タイトル画像

ノラガミ ARAGOTO 第13話最終回「福の神の言伝」感想

2015.12.30(22:24)

20151230203002927.jpg

新たな道を目指す夜ト。その指針となる決意を叫ぶ雪音。
二人の願いはきっと叶うよと微笑むひよりにジーンときた最終話でした。


夜トと恵比寿の出会いはそれぞれに新たなものをもたらしたんではないでしょうか。
長らく人を切ってきた夜トには、人の世のために役に立ちたいという決意。
そして恵比寿には自分を犠牲にしないことと人の世のために尽くすことを両立させるという今まで以上の強い気持ちを芽吹かせたんだと思いました。

序盤夜トは代替りした恵比寿を連れて煮込みハンバーグのおばちゃんのお店を訪れますが、そこで俺にとっての恵比寿は先代だけであり、彼はとてつもなく強かったと幼い容姿の恵比寿に語るのはとても印象的でした。

先代の恵比寿は夜トの腕の中で弾けるように世を去りましたが、夜トは彼の強さに心を打たれ、彼もまた夜トに会えて良かったと言い残したのは、お互いにすごい刺激をもたらしたということだったんでしょうね。
場面的には凄惨なシーンでしたが、涙を流す恵比寿と抱き支える夜トにキュンキュンしたのはここだけの話です。

そしてキュンキュンしたいえば、夜トがまた住み着いたとかブツクサ言いながら台所に立つ大黒さんにニヤニヤしてしまいましたが、すかさずふふーんと彼に突っ込む小福ちゃんが楽しそうでしたね。

そんな二人に限らず、ノラガミは夜トの周りを固める神様や神器、そして人であるひよりが良い味を出してくれるので、面白い作品になっていると思いますが、アニメ版でも毘沙門と兆麻の膝枕のカットや大黒さんのシーンを入れてくれるのは構成的にも良かったと思います。

さておき、夜半に話したいことがあると雪音を連れ出した夜トの前に野良ちゃんが現れますが、彼女が黄泉から戻って来れたのはととさまの力によるものでしょうか。
そして、唐突な彼女の登場に見ていて緊張感が走りましたが、もう人は切らないと彼女を放つ夜トの決意に、雪音が強い意志を持って彼の指針たろうとする決意で応えるのが良いですね。

野良ちゃんが現れたところから雪音の決意が揺るぎないものになっているのをフツフツと感じていましたが、それでも具体的に厄を切れと夜トに新たな道を示せたのは、夜ト自身が新たな道に進む決意を野良ちゃんを放つという形で見せてくれたからでしょうね。

ある意味二人三脚のような、共に成長して行く二人の感じがとても心地よく思いますが、二人を見守るひよりの笑顔に安らぎを感じますね。
夜トが居なくなると探し回り、ゴミ箱で拗ねていた彼を見つけてしまうほどの縁を持つひよりが居てくれるからこそ、エンディングの夜トの笑顔だったり、三人の楽しそうなシーンが心に響いて来るんではないでしょうか。

三期に続く含みも残しながら締めた最終話でしたが、ここまで見てきた中で、お社を持つひよりとそれを囲む二人を描いたカットが一番印象に残りました。
夜ト、雪音、ひよりの騒々しくも楽しそうなカットでしたが、そんな三人をいつまでも見ていたいと思います。
毎回エンディングが流れるたびにじんわり来るものが増していったノラガミ ARAGOTO、とても良い2期になりましたね。


20151230203001694.jpg
関連記事

タイトル画像

あにトレ!EX 第12話「ばいたる☆エクササイズ!もっと笑顔!!」感想

2015.12.29(10:52)

20151229101301709.jpg20151229101401477.jpg

水着で跳ねて踊って!ぷるんぷるんなんだからっ!!

ばいたる☆エクササイズをみんで踊る素晴らしい最終話でしたね。
ミミっ子姿で突然始まったダンスにスタートから大興奮。これは一緒に踊らなきゃいけないと紫苑ちゃんが優ちゃんにコツを教えていたシーンを思い出し、右右左左だったでしょうか、なんとか五人について行くことが出来ました。
もちろん、きっと〜笑顔〜のところまで完走しましたが、一体感を得てとても楽しく感じました。

さておき、あさみちゃんがみんなと視聴者さんをリードし、数々のゴクリとつばを飲み込んだ思い出のカットを織り交ぜながらダンスが続いて行きますが、えりちゃんの笑顔とバストアップを果たした未来図も、静乃ちゃんのはちきれんばかりのおもちも、手袋をしながら独特の雰囲気を醸し出す紫苑ちゃんも、のびのびとした表情になった優ちゃんも、みんなみんな可愛かったですね。

そしてそんな楽しいダンスの先に、パーっと花が咲くような水着姿の彼女たちのシーンが始まりますが、めっちゃ動く!そしてめっちゃ静乃ちゃんのおもちが揺れているぞ!!
これは一緒に目線がぷるぷるしてしまうですよー!隣に並んでる紫苑ちゃんと大人の階段駆け上るー!!という感じで大興奮してしまいましたが、砂浜で遊ぶみんなのカットに眼福しながら癒されてしまいました。

ともあれ、SDキャラによる創作ダンスも飛び出し、今までの良回を遥かに超えた最終話となったんではないでしょうか。
水着あり、もふもふあり、そして笑顔いっぱいの楽しい締めで、見たいものを全部見せてくれた感じですね。
そして、なによりあさみちゃんたちみんなが可愛いので、できれば2期を作ってくれたらと思います。


20151229101901802.jpg
20151229101903333.jpg

TB先 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4503.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-3285.html
関連記事

タイトル画像

ご注文はうさぎですか?? 第12話最終回「宝物は君の決定的瞬間」感想

2015.12.27(03:52)

