話「愛佳様は友達が多い」感想

2015.11.27(09:15)

20151126081403162.jpg

太ももアーサー王な可憐が可愛い件。

アバンの愛佳の枝豆ダンスには唖然としてしまいましたが、公人が悪ノリしてしまうほど二人は仲が良くなったといったところでしょうか。
そしてみんな集まったところで庶民占いが始まりましたが、可憐がふと見つけてしまった相性占いに、波乱の予感しかしませんでしたね。

そうして始まった相性占いの結果に一喜一憂する愛佳と麗子が対決モードになるのはお約束でしたが、100点という結果の出た可憐がなんとなくその気になってしまうのは面白かったです。

そしてストレートに自分の魅力をアピールした方が良いという占いの内容に、まず剣の腕前を披露するのは可憐らしかったと思います。
ただその際に公人の服を切ってしまった事から可憐の意外な一面を見るパートが始まりましたが、公人が選んでくれたホットパンツに着替えたり、彼が褒めてくれるたびにピチョンという謎の音を何処からか発しながら、ツンデレする彼女は可愛かったですね。

ぷっくりしたホットパンツの部分や、アーサー王と称えるほど完璧な太ももを公人目線で楽しむサービスカットもあり、お裁縫という女子力の高さを外連味無く披露した可憐に、キュンキュンする楽しいエピソードだったと思います。
普段は白亜の可愛さにご執心な可憐ですが、彼女と公人が絡み出すとよりいっそう面白くなる感じですね。

20151126080901613.jpg20151126081401640.jpg
ここまでのアーサー王まとめ

20151127093501688.jpg
関連記事

タイトル画像

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第8話「託された骨 後編」感想

2015.11.26(09:15)

20151126081901547.jpg

櫻子さん大好き正太郎少年に拗ねたり喜んだりするお姉さん。
頑張る少年にちょっぴり剥かれちゃったのかな?感情露わにする櫻子さんが可愛かったです。


学校で発見された骨と老女の過去、そして櫻子さんの標本技術の師だった佐々木先生の想いが、櫻子さんと正太郎によって紐解かれ、やがてひとつの真実へと集束して行く展開は実写ドラマを見ているようでした。

ただお話が進む都度、櫻子さんが珍しい足の中指を見て口笛を吹いたり、埋められていたオルゴールの中に赤ちゃんの骨と一緒にしまわれていた母親の乳を連想させる骨に思わずにっこりしてしまう、彼女の常人とは変わったところが目立つ感じで差し込まれていました。

なのでなるほどこの作品は櫻子さんを見て楽しむのがメインであるのかなと思いましたが、序盤から何故猫の骨を持って帰ったのか彼女に聞きたかっただろう正太郎に対して、まるでポーカーフェース張りの知らんぷりを決め込んでいたところは、とうとうと作り話の過去を語り出した老女とオーバーラップする感じもあって、ドラマや小説で描かれる女性の嘘は怖いなと思ってしまいました。

けれどもそんな櫻子さんが、猫の骨の名前に着目して真実に迫った正太郎によって、感情むき出しにこれは私の骨だ!と拗ねたり、標本にするのを手伝いますと言ってくれた彼に嬉々として喜ぶのは、お姉さん大好きな少年に一皮剥かれた櫻子さんを見ているようで可愛いと感じたし、とても面白い締めだったと思います。

そして次回からは、いよいよ櫻子さんが長年追っている弟の死にまつわる謎解きと犯人探しが始まり出しそうですが、それが前半クールで登場した教唆犯と同一の人物なのか、危険を伴いそうな新展開の中、真実に近づこうとする櫻子さんをこれからも見守って行きたいと思います。

20151126055501668.jpg
関連記事

タイトル画像

あにトレ!EX 第7話「ハードに腕立てスクワット!負けないもん!!」感想

2015.11.25(14:06)

20151124024401716.jpg

そろそろ腹筋1000回が現実のものになってきた。
そして、あさみちゃんとえりちゃんの胸を見比べたのがなぜバレたのか。


こちらの行動まで指摘してくるえりちゃんが可愛くて仕方ありませんが、後ろで苦笑いするあさみちゃんも可愛いですね。
そして今回の舞台はあさみちゃんの部屋でしたが、なんだか良い匂いがしてきそうな感じです。

さておき、徐々にハードさを増してきたエクササイズについて行くのがしんどくなってきた気もしますが、腕立て伏せしながら手を叩くのはなんとかこなす事ができました。
あさみちゃんもえりちゃんに支えてもらってやり切る事ができましたが、えりちゃん支えてあげると言いながら何処を触っているんでしょうか。

そしてヒンドゥースクワット終了後のストレッチの際には、あさみちゃん自らおもちを当てて来るとは、思わぬ微百合展開にヒンドゥー!!!と画面の前で興奮してしまいました。
やっぱり可愛い娘がエクササイズする姿は良いですね。

ともあれ、えりちゃんのおもちはこれから大きくなるんだよというあさみちゃんの言葉に胸踊らせる素直なえりちゃんと、そんな彼女とついじゃれてしまうあさみちゃんが可愛かったです。

そして、このままだと最後まで視聴続ける事に確定ランプがグルングルン回ってるんですが、そうなると腹筋1000回しないといけないので今から一日30回づつ頑張って貯金を作って行く事にしました。
ペア展開も楽しい、あにトレ!EXの次回を楽しみにしています。


20151124024901742.jpg
20151124025404215.jpg
関連記事

タイトル画像

緋弾のアリアAA 第8話「プール・トラップ」感想

2015.11.25(12:01)

20151125110801461.jpg

パットなんて無い!そんなものは存在しないのだ!!
理子りんに風穴ドライバーかますアリアに、久しぶりに緋弾ちゃんを見た気がしてめちゃ嬉しかった。


ヒロイン勢ぞろいのプール回でしたが、理子りんに○○○を何枚入れるのと言われてアリアらしく言い返すところは、彼女のしっかりしたところが目立つ事の多いAAでは珍しいシーンでしたね。

そしてその後もカナヅチである事をからかわれて、ついプールサイドから足を滑らせてしまうのは、いかにもポンコツな緋弾ちゃんという感じで、懐かしいというか、久しぶりにアリアの楽しいところを見ることができてとても嬉しく感じました。

さておき、うららちゃんと志乃が一時的に同盟を結んで、あかりのポロリを狙うのはAAらしい展開でしたが、それを録画しようと風船に高性能カメラを仕込んだ志乃のやり方は、アミカの姉である白雪の教えによるものでした。
なるほどこうやって白雪は金ちゃんの日常をバッチリ監視していたのかと分かって面白かったですが、脚本の赤松先生によるアリアアニメ版の補完サービスになっていた気もして、なんだか得した気分になりました。