20151227005504737.jpg

お姉ちゃんにまかせなさい。
寝ているチノちゃんにそう囁くココアは、「はい。」をいただいたようです。
それは、ココアにとっての最高の宝物。いつまでもごちうさを見ていたい可愛い。


ごちうさラジオでリゼがとぼけていたように、あと4クールあればいいのに。
もう一年ぐらい続いてくれても良いんですよ。

そう思いたい可愛いを今期はいっぱいごちうさからもらって、毎週の放送日が待ち遠しいシーズンとなりましたが、モカさんが登場したりと嬉しいことも多い第二期でした。
そして最後にチノちゃんを取らないでと、写真と一緒に届いたココアの手紙に目をくるくるさせるモカさんでしたが、彼女の言うように今度はチノちゃんたちがココアの実家に遊びに来てくれると良いですね。

さておき、木組みの街の至るところに隠されている宝物探しの地図が、ラビットハウスの掲示物の裏からひょっこり出てきたことでお話が転がって行きますが、そんな楽しいことが街全体に仕組まれているのはみんながこの街を大好きだからなんでしょうね。

そしてチノちゃんたちみんながその宝物探しを経験しているのを羨ましがるココアが、やがてチマメ隊と一緒に地図の謎を解いて行くことになりますが、ホビットくらい小さい子じゃないと通れない壁の穴の先に宝物があったり、ココアたちと一緒に木組みの街の街並みを楽しんだ気持ちになりました。

遠くに青山さんと編集さんが歩いていたり、木組みの街の映し方も良かったし、建物やお店に掛かる看板もこの街らしい雰囲気があって良かったと思います。

ともあれ、ひとしきり宝物探しを楽しんだチマメ隊が、今度は自分たちが地図を作る側に回るのは、木組みの街にこれからも宝物探しの遊びが続いて行くのを感じて、可愛いだけではないごちうさの魅力がぽかぽかと伝わってくるようでした。

そして、暖かい陽射しのせいでしょうか。
オープンカフェでつい眠ってしまったチノちゃんの耳元に、お姉ちゃんにまかせなさいと囁いたココアが、「はい。」と返事をもらって嬉しそうにするのは2期のラストを飾るにふさわしいシーンでしたね。
何か今言われたと目を覚ましたばかりのチノちゃんと、ちょっぴりとぼけたような、でも嬉しさが漏れてしまうココアに、見ているこちらも笑みがこぼれてしまいます。

そんな二人の日常の一瞬が、宝物になった最終話だったんではないでしょうか。
できれば3期を続けて見たいところですが、リゼサンタとチノサンタが届けてくれたのかもしれない映像ソフトを眺めながら、3期放送決定のお知らせを楽しみに待ちたいと思います。


20151227005001858.jpg
20151227005503690.jpg
関連記事

タイトル画像

ノラガミ ARAGOTO 第12話「君の呼ぶ声」感想

2015.12.26(21:32)

20151226112403577.jpg

とっさに夜卜の真名を思いつく、ひよりのヒロイン力がどんどん上がって行く。
そして毘沙門様を最強の武神たらしめる兆麻がかっこいい!
祝とは神と人の間を結ぶ愛なんだと思いました。


お試しじゃないんだけど魂呼びで引き戻される毘沙門様に一瞬ポカーンとなりましたが、真名を呼ぶことで黄泉から即座に帰還させれるとは、この物語でいかに名が重要なものであるかを再認識した感じです。

しかし一方の夜卜は真名をひよりと雪音に聞かせてなかったので、いくらひよりが夜トの名を呼ぼうとも魂呼びをする事ができなかったですね。
魚を彼の口にグイグイするイザナミがなんだか楽しそうなのは、ぼっち解消の機会を得た事に興奮してるのかな?と思いましたが、何をされても死なない黄泉ではイザナミにも理由はあるんでしょうけど大変迷惑な事ですね。

そして夜トの真名を知らないひよりが、お社を作ってあげた時に彼がとっても喜んでくれたからと、バッドエンドが迫る中でその真名を言い当ててしまうところは良いシーンでしたね。
黄泉から帰還したヤスミだらけの夜トがひよりにどさっと倒れこみ、その重みを受け止めて安堵したように微笑む彼女にほっこりしてしまいましたが、一時は夜トの事が思い出せずにいた彼女のことを思うと、良かったねとしみじみと感じる瞬間でもありました。

さておき、恵比寿討伐に天の軍勢が大挙して押し寄せますが、指揮する建御雷神の龍の神器をやっつける毘沙門様と兆麻がかっこ良かったです。
彼女の神器を束ね、空に踊る龍に狙いを絞る兆麻の集中する様子は今回の大きな見どころでしたね。
彼がいてこそ毘沙門様は最強武神たりえるのでしょうね。
ネクタイを緩めて気合いを入れる兆麻に、ちょっぴりドキッとしてしまいました。

しかし、神代からある超絶的な攻撃を直接恵比寿に向けて放って来る天の軍勢。
これを当てられてはひとたまりもないと云う状況で、さらに絆を深めた雪音を使って迫る光球をスパーンと切る夜トもまたシビれますね。

雪音こそが俺の祝の器だとたよりにされた雪音が頑張ったんだと思いますが、祝とは古くは祭壇で神に祈りを捧げると云う意味もあって、人の神への祈りが再び神によって人に巡って来るような、その信仰によって神が存在しているこの世界観を表しているひとつのものだと思いました。

祝の器である雪音と、夜トのお社を立ててあげたひよりの気持ち、その二つが揃っていたからこそ、夜トはあの光球を切ることが出来たんでしょうね。

恵比寿は建御雷神の二段構えの攻撃にやられてしまった感じですが、次回の最終話でどんな風に締めくくってくれるのか楽しみにしています。


20151226112401587.jpg
関連記事

タイトル画像

ハッカドール THE あにめ~しょん 第13話最終回「ハッカドールにコミケもおまかせですっ」感想

2015.12.26(13:15)

20151226105302921.jpg

世紀末コミケ伝説っ1号ちゃんの章。
4号ちゃんは犠牲になったのだ。


初回にハッカドールちゃんたちをインストールした女の子の元を再び訪れる1号ちゃんたち。
しかし彼女はオタ友が結婚を機会にオタを卒業し、同時にオタク趣味から卒業するように言われたことで深く傷ついていた。

だが、要らぬお世話なのである。
おかげで彼女は同人誌の原稿をクシャクシャにし、大切なボスターやらグッズの一切合切を処分するハメに。
これには見ている当方も深くションポリとしてしまったのだが、そこでハッカドールちゃんたちの登場だ!!

好きなことはやめられない、やめる必要はないと再び彼女を励まし、原稿を超捗らせてオタクの檜舞台たるコミケ会場へと歩みを進めるのだったが!!!

そこはヒャッハーとひでぶぅぅぅがこだまする世紀末コミケ。
なぜかヒャッハーさんたちの中に4号ちゃんの姿が混じっていたようでしたが、最後の最後まで4号ちゃんの扱いが惨かったのは監督のせいですね。

やがてラスボスとして降臨した0号さんにグシャリとされるまでがお約束。
お笑いとオチに常に花を添えてくれた4号ちゃんが、赤い汁を最後は飛び散らせます。
赤いのはジュースだったでギリギリセーフ。高性能ゆえの活躍に最後まで楽しませてもらいました。

その後は1号ちゃんと0号さんの限界突破ガチバトルと云う感じでしたが、ありがちな(王道の)夢オチでまとめるのもハッカドールらしかったと思います。
インストールされても、要らなくなるとアプリをデリートされてしまうハッカドールちゃんたちですが、それでも捗らせに現れるしつこさと熱意が楽しい最終話になったんじゃないでしょうか。
面白かったハッカドールTHEあにめ~しょんは一旦ここで終了ですが、げそいくお監督の次回作に期待したいと思います。


20151226105401493.jpg
20151226105301672.jpg
関連記事

タイトル画像

ヘヴィーオブジェクト 第12話「二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦III」感想

2015.12.26(12:31)

20151226104801570.jpg

フローレイティアさんをコリコリしたなんてミリンダちゃんが知ったら、クウェンサーはどうなってしまうの?
坑道を狙い撃つミリンダちゃんの一発には、ちょっぴり鬱憤も乗っていたんじゃないでしょうか。


九死に一生を得たクウェンサーでしたが、ヘイヴィアがフローレイティアさんと二人っきりでよろしくやっているとか連絡するもんだから、ミリンダちゃんがオコですね。
彼女って意外と独占欲の強い女の子なのか、それともそれだけクウェンサーの事を好きになっちゃったのか、不機嫌なミリンダちゃんにニヤニヤしてしまいます。

それはさておき、今回はダム爆破の阻止に向かったヘイヴィアにも見せ場があり、彼もクウェンサーに負けない熱さを発揮していましたね。
そして一方のクウェンサーはマスドライバー財団のオブジェクトが三つのルートのうち、どこを進んで来るのか探していましたが、ミリンダちゃんが近づいたことで二つのオブジェクトの駆動音が交錯しつつも、主人公らしくドンピシャで遭遇する事になりました。

しかしマスドライバー財団のオブジェクトには圧倒的な迫力があり、クウェンサーの前に姿を見せた瞬間にこれはもうダメかもしれないと感じましたが、そこからが今回一番の見せ場でしたね。

巨大なオブジェクトに銃弾を弾き続ける彼は、ミリンダちゃんがきっと気づいてくれるはずと信じていたんでしょうか。
やがてその鳴り止まぬ銃声がモールス信号を成す彼からのメッセージと確信したミリンダちゃんが、坑道に射線を通すように敵を狙い撃ったのは、オブジェクトの性能のみで勝敗がつくものではないのを感じる良いシーンだったと思います。

ともあれ、こうしてマスドライバー財団のオブジェクトとの戦いは決着がつきましたが、ヘイヴィアが言っていた砲台にエネルギーを供給していたらしき別のオブジェクトの存在も浮かび上がって来ました。
そしてどうやらそのステルス機能持ちのオブジェクトの暗躍が2クール目の展開に大きく関わって来そうですが、果たしてそれがどんな思惑や目的を持って動いているのか、それに迫って行くだろうクウェンサーたちの活躍を楽しみに思います。

そしてフローレイティアさんの境遇をなんとかしてあげたいクウェンサーが、イケ好かない貴族を彼女から遠ざけるためとはいえ、ある事ない事言いながら彼女のアレをくりゅんくりゅんするのは面白かったですね。
もしミリンダちゃんがそれを知ったらヤバイ事になるのは間違いないと思いますが、後先考えないのもクウェンサーらしいところなので、主人公補正でギリギリ助かりそうな気もします。

でも彼女には言わないでおくのが無難ですね。
どツボにハマるクウェンサーと、プンスカするミリンダちゃんを見たい気もしますが、まんざらでもない顔をするフローレイティアさんが可愛い、楽しくスリルのあるワンクールの締めになったんじゃないでしょうか。
次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151226104701503.jpg
関連記事

タイトル画像

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第12話最終回「不束者ですが、末永くお願いいたします」感想

2015.12.25(11:15)

20151224085301494.jpg

俺の家に来い!コレもうプロポーズだったでイイじゃん!!
麗子の兄とか九条さん、そして庶民部のみなさんがアップするけど、股間の輝く公人ならなんとかなりそうだし。
お嬢様ゲッツだぜ!!