ともあれ、またまたロリっ子たちと麒麟によってライカが可愛いお姉様となり、そのハーレムに目を回したり真っ赤になったり今回も大変な事になっていましたが、ライカの人並み以上に大きいおもちに鋭い視線を投げていたうららちゃんも印象的で、まさか自分がポロリしてオチを付けるとは、この時彼女は全く予想だにしてなかったでしょうね。

うららちゃんの友達の湯湯と夜夜が縮む水着を取り違えたのがその伏線でしたが、お約束通りの展開によって、うららちゃんの水着が縮んで行くたびに、もうすぐポロリタイムだとにやにやしてしまいました。
なんにしてもヒロインみんなの楽しいシーンがいっぱいあって、とっても面白いエピソードでした。

そして風穴ドライバーのシーンでちょこんと体育座りしていたレキがカウントを取るところは、レキ大好きな私には大きなご褒美となりました。
最初レキがAAに登場した回では、彼女が一言も話さなかったので寂しい思いもしましたが、緋弾ちゃんのギャグシーンにしっかり絡ませてくれた赤松先生に感謝したいと思います。
もう一回ぐらいこういう回があると良いですね。次回も楽しみにしています。

20151125110803854.jpg
2015112511080332.jpg
20151125110301608.jpg
関連記事

タイトル画像

コメット・ルシファー 第8話「道」感想

2015.11.23(09:06)

20151123075804224.jpg

ツインテールは永遠に。
モウラは女の子だった事が判明!フェリアと共にとても大切な存在でしたね。


かつてギフトジウムに代わる新しいエネルギー源を研究していたのがソウゴの母親であり、まだ軍属だったドモンは彼女を守る任務に就いていたんですね。
そして時が流れて、ソウゴの母親は赤い鉱石であるルシファーの精製に成功しますが、それを良く思わない勢力によって彼女は帰らぬ人となってしまいました。

その時ドモンは別の任務に就いていたために、彼女を守りきれなかったことを今に至るまでずっと悔しく思っているようですが、裏を返せばドモンをソウゴの母親から一時的にとはいえ引き離した者がいるという事ですね。
そしてその者が現在フェリアを追わせている者とイコールではない可能性が高いと思われますが、フェリアを追わせている者は赤い鉱石のルシファーについて知っているのではないんでしょうか。

モウラに星の命の誕生と、彼女とフェリアの存在についての秘密を知ったソウゴは、ドモンが危険だと止めていたのも聞かずにフェリアとモウラと三人だけで深淵の祭壇に向かいましたが、これ以上危険な事に巻き込まないようにと置き去りにされたカオンたちはどうするんでしょうね。

カオンたちが三人の後を追う方が面白くなりそうなので、またまたピンチにヴァロフR7が颯爽と登場するのを期待したいところですね。
そして1人で行政府に向かったドモンの活躍も楽しみですが、ひょっとして彼はラスボスが誰かわかっていて、その人物のところに行ったんでしょうか。
ドモンにはなんとなく死亡フラグが立っているような気もするので、生きてソウゴと再会して欲しいと思います。

ともあれ、深淵の祭壇がどんなところで、いつも星を見ている老人がいったいどんな目的を持っているのか、それらがソウゴとドモンによって明らかにされるのを楽しみにしたいと思います。
そしてルシファーが何を指しているのかが判明したエピソードでしたが、果たしてそれはどんなエネルギー源なのかも気になるところですね。


20151123075801847.jpg
関連記事

タイトル画像

うたわれるもの 偽りの仮面 第8話「帝都捕物帳」感想

2015.11.22(08:15)

20151122064002985.jpg

アトゥイの攻撃力が凄い。さすがサブタイトルで海賊娘と言われただけはありますね。

彼女に謎の液体がかかってしまったカットもありましたが、一緒にいたクラゲめいたお共の名前は何て言うんでしょうか。
エンディングのテロップを見ても名前が出てないのでわかりませんでしたが、彼の助言でムシの対決の賭けに連勝したアトゥイはかなり楽しそうでしたね。

さておき、八柱将の1人であるデコポンポの不正を暴くために、賭博が行われている彼の船に潜入したウコンとハク、そしてアトゥイの三人でしたが、ウコンが柄にもなく焦っていると感じたハクがまあ落ち着けと酒の入った瓢箪を彼に渡していましたね。

なぜウコンが焦りを感じていたかの訳は、彼が右近衞大将といっても並み居る八柱将に比べれば新参者であることと、デコポンポ相手では捜査がし難いところがあるのを苦々しく思っているからでしょうか。

彼はハクに、自分の父親に憧れて遮二無二頑張ってきた事で今の地位を賜る事となったが、本当にしたいことは右近衞大将となった自分では叶わず、ウコンという義侠の人である方がやりやすい、その方が庶民の近くに居れるというのを語るのは、彼がかなりハクに信頼と友情を覚えているからでしょうね。
【そして、ウコンが焦っていたのは民に危険が及ぶのを危惧していたからと云うのが本当のところです。】←ここは加筆修正しました。

ルルティエが喜びそうな褌一丁での二人の語らいはなんとも絵になる姿でしたが、ウコンという人物と彼がハクをどう思っているか、今までより一歩踏み込んで描かれた回でもあったと思います。

ともあれ、ミカドに仕える八柱将といっても、皆が清廉潔白な人物と言う訳でもなく、繁栄を謳歌するヤマトの國に陰りが生じ始めているのを知らせるエピソードだったのでしょうか。
Cパートで登場したミトと名乗る老人との出会いはハクがその陰りの渦中に巻き込まれる伏線であるのか、ハクの存在そのものに迫る伏線であったのか、彼の運命と存在がここヤマトで絡み合うような予感も覚える場面だったと思います。

そして、エンディングのテロップにはミカドの名前が並んでいましたが、誰のことを指すのかは次回のお楽しみとなるんでしょうか。
ケモ耳を持たないミトと、彼と一緒にいたケモ耳の有無を確認できないホノカもとても気になりますが、ハクが出会いを積み重ねているワンクール目を、今はゆっくり楽しんで行きたいと思います。


20151122064001720.jpg
関連記事

タイトル画像

ご注文はうさぎですか?? 第7話「甘えん坊なあの子はシャボン玉のように儚く消える」感想

2015.11.22(04:29)

20151122031501946.jpg

おさげのチノちゃん可愛い!
大人なチョコレートで甘える妹になったのは全部演技です。(チノちゃん談)