縁談が持ち上がり、家に帰った麗子を連れ戻す展開でしたが、ロボまで出てくるとは思わなかった。
そして、やりたい放題のギャグ祭りの最後を飾るのが涙のゲッツだったのは、ゲッツを押しまくって来たこの作品らしい感動の場面でしたね。

このまま家のために縁談を受け入れようとする麗子にそれで言い訳ないじゃないと、ボロボロ涙を流して訴える愛佳に、「ちょぴ」と目頭が濡れそうになりましたが、なぜそこでゲッツだったんでしょうか。
感動するところなのに、どこか笑いを堪えるのが忙しいシーンでしたね。

そして麗子はみんなの気持ちを受けて家を出ると言い出しましたが、お母さんがもし家を出ればお嬢様学校に麗子が居ることもできなくなってしまいますよと、麗子に厳しい現実を突きつけて来ました。

しかし、だったら俺の家に来い!と言う公人はかっこよかったですね。
そしてこれには麗子もかなり嬉しかったんだと思いますが、どう聞いてもプロポーズ以外の何ものでもありませんね。

やがて勘違いした麗子にそうじゃないと説明する公人ですが、時すでに遅しと言ったところでしょうか。
大胆なプロポーズに目を潤わせて嬉しそうにする麗子も、勘違いと言われてちょっぴり拗ねる麗子も、とっても可愛かったと思います。

愛佳たちは愛佳たちで、勘違いに落ち着いた事にホッとしながらも、焦ったりアピールするのが面白かったですね。
最後はいつもの庶民部の日常がまだまだ続いて行く楽しい締めくくりでオチがつきましたが、PVの太ももの作画に感じた以上の面白い作品になりました。

公人と趣味がピッタリだったので余計に楽しめたのかもしれませんが、機会があれば2期も見たいと思います。


20151224085302974.jpg
関連記事

タイトル画像

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。OVAクリスマススペシャル「みんなでお祝いしてみた。」感想

2015.12.25(10:01)

20151225084601560.jpg

メリークリスマス。雪は夜更け過ぎに笑顔に変わる。
お誕生日おめでとうするなにゃこサンタにぽっかぽか。
喜ぶ縁さんの涙は、聖夜を飾る幸せの雫だった。やっぱり良いですねろこどるは。


オープニングが新曲だったので、それだけで嬉しくなってしまいましたが、寒い夜にも笑顔で活動する流川ガールズと魚心くんを見ているだけで楽しい気持ちになってきますね。
そして、縁さんと魚心くんがクリスマスらしいサンタの格好をしている横で、ひとり何故かツリー姿をしているなにゃこは、なんとも彼女らしい登場の仕方だと思いました。

奈々子本人はせめてトナカイか、一緒のサンタクロースのコスをしたかったようですが、彼女たちのマネージャー的存在で、元コスプレイヤーの沙織さんのこだわりによるものだったんでしょうか。
奈々子の希望はさておき、会場に集まってくれた子供達や地元の人たちにはウケたみたいなので、流川ガールズとしては大成功でしたね。

さて、そんなみんなを笑顔にするイベントも終わって、奈々子はクリスマスがお誕生日の縁さんにプレゼントを渡そうとお買い物に出かけますが、彼女が何を贈れば喜んでくれるのか、もう一つピンとこないようでした。
そして偶然、縁さんと彼女の従姉妹の菫さんが一緒にショッピングをしてるのを見かけますが、奈々子の迷いが晴れることはありませんでしたね。

そうして縁さんの誕生日である前日のクリスマスイブを迎え、奈々子はプレゼントを用意していましたが、彼女の家に集まった硝子と美里、そしてさつきの勧めで、今から縁さんにプレゼントを渡しに行こうという展開になってしまいました。

そしてなんと、彼女たちから貰ったサンタの衣装のまま奈々子は夜の街を走って行きましたね。
雪が振り出しても縁さんの家へと急ぐ奈々子が立ち止まらなかったのは、縁さんの喜ぶ顔が奈々子には浮かんでいたからでしょうか。

しかし、見ていてそんな夜中に突然伺っても大丈夫なんだろうかと心配になってきましたが、ここで期待を裏切らないのが奈々子の可愛いところですね。

ピンポーンとしても応答無し、帰ろうかなぁと彼女が外へ出たとんにすっ転ぶのは笑っちゃいけないんでしょうけど、タイミング良く帰ってきてくれた縁さんが奈々子を遭難の危機から救ったぽく思えて、やっぱり二人は引き合っているのかなとちょっぴりニヤニヤしてしまいました。

そしてそこからは、奈々子が訪ねて来てくれて嬉しそうにする縁さんを見ているだけで、ハッピーな気持ちになるイブの夜でしたね。
プレゼントを忘れた奈々子がお誕生おめでとうとお祝いの気持ちを伝え、嬉しくて奈々子にしがみつき、つい涙をこぼす縁さん。

奈々子の気持ちがよっぽど嬉しかったんでしょうね。
縁さんにつられて涙が溢れてしまいました。

その後一緒にお風呂に入り、ビデオを見て楽しい時間を過ごした二人が添い寝しながら手をつなぐところは、今まで二人が一緒に歩んで来た流川ガールズの活動を思い出して、どこかしみじみとした癒しを感じました。

ともあれ、そんな幸せなイブも明け、忘れたプレゼントを硝子たちが届けに来てくれましたが、ゆいとみらいも縁さんのお誕生を祝おうと訪ねて来てくれましたね。

そしてゆいが硝子たちのお誘いを用があるからと断っていたのが、お誕祝いの準備をみらいと一緒にするためだったと云うのがここで分かりましたが、いかにもゆい先輩とみらいらしいサプライズで、後片付けまでしっかりやって帰るのは、本当に二人は良い子だなって、改めて思いました。

そしてこのみんながいるからこそ、流川ガールズも魚心くんも頑張れるんでしょうね。
久しぶりのろこどるの新作に心が踊るような楽しさと、ほっこり温まる気持ちを貰って、とっても嬉しかったです。
そしてクリスマスエンディングはファンにとっても大きなサプライズだったと思います。
奈々子も縁さんもゆいもみらいも、そして登場するみんなの笑顔がとっても可愛く、ろこどるらしい良いエピソードでしたね。
幸せで楽しい時をありがとうございました。

OVA vol.1 みんなでお祝いしてみた。発売日 2016年3月23日
OVA vol.2 PV作ってみた。発売日 2016年6月22日
詳しくは公式サイトならびに公式Twitterでご確認ください。
9月開催のろこどるフェスタに行きたいので、いずれその様子をレビューできればと思います。


20151225084001673.jpg
20151225083903157.jpg

関連記事

タイトル画像

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第12話最後回「櫻子さんの足下には…」感想

2015.12.24(09:52)

20151224085401555.jpg

僕を守ってください。
櫻子さんに離れないと思いを告げる正太郎は、まるでプロポーズしてるみたいだった。


櫻子さんと正太郎の馴れ初めに帰りながら、再び二人が一緒にいるというエンドを迎えましたが、正太郎じゃなくても白ワンピ姿のあんな綺麗なお姉さんと遭遇したら、つい見惚れてしまいますよね。

ただ、櫻子さんの骨格標本師としての顔も知り、やがて痴呆症から失踪する知り合いの老婆探しの中、彼女が遺された骨から謎を解き明かして行く姿を知る事になるのですが、表情をコロコロと変える彼女のミステリアスなところに触れたことで、ただの憧れ以上の気持ちを持ち始めたんじゃないでしょうか。

花房の存在に触れた死体遺棄事件以降、一方的に関係を断ち切られた正太郎がそのまま会えない悶々とした日々を重ねながらも、やっぱり櫻子とは離れられないと彼女の元へと駆け出したのは良いシーンだったと思います。

そして、そんな彼をヘクターが見つけて二人は再会することになりましたが、櫻子さんに思いを告げる正太郎が求愛している様に見えたのは気のせいでしょうか。
彼の勢いに負けて、ばあやのアップルパイのせいにしながら再び彼を屋敷に連れ帰る櫻子さんにニヤニヤしてしまいました。

彼女の本音は、事件の謎を解く彼女が花房に認識され、自分の横にいる正太郎に難が及ばない様にと関係を断ち切ったというものでしたが、彼を初めて正太郎と名前で呼んだのは、それを押し切る少年を少しは頼もしいと感じたからでしょうか。
ヘクターもばあやも、柔らかい表情で正太郎を招き入れる櫻子に嬉しそうにしていましたね。

花房との決着は原作でいずれ描かれると思いますが、ワンクールのひとつの落としどころとしては良かったと思います。
個人的には櫻子さんが面白くて見てきた部分が多かった作品でしたが、こういう落ち着いたものもワンクールに一本は欲しいですね。


20151224084801762.jpg

TB先 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4491.html
http://yaplog.jp/tiwaha/archive/1302
関連記事

タイトル画像

緋弾のアリアAA 第12話「二人のA」感想

2015.12.23(12:05)

20151223110701762.jpg

すっ転んで涙目になる緋弾ちゃん可愛い!
最後に全部もって行くのはさすがアリアですね。このご褒美をまっていたんですよ!!


ロボはあかりが囮となり、レキの協力も得たアリアがサクッと倒しましたね。
しかしその戦いの直後、主に単独で戦うアリアは、チームを組んで戦う事に向いているあかりにサヨナラを言い出します。

やがて始まるだろうイーウーとの戦いにあかりを巻き込まないでおこうとする優しさと、彼女の特性に合ったアミカを見つけた方が彼女の力を伸ばす事になるという判断からアリアは別れを告げたのだと思いますが、けっして諦めないという彼女の教えを受けたあかりはイエスとは言わないでしょうね。
そしてもちろん、あかりは正式なアミカの座を賭けて、最後の勝負を申し出ました。

絶対にその決意を譲らないあかり。
そして、ちょっぴりアリアに煽るようなことを言うのは、彼女も武偵らしくなったと言うか、アリアの性格を見越してのことだったんじゃないでしょうか。

いつの間にあかりはこんなに成長していたんでしょうね。
ちょっとカチンと来たと言いながら、彼女の最後のアミカテストに応じるアリアがなんだか楽しそうに感じました。

しかし、テストがいざ始まってみると、ジャイロの回転を自らが回転することによって打ち消し、バルスも逃がして鷹捲の技に対応するアリアはさすがSランクの武偵といったところでしょうか。
あくまでも強襲科のSランクではありますが、ガバメントを奪われながらも彼女の家に伝わる体術であかりを倒してしまうのは、実戦においてアリアが何枚も上手と言わざるを得ないですね。

ともあれ、AAのヒロインであるあかりと、その仲間になって行くライカたちとの馴れ初めが描かれたのは面白かったし、あかりを指導して行くかっこいいアリアも見れて、とても楽しいワンクールでした。
そして晴れて正式にアミカとなったあかりが、気負う余りにアリアを転けさせてしまうオチは、ずっとアリアファンが待っていた緋弾ちゃんらしい表情を最後に見せてくれましたね。

最後のアリアのカットだけでも大満足な最終話でした。
そして出来れば緋弾のアリア本編の続きをアニメ化して欲しいとずーーーっと待ち続けていますが、さて、どうなるんでしょうか。
今後の情報を待ちたいと思います。


20151223110703545.jpg

TB先 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4489.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-3278.html
http://yaplog.jp/tiwaha/archive/1299
関連記事

タイトル画像

あにトレ!EX 第11話「ゆったり太極拳!体幹、鍛えるんだから!!」感想

2015.12.22(11:41)

20151222105201552.jpg

あさみたちがアイドルの卵だったとは、あにトレ!EXの今後が楽しみになってきたです。

紫苑の堕天使設定を覚えていたり、優をフォローしたりと、もう五人のまとめ役はえりちゃんで良いんじゃないかな。
そして見ている人に一番話しかけてくれるのも彼女という感じで、彼女のしっかりしたところと可愛いところが目立っていましたね。