お姉ちゃんになりたいココアにとってはご褒美なカレーパーティーでしたね。
リゼが隠し味にとチョコレートを持ってきた事から始まりましたが、中に入っている酒成分で酔ってしまったチノちゃんがお姉ちゃんに今の私が好きですかと聞かれたココアも酔っていましたね。

嬉しくなってぎゅーっとチノちゃんを抱きしめたところでワイルドギーズがぶつかり、我を取り戻したチノちゃんが真っ赤になって行くのはとっても可愛いかったですが、ココアは酔いから覚めてしまっても、甘えてもらったのを覚えているんでしょうか。
千夜に言わせれば、それは儚い夢のようなひと時だったかもしれませんが、その時抱いたぬくもりがいつまでもそばにあるのは間違いないことでしょうね。

それにしても千夜が前半のシャボン玉パートから飛ばしていますが、お洗濯がいつのまにか楽しいものになってゆくのもごちうさらしいところです。
弾けるシャボン玉やふわふわ浮いているシャボン玉に、いろんな表情を見せてくれるチノちゃんやリゼたちが可愛くて仕方ありませんが、そこから始まるリゼの着せ替えイメージがセクシーだったのは眼福でした。

そして手洗いすることで長く着てきた制服の傷みをココアたちは知ることになりますが、チノちゃんのお母さんが将来娘が友達と一緒に働けるようにと、たくさん手縫いで制服を作ってくれた事をココアが聞き、傷んだところを修繕する彼女にお母さんの面影を重ねるチノちゃんには、ほっこりしながらも目が潤んでしまいますね。

ココアが手をかけた制服はフリルがついたりしてずいぶん可愛いものになってしまいましたが、それを着た三人はとっても可愛かったと思います。
チノちゃんは今日の仕事が終わったらすぐ直しますと言っていましたが、お客さんの反応はどんな感じだったんでしょうか。

可愛い帽子がちょこんと頭を飾っていて、ティッピーの乗っていないチノちゃんもなかなか新鮮だったと思います。
大きいコーヒーカップに乗ったり、カゴに乗せられて干されていたティッピーの今後も気になるところですが、妹化の進むチノちゃんと、騒動に事欠かないココアを楽しみに、ノーポイを心がけながら次回を待ちたいと思います。


20151122030901761.jpg
20151122032001704.jpg
20151122031402156.jpg20151122031403816.jpg
関連記事

タイトル画像

落第騎士の英雄譚 第8話「剣士殺しIII」感想

2015.11.22(02:29)

20151122004701760.jpg

激しき戦いの最中、それを楽しむように笑う一輝と蔵人。
熱い!只々熱いのだ!!


素直になった絢瀬を助けようと、一輝は蔵人の居る綾辻一刀流の道場へと向かいましたね。
付き添うステラは彼を止める様子も無く、ただ彼の戦いを見守るだけでしたが、激しい戦いの最中に高揚する一輝を見逃さないところは、さすが炎を従えし皇女と言ったところでしょうか。

蔵人にしても実は最後の侍である絢瀬の父親が病から回復し、受けることのできなかった綾辻一刀流の奥義を道場で待っていたのが本当のところだったようで、剣士と云うものは度し難いほど強さを求める者であることが、一輝と彼の戦いの中で描かれていたと思います。

二人の剣戟と過去の道場破りの時の回想、そして戦う者と見守る者の想いと感情がバーストしながら決着へと突き進む展開は、期待以上の面白さと熱を感じさせてくれました。
ビジュアル的にも蔵人の八岐大蛇を避けずに突き進む一輝の辺りがオープニングと同じく、今、色は必要ないとばかりに描かれたのは、かっこいい演出だったと思います。

そして絢瀬の罠をはじめ色々あった剣士殺しのエピソードでしたが、最後はスッキリ爽快な感じで終わりましたね。
乱暴者のくせにどこか清純ヒロインっぽいところのある蔵人とか、真の力を出しきれない事をすまなく思っていた最後の侍の本音、その父親の本心を知ることができた絢瀬の潔さ等々、一輝のブレない真っ直ぐさと相俟って見ていてとても面白いエピソードでした。

中でも一輝が練習中の絢瀬から綾辻一刀流の奥義をブレイドスティールしていて、それによって決着をつけたのも面白かったですが、その事で自分が父親の跡を継ぐ決心を改めてする絢瀬もヒロインしてましたね。
そして、正妻ヒロインのステラの方は自分から一輝に手を重ねちゃう惚れっぷりですが、次回の皇女の休日で彼女がどれくらい昂ぶっているのか、その様子が具体的に描かれるのを期待したいところです。

しかし、珠雫と凪はイチャラブしそうになるステラと一輝を常に見張っているんでしょうか。
だとすると邪魔される可能性の少ない、二人の部屋しかその舞台は無いような気もしますが、そろそろAから次に進みそうな二人に注目しつつ、先ずは次回の展開を楽しみにしたいと思います。


20151122003401728.jpg
関連記事

タイトル画像

ノラガミ ARAGOTO 第8話「禍津神」感想

2015.11.21(23:31)

20151121223801455.jpg

天神様あまり若い女の子をからかわないで下さい、ひよりが紅くなってしまいますよ。
留守の続く夜トのことを忘れてしまうという不安に揺れるひよりは、ちょっぴり切なくてプルプルします。


念願叶ってウッキウキな夜トがウザ面白いですが、大黒と小福がふと語り出した人に忘れられると神は消えてしまうという話に彼の過去やなぜ存在し続けることができたのかに想いを巡らせだすひより。

そんな時、偶然学校で再会した夜トを知っているはずの少年が彼の記憶を失っていることに驚いたひよりは、私もいつか夜トを忘れてしまう時がくるのではないかと不安を覚えますが、その辺りから話の雰囲気ががらりと変わって、野良の怖い顔が出てきたり、夜トがかつて彼女と一緒にしていた禍津神としての在り様に無理矢理引き戻されて行ってしまいました。

そしてその禍津神としての在り様が夜トを存在させ続けていたとも思えますが、本当にそれがひよりや大黒、そして小福が不思議に思う彼の存在理由の答えなんでしょうか。
恵みと時によっては人からしたら災いをもたらすこともあるのが神話上の神と思っているので、あくまでも夜トのひとつの側面だと思いますが、ひよりの不安を起点にしてこれから彼の真実に迫って行くのかもしれませんね。

そしてそこに野良とととさま、何らかの目的のために妖を使役しようとする恵比寿が絡んでくるのは間違いないと思いますが、夜トも含めて彼らが向かおうとしているのは死者の国である黄泉のようですね。

そこで夜トがどんな状況に追い込まれるのかを知るのはおそらくととさまだと思いますが、一方で雪音が修行に精を出し始めたので、彼にしろひよりにしろ、夜トがこのまま禍津神としていいようにされるのを黙って見過ごすわけは無いと思います。

特にひよりの役割は大きなものになるんじゃないでしょうか。
人の想いと信仰が神を支え存在たらしめているのなら、夜トにとっての信者はひよりその人だけなのですから。
その辺りに注目しつつ、この恵比寿編を楽しんで行きたいと思います。


20151121223802465.jpg
関連記事

タイトル画像

ハッカドール THE あにめ~しょん 第8話「なんかメインヒロインっぽい」感想

2015.11.21(22:15)

20151121214603953.jpg

これ絶対キャトラレてるよね。
さようなら4号ちゃん、そして3号ちゃんのエンディングキター!


褐色美少女宇宙人を招いてのエピソードでしたが、魔法少女っぽくも見えて良いキャラデザでしたね。
そしてお仲間とはぐれてしまった彼女がハッカドールちゃんたちを呼び出すこととなりましたが、自動翻訳機が壊れているので1号ちゃんがボディランゲージで意思疎通を図ってくれました。

ぜんぜん通訳になってないんですけどね。そこはお約束という事でみんなで観光を楽しむことに。
そして地球のラーメンを美味しいと感じた宇宙人ちゃんが、いろんな料理やロボットアニメに出てくるヘブン状態になるところは笑ってしまいましたが、欲を言えばもうちょっとエッチな感じにして欲しかったです。

さて、こうして観光を楽しんだことで、ハッカドールちゃんたちは宇宙人ちゃんの気持ちをずいぶん理解できるようになったんでしょうか。
私を高いところへ連れてって!というお願いを見事に捗らせますが、そこには未知との遭遇とお別れが待っていましたね。

やがて真の姿を現した宇宙人ちゃんがぶひの助みたいでしたが、宇宙船に引き上げられる様子がキャトルミューティレーションにしか見えないのは面白かったです。
そして4号ちゃんは一緒に連れ去られてしまいましたが、ハッカドールちゃんはデータでもあるので送信されていつの日か帰ってくると期待したいですね。

ともあれ、プロの仕事による3号ちゃんエンディングに大喜び&大興奮した、ハッカドールの次回も楽しみにしたいと思います。

2015112121460241.jpg
関連記事

タイトル画像

ヘヴィーオブジェクト 第8話 「蟻とキリギリスの戦争 オセアニア軍事国攻略戦III」感想

2015.11.21(21:21)

20151121202301705.jpg

負けないよ!だってミリンダちゃんは実戦経験豊富なんだから!!

死地を切り抜けたクウェンサーと連絡するラストのミリンダが可愛い。
指揮系統の混乱に乗じておほほさんが正統王国のオブジェクトを潰すという裏の命令実行に動きだしましたが、経験を活かして機体の世代差を埋め、地形まで利用して互角に戦ったミリンダは熱い戦士でしたね。

それも一刻も早くクウェンサーと合流したいという気持ちからなんでしょうけど、彼の無事を確認するまでが彼女の戦いであったのは間違いなく、連絡がとれて誇らしげに負けないよ!って微笑むミリンダで締めたのは良いラストだったと思います。

さておき、クウェンサーとヘイヴィアの方は爆風やら彼らの抹殺を狙う評議員の謀略で散々な目に会いましたが、充電ケーブル引きずった敵オブジェクトを指向性ぽく通電する性質のあるらしき水を使って攻略し、評議員の方はフローレイティアさんが一蹴してくれて一件落着。

見事なフローレイティアさんの蹴りに野郎二人の命が救われた感じですが、敵オブジェクトを見つけたご褒美の蹴りとか脇とかはどうなるんでしょうか。
評議員から命を救われた分を差っぴかれて無しになる可能性が高いですが、彼女とヘイヴィアの関係もアダルト的に気になるところです。

ともあれ、評議員の言っていたように、オブジェクトのパワーバランスによって世界の秩序が成り立っているのがクウェンサーとヘイヴィアによって揺らぎ始めているのは事実だと思うし、これから彼らがそれとどう向き合い、ステンドグラスの様な世界自体がどう変わって行くのか、ひとつの見所として楽しみに思います。

わめき散らしながらドタバタする二人と、可愛いミリンダちゃんが見られればそれで良いとも思いますが、次回からまた新しいエピソードが始まるので、フルートに反応する様な想像のつかないテコ入れにも期待してます。
南極でのテコ入れはハードルが高そうですが、スタッフさん頑張って下さいね!
関連記事

タイトル画像

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第7話「ツンピュアさんの本領」感想

2015.11.20(10:21)

20151120080703129.jpg

ホットパンツにハミ尻ニーソという太ももフェチにとっては最高のご褒美カット。
可憐可愛いよ可憐!そのぷっくりしたところのアップシーンだけでも大満足な回でした。


可愛いもの好きな可憐をちょっぴりからかう公人はイケナイ少年ですが、嬉しそうに試着スペースに入る可憐が面白いですね。
そしてホットパンツを身に付けてからの彼女の反応が嗜虐心をそそりますが、ハミ尻からやや下にカメラが動きだし、豊満な絶対領域をアップで映し出すのはスタッフさんありがとうございますと言わざるを得ないです。

もちろん公人も興奮して、似合わないと半ベソかきそうな可憐にそれが良いんだよ!好きだー!!と言うところは完全に屋上握手でした。
恥ずかしがるからこそ可愛いがうなぎ登りになるというものですね。

ただ可憐の方は公人の好きを勘違いしてしまったようですが、その後のツンピュアさんの人工呼吸イベントで即裏切られたという回収がされてしまいましたね。

さて、友だちをゲッツしたツンピュアさんの人工呼吸イベントは、公人が入っていた浴場に彼女と友だちが入ってきた事から発生しましたが、あの人工呼吸の音が面白すぎるです。
ぷゅ〜〜〜〜というちっちゃい音に笑うのを我慢できません。

当のツンピュアさんはこれはキスじゃないといっぱいいっぱいでしたが、ふと戻って来た友だちたちに見られて、沢山の人の耳にキスしてたと入っちゃったみたいですね。
そして麗子や可憐、白亜の知るところとなるのですが、みんなの誤解を解くのに今回かなり距離の縮まった麗子がツンピュアさんにツンデレし始めたようです。