さておき、復活の踊り(太極拳)を熱心に行う紫苑でしたが、ちょっとした拍子に素が出てしまうのは可愛いですね。
一方、優は目標をしっかり持つえりに自分はまだそこまではっきりしたものがないままでいることを打ち明けますが、すかさず彼女を笑顔で褒めたりリードしてあげるえりが可愛くも頼もしく感じました。

そして、太極拳をしていて尻もちをつく優が、今回のサービスカット担当として頑張ってくれましたが、重心を落としすぎてしまったんでしょうか。
内向きな分、より頑張ろうとしてのことだと思いますが、そこが優の可愛いところかもしれませんね。

ともあれ、次回はダンスの練習前に秘密の特訓をしていた三人にあさみと静乃が加わって、全員揃っての最終話へと続くようですね。
そして頑張ろうと手を重ね合う彼女たちに楽しみも急上昇ですが、その様子を卒なく下から見上げる位置に潜り込むもうひとりの活躍にも期待したいと思います。


20151222105301466.jpg
20151222105801819.jpg
関連記事

タイトル画像

コメット・ルシファー 第12話最終回「星と少年」感想

2015.12.21(10:05)

20151221092002885.jpg

土の星に再び命を芽吹かせたフェリアは、幼女化して惑星ギフトの何処かで眠っているに違いない。
母親の研究を受け継いだらしいソウゴは、岩場を降りて行った先で鉱石の中に眠る彼女と再会できたのだろうか。


ソウゴの母親の研究は無限のエネルギーを得るために赤い結晶を作り出しましたが、実は星の息吹を司る存在の力を人が引き出せるようにするものだったんではないでしょうか。

そしてそれを手の甲に持つソウゴはフェリアの力を引き出すイグニッション・キーとも言うべき存在となり、彼がフェリアと出会ったことで本来ならば一つの星に生命を誕生させた後は結晶化して眠りにつくはずの彼女を目覚めさせ、今また二人が揃うことでフェリアの力を土の星に対して使う事を可能にしたのだと思いました。

そこには土の星でひとり生き残った三葉虫らしき生き物が再び星に命を芽吹かせるために、何らかの情報をゾーンを介してソウゴの母親に与え、フェリアの力を発動させるためのキー、すなわち赤い結晶を彼女に生み出させる事に一役買っていたと考えられますね。

しかしゾーンはそれを理想の世界を作る事に使おうとし、また三葉虫らしき生き物は惑星ギフトから命の息吹諸共に全てを奪おうという目的を果たすためという感じで、両者ともに自分こそが正しいという心情にのっとってフェリアを利用しようとしていたんですね。

ただゾーンは誰もが幸せな世界を作ろうとしていたし、三葉虫らしき生き物は土の星にいたはずの別のフェリアを失った悲しみを抱えての事ですから、まったくの悪ではないですね。
そしてソウゴを連れて行かれたフェリアも、三葉虫らしき生き物の悲しみを感じていたのではないでしょうか。

やがて彼からソウゴを取り戻し、二人が揃ったところでフェリアは土の星に再び命を芽吹かせましたが、力を使ったフェリアはソウゴの横から姿を消してしまいましたね。

しかしフェリアはソウゴの事を好きだと言っていました。
なので力を使った後、彼女は初回の洞窟でソウゴに発見された時と同じ状態になっていると思いますが、けっして土の星に行ったわけではありませんね。

再び幼い姿になって、ソウゴが見つけてくれるのを待っているはずです。
それが分かっているからソウゴは母親の研究を受け継ぎ、結晶の事をさらに知ろうと大人になるまで頑張ったんだとラストのシーンから感じました。

そして惑星ギフトだけでなく、土の星にも命を芽吹かせることを可能にした二人は、フェリアを遠い宇宙から送ってきた者の力を進化させたとも言えますね。
空に見える輝く星を見ながら、ソウゴはあれが二人の力を合わせた結果誕生したものだと、まるで二人の子供を見るような気持ちで見上げていたのではないでしょうか。

願わくばラストの岩場を降りたその奥で、二人が再会を果たして欲しいと思います。
その時は幼い姿のフェリアちゃんが、嬉しそうに笑ってくれるんでしょうね。
モウラが遅かったんじゃもーとソウゴにツンデレしそうですが、ドモンがソウゴの母親を思い、その息子を育て、カオンやロマンが助けてくれなかったら、土の星に命が芽吹くこともなかったんだと思います。

星の命とそれが生まれては消えながらも続いて行くことを大胆に描いた愛に満ちた作品でしたね。
最後にそんなことを思うコメット・ルシファーの最終話でした。


20151221092001835.jpg

TB先 http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-2453.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/46344580.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-12555.html
関連記事

タイトル画像

うたわれるもの 偽りの仮面 第12話「鎖の巫」感想

2015.12.20(08:52)

2015122007440128.jpg

ウルゥルとサラァナにお世話されるハクが羨ましい。
そしてカップリングの選択に困るルルティエが安定して面白かったです。


鎖の巫が持つ能力を発揮するのは2クール目の楽しみとなりましたが、彼女たちの身のこなしが可愛くてつい見入ってしまいますね。
そして見る者をからかっているのか、それとも本気で言っているのか、108の技まで習得していると言う彼女たちのノリが如何にもアクアプラスのゲームに登場するキャラのノリっぽくて、いろんなキャラの顔が浮かんでくるようでした。

さておき、皇女アンジュの誘拐事件を解決に導いたハクの働きに、ミカドが褒美としてウルゥルとサラァナを与えたことからお話が始まりましたが、アンジュの教育係であるムネチカがかなり盛った報告をしたみたいですね。
そしてハクに仕える事をウルゥルとサラァナが舞うように伝えながら登場するところは、アラピアンめいたセクシーさを感じる良いシーンだったと思います。