ただ麗子はツンピュアさんに友だちができたことで公人と彼女の間に距離ができることを期待しているようですが、その辺りツンピュアさんと仲良くなり始めた麗子がその間隙を縫って公人との距離を縮めにかかるのか、それとも正々堂々彼を婿にしようとするのか、気になるところです。

しかし!ああしかし!!公人のファーストキスはすでに九条さんが奪っていますね。
アバンが九条さんの寝ている公人覗き込みから始まらないのはおかしいと感じた今回でしたが、結局終わってみれば九条さんによる公人覗き込みが三回もある、今までキスどんだけしてたんだという驚愕のオチがつきましたね。

愛おしそうに公人にキスするメイドさん、九条さんが隠しヒロインとしてアップし始めたようです。
そしてメイドは仮の姿で、本当はお嬢様方も一目置く様な名家のお嬢様だと明かされました。
ひょっとしたら筋肉フェチと公人に言わせていたのは、彼女の公人に他の女の子を近づけさせないための方便で、彼を庶民サンプルとしてゲッツした張本人は彼女なのかもしれませんね。

ともあれ、そんな九条さんの真の姿とラブな気持ちが明かされた、庶民サンプルの次回を楽しみにしたいと思います。

20151120080801680.jpg
20151120080603166.jpg2015112008060227.jpg
関連記事

タイトル画像

ヤング ブラック・ジャック 第8話「苦痛なき革命 その2」感想

2015.11.20(08:52)

20151120080101879.jpg

ひとつ間違えれば命の危なかった黒男とジョニー。
二人を救う賭けに出たリーゼンバーグ教授もまたひとりの医師でしたね。


藪さんに付き添われて帰国したトミーの話からジョニーの無痛症が軍の実験によってもたらされたものと気がついた黒男は、問診で嘘をついていたジョニーから真実を聞き出そうと、かなりオーバーな演技をして彼を脅かしましたね。
あの脅し方は他の手塚作品で見た気がしましたが、黒男が今までいくつもの修羅場をくぐり抜けてきたことが幸いしたんでしょうか。
その演技にジョニーが完全にビビるところは面白かったと思います。

しかしその真実に迫ったことが、彼ら二人にCIAによる過去の隠蔽という別の危険を招く事になってしまいましたが、かつて第二次世界大戦中にナチスの医師だった時の成果をCIAと取引して今日に至るリーゼンバーグ教授が黒男に悟られないように手を打ってくれましたね。

それはある意味、ともすれば自分も口封じの対象になる可能性がある教授の賭けだったと思いますが、CIAとしても過去の条約違反が明るみに出ず、また人の命を隠蔽のために奪うのは避けることができたので、落としどころとしてはこれで良いといったところでしょうか。

ナチス時代の教授のカットやジョニーの治療シーン(アトムが最初に目を覚ますシーンぽかったかな?教授がアトムを目覚めさせる事ができなかった天馬博士っぽい))がいかにも手塚作品の風味があって面白かったですが、治療をバッサリ彼によって打ち切られた黒男はかなり悶々として日本に帰国したんでしょうね。

ジョニーが治ったとの知らせを聞いて、教授が治す方法を知っていたんだとホゾを噛む黒男が、教授によって医学生としての未来を守られたのを知るのは視聴者と教授、そしてCIAの男だけだったというのは、ブラック・ジャックらしい苦味が残るエンドで良かったんじゃないでしょうか。

さて、次回はいよいよ百鬼丸をモチーフにしたキャラの登場ですね。
ジョニーの幼馴染がアラバスターの女の子だったり、七色いんこの師匠がトミーとして登場したり、スターシステムも毎回楽しみなところですが、後半からのエンディングではどろろのキャラが沢山登場していて、次回からのエピソードが大きなヤマ場になりそうな感じですね。

個人的にもどろろは原作を読んだり、アニメ版を先輩のコレクターに借りて全編ビデオで見た事があるのでとても期待してます。
オープニングでは百鬼丸とブラック・ジャックが戦っていますが、どんなお話になるんでしょうね。

手塚作品では群を抜いてBJとどろろが好きなので、わくわくしながら次回を待ちたいと思います。
どろろがどんな女の子として登場するのかめちゃくちゃ楽しみです。


20151120080104386.jpg
関連記事

タイトル画像

緋弾のアリアAA 第7話「あかり争奪戦」感想

2015.11.18(11:05)

20151118102501877.jpg

うららちゃんあかりとお友だちになれて良かったですね。

友だちになりたいを拗らせるとAAの世界では百合になってしまうようですが、どSな百合妄想が捻るうららちゃんは楽しいお嬢様ですね。
まんまとあかりを自宅に引き込んで、つい押し倒してしまいましたが、それもお友だちになりたくてしょうがないうららちゃんがついやり過ぎてしまったんではないでしょうか。

そしてそこへすかさず飛び込んできた志乃とうららちゃんはあかりの友だちの座をかけて対決することになってしまいますが、その対決が終わっても二人のガチレズ思考にまだ気づかないあかりは良い子ですね。
やがて二人の手を取り、私のお友だちは誰もがみんなお友だちとばかりに、志乃とうららちゃんもこれでお友だちだねって微笑むあかりはさすがヒロインですね。

志乃もうららちゃんもますますあかりを大好きになってしまったんじゃないでしょうか。
ツンツンデレデレしながら、お友だちだけどライバルよ!と嬉しそうにする志乃とうららちゃんがとっても可愛かったです。

アクションはそこそこで良いので、こういう回をこれからも楽しめると良いと思います。
ともあれ、次回は水着回ですね。
お友だちの輪がまたひとつ広がったあかりたちが弾けるシーンに期待してます。


20151118102403314.jpg20151118121701927.jpg

20151118102401706.jpg
20151118103003960.jpg
関連記事

タイトル画像

あにトレ!EX 第6話「キック&ツイスト!いっぱい頑張るですぅ!!」感想

2015.11.17(03:52)

20151117024002176.jpg20151117041901887.jpg


本日深夜、ブルマ健在を確認。
優ちゃんのおやすみなさいに癒されて行く…。
(スヤスヤー、優ちゃんカワイイですぅ。)


ネガティブ思考のメガネっ娘少女・平岡優ちゃんの悩みを聞きながら、トレーニングに励む彼女を見守ることとなりましたが、ブルマゆえのぷっくりしたところについつい目が行ってしまうのは二次元美少女好きのサガというものでしょうか。
こちらを見ながらボソッと悩みを打ち明ける優ちゃんに、うんうんそうなんだとニヤニヤしてしまいました。

そして今回のトレーニング自体はそうキツイものでもなく、睡眠前のストレッチに最適な感じでしたが、優ちゃんもそのまま寝てしまうようで、可愛いぬいぐるみを抱きながらどんな夢を見るんでしょうね。

うっかりしたところを優ちゃんの個性と言われて、ちょっぴり嬉しそうに赤くなるのが可愛かったです。
そして、ラストのメガネをこちらに渡してくる優ちゃんに、めっちゃほっこりしてしまいました。
まさに癒しのサプライズでしたね。あにトレ!EXならではのお楽しみをこれからも期待したいですね。

ともあれ、メガネっ娘はメガネを外すと可愛さがアップするのがお約束ですが、ブルマが無くならないのも深夜アニメ界のお約束であり続けて欲しい!
いよいよ五人の女の子がこれで全員出揃いましたが、これからどんな展開になるんでしょうか。
ペアを組んだり全員でトレーニングするとか、夢の膨らむ後半を見逃さないようにしたいと思います。


20151117024003754.jpg20151117041903345.jpg

関連記事

タイトル画像

ノラガミ ARAGOTO 第7話「神様の祀り方」恵比寿編 感想

2015.11.16(21:52)

20151116102901367.jpg

お社を作ってもらって嬉し泣きする夜ト。
ひよりと小福ちゃんの気持ちにキュンキュンしました。。


毘沙門との対決を通して祝の器に覚醒した雪音を恵比寿がお金を使ってお求めに来ましたが、夜トが大金に目が眩みそうになるのはお約束のギャグと言ったところでしょうか。
そして彼を名をかけて彼を守った雪音はたまったものではないと思いますが、毘沙門は札束で夜トを引っ叩いて来たり、雪音をシェアする方向で揺さぶりをかけて来たり、さすが商業の神様という感じですね。

恵比寿がなぜ雪音を欲しがったのかの理由はおいおい明かされて行くと思いますが、案外シェアという誘いがラストで多くの妖から刺されている姿が映った彼の本音に近づくためのヒントかもしれませんね。

そして一方では、毘沙門と夜トの騒動の中、高天原まで妖が入り込んだことを異常な事態だと多くの神様が語っていましたが、野良と面の妖がそこに関係しているのは間違いなさそうですね。
なので夜トと野良、そして毘沙門が絡んでお話がこれから転がり出すのは間違いないと思いますが、夜トの真名がこの恵比寿編で明かされると聞いたので、一期から今まで視聴しているだけでしたが、愉しんで感想を書いて行こうと思います。

ともあれ、お社を作ってあげようと思い立ったひよりの優しさが嬉しい回でした。
3Kでかまってちゃんの夜トに、なんで彼女が優しいのかは、時にキックでツッコミ入れるひよりの母性から来ているんだと思っていますが、夜ト自身も大事なところでは頑張っているし、出来の悪い子ほど可愛いというものなんでしょうか。

彼女が作ってくれたお社を抱きながらボロボロ涙をこぼす夜トを見て、ご飯の用意でできただろう傷のある指をキュッと握りしめる小福ちゃんのシーンに、ついにもらい泣きしてしまいました。
人によって、その信仰と想いを持って建てられる事が大切なお社は、神様である小福ちゃんには用意してあげることはできないんですね。

喜び泣きむせぶ夜トを目の前にして、小福ちゃんの切なさや良かったねという気持ちを感じることができて、良い恵比寿編初回の締めくくりだったと思います。
次回も楽しみですね。


20151116102902610.jpg
関連記事

タイトル画像

コメット・ルシファー 第7話「温もりの場所」感想

2015.11.16(08:23)

2015111607250330.jpg

滝の下に広がっていた世界は何だったのだろう。

青く輝く鉱石・ギフトジウムに覆われた惑星ギフトの真相へと迫って行く事になるんでしょうか。
ガス大尉たちに追われたソウゴたちが滝を真っ逆さまに落ちて行きましたが、フェリアの言葉から思うにモウラが頑張ってみんなの命をギリギリ助けたという感じでした。

そして幻想的な場所で意識を取り戻したソウゴたちでしたが、フェリアはグッタリしたモウラを水辺からすくい上げた直後に、突然発生した謎の光の輪に自由を奪われたようでしたね。
これからフェリアの身に何が起こるのか全く予想がつきませんが、彼女の反応を見ているとあまり良くない事が起きそうな雰囲気でしたね。

さておき、幻想的な世界や設定をモチーフにしたロボットアニメは今までにもありましたが、今回ソウゴたちが行き着いた場所は幻想的な中にもちょっと毒々しいというか、鉱物的な色彩が感じられて個性的な幻想空間を成していたと思います。

その辺り、ギフトジウムという鉱物で覆われた惑星ギフトという世界観にマッチしていたと思いますが、青や緑、そして赤い輝きを持つ鉱石がなぜこの惑星にさまざまな在り方で存在しているのか、それを手にしたり、探して手に入れようとする人々と共に気になるところです。

行政府も、いつも星を見ている人物も、明らかに希少な鉱石とフェリアを手に入れようとしていますが、それで何をしようとしているのかは、まだ明らかになっていませんね。

ただ今回の光の輪の発生で、いよいよそこに近づき出した感じですが、今回が謎のピークで次回からギフトという名を関する惑星をはじめ、いろんな事が明かされていくのを期待してます。
そしてソウゴを守ると決めているマスターの活躍も楽しみにしたいと思います。

ともあれ、コメットの後に付くルシファーにモウラがなってしまわないかとなんとなく不安が過ぎりますが、次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151116072501614.jpg
関連記事

タイトル画像

うたわれるもの 偽りの仮面 第7話「幼き皇女」感想

2015.11.15(08:15)

20151115072403117.jpg

ルルティエ姫が帝都を腐らせてしまうと思ったら、すでにBL作者が八柱将の人だった…。
皇女アンジェが登場し、右近衛大将と左近衛大将、そして八柱将の面々が顔を見せた回でした。


乙女ロードでお買い物を楽しむルルティエが可愛かったですが、付き合ったアトゥイは普段見せない彼女の顔にエエエという感じでした。
そしてばったり街かどで出会った幼そうな少女が実はヤマトの皇女だったわけですが、サブタイトルでこの娘が皇女だというのは誰しもが気づくところだと思います。

それにしてもハクと出会って皇居が私の家と指をさした途端に姿を消し、翻ってお手製デザートを食べられて怒ったクオンから逃げてしまう皇女アンジュはちょこまかとすばしっこい娘ですね。
結局は教育係と思われるハ柱将のムネチカさんにお尻ぺんぺんされてしまいますが、ハクたちとの初顔合わせは楽しいものになったんじゃないでしょうか。