こうして白桜閣のクオンが借りている部屋の住人となった二人ですが、クオン曰く、また増えた!と言うとおり大所帯になってきましたね。

そしてノンケに免疫の無いルルティエが、ハクに絡みつく様に片時も離れようとしない二人を見て、困ってしまうのは面白かったです。
その後ウコンを訪ねてきた左近衞大将ミカヅチに救われた感じですが、ハクとのカップリングに嬉しそうに悩むところは見事に腐っていたと思います。

一方、ミカヅチの登場にネコネが緊張していたようでしたが、ヅラをカポカポする前から彼の正体に気づいていたのはすでに飴屋に変装していた事を知っていたからなんでしょうか。
ウコンと剣の腕を競い合う間柄でもあるので、かなりの強者だと思いますが、後半クールに戦いがあるだろう雰囲気も漂い出した中で、ウコンに協力してくれる頼りになる人物となってくれそうですね。

ともあれ、ウコンの言ったように、ハクに惹かれて多くの仲間が集まったワンクール目でしたが、帝都に着いてからはまんま日常系アニメさながらの楽しさと旧来のファンサービスに溢れたシーズンだったと思います。

これからストーリーが本格的に動き出したり、ハクの夢をはじめとするカットされた部分も後半で描かれるのかもしれないと思いますが、先ずは2クール目のオープニングを飾る新規映像と楽曲に期待したいですね。
キャラデザを見て一発で気に入ったウルゥルとサラァナの本格的な登場に大喜びした回でしたが、兎に角も新年早々放送される次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151220074501217.jpg
20151220074701283.jpg

TB先 http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2015/12/post-3428.html
関連記事

タイトル画像

ご注文はうさぎですか?? 第11話「スターダスト・マイムマイム」感想

2015.12.20(04:32)

20151219235601521.jpg

やまごやぐらし!
高速回転するマイムマイムの勝利者はメグちゃんで毒キノコはうねうねするしケチャップが赤くても帽子より魚よりチノちゃんが大切なの!ポコポコポコ。
寝袋姿でぴょんぴょんするチノちゃん可愛い!あっ、流れ星!!


食料が入っているはずのクーラーボックスがカラなのでサバイバルを始めたココアたち。
先ずは川の岩場で魚釣りに励みますが、ココアとシャロがすぐヒットを連発したのはよほど良いポイントに当たったからでしょうか。

川の場所はかなりの上流だと思いますが、竹の先っちょに糸と針を付けただけのものでも入れ食いになるポイントってあるんですよね。
しかしそんな山奥に子供達だけで行かせた上に食料の調達までしなければならない設定をぶっ込んでくるとは、リゼパパは厳しすぎます。

ただそんな状況でも楽しく過ごしてしまうのがココアたちのたのもしいところですが、流されたココアの帽子を追ってチノが川に流されそうになるあたりは、かなりヒヤヒヤしました。
結局飛び込んだリゼに事無きを得ましたが、ちゃっかり服の下に水着を着込んでいたマヤに、そのヒヤヒヤも何処かへ消し飛んでしまいました。

そして帽子よりチノが大事だと言うココアにほっこりしたのも束の間、水をかけっこして遊ぶみんながとっても楽しそうでした。
ワンピースの裾を濡らしたチノに今度はドキドキしてしまいましたが、ほどほどにしか透けないのがごちうさの良いところですね。

さて後半は、肝試しならぬゾンビでドッキリのお時間が始まりましたが、いかにも夏という感じで面白かったですね。
導入のチノの夢にはがっこうぐらし!が始まったのかと思いましたが、寝起きにケチャップとかゾンビの真似はびっくりするんじゃないでしょうか。

盛り上がった夜の焼きマシュマロタイムも終わり、楽しかった一日がすぎて行く中で、ふと流れた星にまたみんなで遊べますようにとお願いするチノがとっても可愛かったです。
そして、そんなチノを見るマヤとメグの穏やかな様子にほっこりしますね。

ただリゼはサバイバル状況を画策したリゼパパにバツが下りますようにとお願いしていましたが、即座にグラスが倒れて彼が膝を濡らしたのはただの偶然だったんでしょうか。
偶然かどうかを巡って吹き矢勝負を始めるチノパパとリゼパパの関係が気になるところです。

ともあれ、青山さんの願い事をすぐに叶えてあげるティッピーにあったかいものを感じながら、次回を楽しみに待ちたいと思います。
チノちゃんが大事だと常々アピールするココアに、突っ込んだり真っ赤になったりするチノがとっても可愛い回でしたね。


20151219235101377.jpg
20151219235001449.jpg
20151220003501869.jpg

TB先 http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-3272.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4482.html
関連記事

タイトル画像

落第騎士の英雄譚 第12話最終回「無冠の剣王II」感想(加筆修正版)

2015.12.20(02:47)

20151220003001728.jpg

深夜アニメ屈指の生プロポーズシーンに涙が溢れてくるんだ。
二人の口づけにワンクール全てを見てきた想いが昇華されて行くようでした。
温かい。温かいよ、ステラ・ヴァーミリオンちゃん!


手加減などしない、そして全力を持って一輝と戦うという藤堂刀華の気持ちを伝えられた珠雫は、同時に査問によって万全ではない一輝が試合を棄権するように伝えて欲しいと言われましたが、その後の彼女の憂い顔は兄を想う気持ちに満ち満ちていましたね。

妹として兄の体を心配する気持ち、そして強い兄が勝って七星剣舞祭に進んで行って欲しい気持ちが彼女の心を大きくかき乱したと思いますが、いずれもそれは兄への愛であって、最後まで兄に出場辞退を言わなかったのは彼女もまた誇りある騎士だったからでしょうね。

彼女のそんな気持ちを優しく包む凪もさすがのアリスちゃんといった感じで、この最終話にも二人の見どころがあったのは良かったと思いました。
そしてそれでこそ、続く一輝の心情に深く入り込めると云うものですが、最後まで本当に構成の良い作品でしたね。