そして、これからアンジュがどう物語に関わってくるのか気になるところですが、もうひとつ大きく興味をひく人物も登場していたと思います。
それは人物というよりは彼、剛腕のヴライが顔に被っていた仮面でしたが、ハクが彼を見た時のビクッとしたような反応は何だったのでしょうか。

作品タイトルに偽りの仮面とあるので、物語に仮面が大きく関わるのは間違いないと思っていますが、オープニングで居並ぶ人物の中で最後に振り向くヴライがどんな人物なのか、そして彼が仮面を被っているのはウコンのように理由が有っての事なのか、早く知りたいと思いました。

そして仮面をかぶる事であまりにも見事に印象の変わるウコンを見ていると、なんだか仮面そのものにも秘められた事がありそうですが、その辺りも含めて次の出会いと展開を楽しみにしたいと思います。

姫様らしい着物姿のルルティエとアトゥイから、賑やかで可愛い二人のいつもとは違ったおしとやかな雰囲気を感じましたが、ひょっとするとこの先貴重なカットになるのかもしれませんね。
ともあれ、次回も期待してます。


20151115072401587.jpg20151115084001830.jpg

関連記事

タイトル画像

ご注文はうさぎですか?? 第6話「木組みの街攻略完了(みっしょんこんぷりーと)」感想

2015.11.15(05:52)

2015111504370345.jpg

2期があって良かった!なぜならモカ姉に会えたのだから。

モカ姉とココアが焼いたパン食べたいー!!と叫びたくなっちゃうようなアバンでしたが、焼きすぎてみんなでピクニックに出かけることになりました。
そしてなぜか始まった王様ボートレースに勝利したのはリゼと千夜の組でしたが、モカ姉に未だもふもふされてない千夜が、私をもふもふしてくださいとオチをつけてくれたのは面白かったですね。

そんな気持ちの良さそうな風の吹く春の一日を、チノたちみんなで過ごしているのを見ているだけで癒されてしまいますが、千夜をはじめみんなの私服姿が春めいた感じでとっても可愛かったです。

さておき、もふもふするたびに友達たちが次々とモカ姉の妹になって行くことに焦ったココアは、お姉ちゃん越えしようと思いつきました。
しかしそのことでモカ姉はココアに冷たくされてると思ってしまい、そのまま木組みの街を出立する日を迎えてしまいましたね。

けれども、そんなしょんぼりしたモカ姉を街のマスコットが連れて行った先には、ココアが発案したサプライズが待っていました。
そしてお姉ちゃん大好き、ココア大好きを仲睦まじく確認し合う二人にほっこり。
すかさずもふもふされにアピールするマヤとメグが可愛く、青山ブルーマウンテン先生との邂逅もまるっと回収した楽しいパーティーになって良かったですね。

そしてラストはモカ姉を見送るココアのシーンとなりましたが、どうしてココアが木組みの街で暮らしたいと思ったのかという理由がモカ姉から明かされて、走り出しやがては小さくなって行く汽車に手を振るココアを見ながら、ごちうさが始まった頃からのことを思い出して行くのを感じました。

胸いっぱい、笑顔いっぱい、可愛い姉妹たちに心もふもふした良いエピソードでしたね。
なにより、モカ姉にアニメでも会えて良かったです。次回も楽しみですね。


20151115043201758.jpg
20151115043701475.jpg
関連記事

タイトル画像

落第騎士の英雄譚 第7話「剣士殺しII」感想

2015.11.15(04:06)

20151115025903128.jpg

綾辻さんを信じたい。
剣士VS剣士の殺陣と、一輝のブレない気持ちにグッとくる良いエピソードでした。


選考試合前の罠と知って綾辻絢瀬に会いに行った一輝でしたが、絢瀬は自らの身を建物から落とすことで彼に一日一回しか使えない一刀修羅を使わせてしまいました。

そして白装束にはそういう意味があったのかと彼女の策に驚きましたが、裏を返せば一輝は必ず自分を救ってくれるだろうという絢瀬の一輝に対する信頼があるわけで、それをも利用して勝ちを取りに行くしかない彼女の追い込まれた状況を慮る一輝は、余計に彼女をなんとかしてあげたいと思ったんじゃないでしょうか。

この辺り、絢瀬の父の存在や同じ剣士である事も彼をそうさせるんだと思いますが、ステラたちのいる前で屈託無く父と同じごつごつした手を持つ一輝が好きだと言ってくれた彼女の朴訥なところが、なにより彼女を信じたいと一輝に決意させたんでしょうね。

さておき、一刀修羅を使ってフラフラになった一輝が帰り着くのは大好きなステラのところでした。
そして彼女の胸に倒れこむ一輝でしたが、その時誇り高き皇女のステラちゃんはエッチな夢の中に居たんでしょうか。
限りなくエッチな期待が彼女にそんな夢を見させているのかな?と思うような寝言を漏らしていましたが、倒れこむ彼氏にとっても嬉しそうなデレ寝顔を見せてくれました。

これはAの次の段階へと二人が進むのを期待してもいいんでしょうか。
試合前に絢瀬との関わりを誤解されないように、しっかりステラに事情や決意を理解してもらおうとする一輝は良い彼氏だと思いました。

ともあれ、剣士同士の戦いとあって、試合前半の二人の殺陣は見応えがありました。
そして後半は絢瀬の仕込み技であるかまいたちを一輝がパーフェクトビジョンで躱して行きましたが、その間にある彼の絢瀬を信じたいんだアピールが熱かったですね。

ついに勝負を決める一閃を受け、膝を落とした絢瀬に剣だこのできた手を差し伸べるところは、あゝこのためのタコでしたかと、助けてと本心を告げ涙を流す絢瀬にもらい泣きしそうになりました。

ただステラは一輝の気持ちをわかっていても見ていてモヤモヤしたところがあったんじゃないでしょうか。
その辺りを彼女がスッキリさせようと一輝に気持ちとかボディとか色々当ててくるのを期待しながら、次回を楽しみにしたいと思います。


20151115025901433.jpg
関連記事

タイトル画像

ハッカドール THE あにめ~しょん 第7話「KUROBAKO」感想

2015.11.14(21:10)

20151114210202821.jpg

1号ちゃんの太ももばかりに目が行ってしまう。
可愛い!1号ちゃん可愛いよー!!(現実逃避)


ブラック笑えない…可愛い子ばかりのアニメ制作現場なんて無かったんだ。
SHIROBAKOとトップを狙え!のパロ多めな回でしたが、モノクロから最後カラーになるのは劇場でしか見れなかった記憶がある、劇場版トップのカラー化されたラストへのこだわりだったんでしょうか。

オープニングに新規カットが投入され、それを作るのに何もかもしている監督の大変さがひとしお感じられるエピソードぽかったけれど、同1号…健在のテロップに笑いが吹き出してしまいました。

さておき、最近ますますおんだ式のハッカドールちゃんたちが踊るMMDが増えてきて嬉しいかぎりですが、やはり本編のエンドを飾る1号ちゃんのモデルは太ももが素晴らしいですね。
なので各回のエンディングばかり何度も繰り返し見ていますが、残りの後半で新しいバージョンのものが増えてくれると嬉しいですね。
そんなとこも含めて、次回に期待したいと思います。


20151114205701676.jpg
20151114210201649.jpg
関連記事

タイトル画像

ヘヴィーオブジェクト 第7話「蟻とキリギリスの戦争 オセアニア軍事国攻略戦II」感想

2015.11.14(19:52)

20151114190101571.jpg

今から命令違反するので切り捨てちゃって下さーいと報告する大馬鹿野郎二人だが…。
そんなことよりクウェンサーと連絡が取れてホッとするミリンダちゃんが可愛い。


ジャングルにあるとある村から独裁者の兵を撤退させようと奮闘するクウェンサーとヘイヴィアでしたが、戦場ジャーナリストのシーワックスが撤退を妨げる形で敵兵の狙撃を始めたので、結果的に敵の徹底抗戦を招いてしまいました。

そして情報同盟のパワードスーツ部隊の参戦で戦いは終わることになりましたが、ジャーナリストが何故ライフルを持っているかは、彼らがオブジェクトによって失業した元傭兵とか兵隊だからでしょうか。

ただシーワックス自身はクウェンサーたちと同じく村人を一人でも救おうと思って撃ったんでしょうけど、この後のフローレイティアによる彼への尋問を見ていると、正義を振りかざせばその行動なり判断が正しいとする事が、いかに滑稽で浅はかな事であるかを考えさせられますね。
もう出番は無さそうですが、そういう意味で彼の役回りは面白いものだったかもしれません。

さておき、そんな己が正義のぶつかり合いだけで戦争が起こるとは思っていませんが、オセアニア軍事国の独裁者と総司令官のフライド評議員は利益分配でこの戦場に居るという感じがして来ました。
なので連合軍の司令部が敵オブジェクトはグレートサンディ砂漠に居ると判断し、指揮下の部隊を総動員して向かわせた事には裏があるように思いました。

そしてフライドが敵独裁者と通じているというのは考えすぎと思いますが、エリートの育成をしてきた彼がクウェンサーとヘイヴィアを面白く思っていないのはラストを見ると明らかですね。
命令違反してまーすと軽いノリで連絡する二人を、えっちなことで煽られても見放さないだろうフローレイティアさんが守ってくれそうですが、その辺りのフライドと彼女のやり取りに期待したいと思います。

ともあれ、今回はミリンダちゃんの出番が少なくてちょっぴり残念でしたが、おそらく待ち構えているだろうトラップに、ヘイヴィアから遠距離射撃はお姫様のおハコと言われて嬉しそうな彼女がどうブチかましてくれるのか、戦いが終わったあとのミリンダちゃんの態度や様子も含めて楽しみにしたいと思います。

お気に入りのクウェンサーと合流したり、頑張ったよーと報告するミリンダちゃんの可愛さが、次回は爆発するのを期待してます。


20151114190103673.jpg
関連記事

2015年11月

  1. コメット・ルシファー 第9話「伝えたい心」感想(11/30)
  2. うたわれるもの 偽りの仮面 第9話「神眠りし國の使者」感想(11/29)
  3. ご注文はうさぎですか?? 第8話「スニーキングストーキングストーカーストーリー」感想(11/29)
  4. 落第騎士の英雄譚 第9話「皇女の休日」感想(11/29)
  5. ハッカドール THE あにめ~しょん 第9話「オレをとめられるのは火曜の定期メンテナンスだけだ」感想(11/28)
  6. ノラガミ ARAGOTO 第9話「糸の切れる音」感想(11/28)
  7. ヘヴィーオブジェクト 第9話「障害物競走なら普通は泥まみれ 南極大陸制圧戦」感想(11/28)
  8. ヤング ブラック・ジャック 第9話「無残帳 その1」感想(11/27)
  9. 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第8話「愛佳様は友達が多い」感想(11/27)
  10. 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第8話「託された骨 後編」感想(11/26)
  11. あにトレ!EX 第7話「ハードに腕立てスクワット!負けないもん!!」感想(11/25)
  12. 緋弾のアリアAA 第8話「プール・トラップ」感想(11/25)
  13. コメット・ルシファー 第8話「道」感想(11/23)
  14. うたわれるもの 偽りの仮面 第8話「帝都捕物帳」感想(11/22)
  15. ご注文はうさぎですか?? 第7話「甘えん坊なあの子はシャボン玉のように儚く消える」感想(11/22)
  16. 落第騎士の英雄譚 第8話「剣士殺しIII」感想(11/22)
  17. ノラガミ ARAGOTO 第8話「禍津神」感想(11/21)
  18. ハッカドール THE あにめ~しょん 第8話「なんかメインヒロインっぽい」感想(11/21)
  19. ヘヴィーオブジェクト 第8話 「蟻とキリギリスの戦争 オセアニア軍事国攻略戦III」感想(11/21)
  20. 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第7話「ツンピュアさんの本領」感想(11/20)
  21. ヤング ブラック・ジャック 第8話「苦痛なき革命 その2」感想(11/20)
  22. 緋弾のアリアAA 第7話「あかり争奪戦」感想(11/18)
  23. あにトレ!EX 第6話「キック&ツイスト!いっぱい頑張るですぅ!!」感想(11/17)
  24. ノラガミ ARAGOTO 第7話「神様の祀り方」恵比寿編 感想(11/16)
  25. コメット・ルシファー 第7話「温もりの場所」感想(11/16)
  26. うたわれるもの 偽りの仮面 第7話「幼き皇女」感想(11/15)
  27. ご注文はうさぎですか?? 第6話「木組みの街攻略完了(みっしょんこんぷりーと)」感想(11/15)
  28. 落第騎士の英雄譚 第7話「剣士殺しII」感想(11/15)
  29. ハッカドール THE あにめ~しょん 第7話「KUROBAKO」感想(11/14)
  30. ヘヴィーオブジェクト 第7話「蟻とキリギリスの戦争 オセアニア軍事国攻略戦II」感想(11/14)
次のページ