さておき、最後まで赤座の嫌がらせを受けた一輝は走って試合会場へと向かいますが、その道の半ばで、彼の目標でもあり恩人でもある曽祖父の龍馬と出会ったあの凍てつく日のことを思い出します。
もし彼に出会わなかったら、黒鉄の家を捨てて飛び出した時に一輝は雪の冷たさに何もかも諦め、そして命まで失っていたかもしれません。

しかし、彼は出会った。そして今また彼を鼓舞するかけがえのないものが彼を立たせ走らせる。
やがて凍てついた記憶を温かく染めて行く炎のビジョンと共に意識を揺り戻した彼は妹の腕の中で目を覚まし、彼を応援してくれるみんなの想いが、彼に炎の主との大切な約束を思い出させたんですね。
行き着いた先は選考試合最終戦。待つは伝家の宝刀雷切を使う藤堂刀華その人。

やがてお互いのデバイスを顕現させ、しっかと全力勝負の覚悟を言葉少なく伝え合う二人に、武者震いしてしまいそうになる試合の入りだったと思います。
特に刀華がいつもより深く腰を落とし、そして一刀だけの重ね合いで勝負を終わらせてなるものかという気迫をもって、試合開始と共に迫る一輝に鬼神の如き顔を見せたのは、楽しそうに一輝と戦った蔵人に負けぬ強烈な昂りを感じさせてくれました。

僕の最強を持ってあなたの最強を打ち破る。
自分の全てを燃やし尽くしたその先にある一瞬、一分ではなくただ一閃の一太刀に、一輝のありったけを乗せた隕鉄が刀華の雷切をねじ伏せたんでしょうか。

お互いのデバイスにヒビが入り、やがて崩れ落ちた刀華に勝敗は決しましたが、一刀修羅を超えた一刀羅刹のシーンは色を失って行く熱い演出で魅せてくれましたね。
そしてそれに続く、伝えたい事がある。と限界を超えたはずの一輝が倒れるのをこらえるのは、ステラちゃんじゃなくても全力で走って行きたくなるんじゃないでしょうか。

めっちゃ駆けるステラが、トチ狂った赤座をボカン!とやってくれたのには笑ってしまいしたが、彼女に抱き支えられた一輝がこの温かさなんだと安らぎを覚えるのは、とても良いシーンでしたね。
そして多くの観衆の中にいる妹をはじめとする自分を応援してくれる人の温かさを彼が感じるところも良かったですね。

そしてそして、彼にぬくもりをもたらしてくれる炎の主たるステラちゃんへの大胆で真摯なプロポーズは、深夜アニメ屈指のハッピーエンドになったんじゃないでしょうか。
エンドを知らせるテロップが流れる後、あのプロポーズの事だけど…と一輝がステラに何か言いたそうにしていましたが、そんな二人の物語をいつまでも見ていたい気持ちでいっぱいになりました。
黒鉄家の今決めたお嫁さんのしきたりを指導しようとする珠雫も可愛かったですね。

放送前に表紙絵の魅力に惹かれてふと手にとった事が落第騎士の英雄譚との出会いでしたが、いつの日かアニメ版の二期制作決定の知らせを聞きたいと思います。


20151220002901810.jpg
2015121923560347.jpg
関連記事

タイトル画像

ノラガミ ARAGOTO 第11話「黄泉返り」感想

2015.12.19(23:13)

20151219112601919.jpg

俺も連れて行ってくれ!ならば夜ト以外の誰かの神器になる必要があると言われた雪音きゅんのグググっとした顔が可愛い。

二期になって私の雪音きゅん株がグングン上昇していますが、夜トの元へと急ぐ彼とひよりの前に現れた元・陸巳を一発で退けるところも良かったですね。

当初は野良最強じゃん!と雪音に言葉攻めする陸巳に押される一方で、あんなに修行を頑張ったのにまるで歯が立たない事に茫然自失しそうになる彼を支えたひよりが相変わらず熱い娘でしたが、彼女の言葉に強さを発揮するまでの展開は、雪音好きにとってはある意味ご褒美だったのかもしれませんね。

さておき、恵比寿を救いに向かう毘沙門の前にビシュー!と風穴が現れますが、ちょうど夜トが恵比寿を黄泉から逃した瞬間に出くわしたようですね。
そして夜トとの争いを清算し、彼によって自分を見つめ直す事ができた毘沙門は、今再び七福神の恵比寿のために彼が尽力してくれた事を知って驚いたようですが、ひとり黄泉に残った彼を今度は自分が助け出そうと本気モードに突入して行った感がありますね。

イザナミの使いらしき変幻自在の敵に鎧姿で鞭を振るう姿は、夜トと戦った時の憂いを含んだものとは違って、ストレートな最強武神といった感じでしたね。
そして出口となる風穴を維持しようとしてくれている小福ちゃんの神力を発揮する姿も見れて、M属性は刺激されるは、可愛い小福ちゃんの舞っぽいカットにキュンキュンしたりと、お話はシリアスに進んでいますが、なんか得した気分になるシーンも多かったと感じました。

ともあれ、危機的状況にありながらも、ととさまに言われたからじゃなくて自分が恵比寿を救えたと喜ぶ夜トを見る野良ちゃんの表情から、優しさと温かみのあるものが彼に向けられたところは思わずホッとしてしまいました。

そして二人を黄泉から連れ戻すには、ある事をしなければと言いかけて意識を失った恵比寿の言葉が次回のヤマ場への伏線になっていたと思いますが、さて、毘沙門は見事二人を救い出す事ができるんでしょうか。
そしてそのある事とはいったい何であるのか、次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151219114001620.jpg
20151219112503324.jpg
関連記事

タイトル画像

ヘヴィーオブジェクト 第11話「二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦II」感想

2015.12.19(13:13)

20151219113104499.jpg

戦場が一番自由で居られるところと語るフローレイティアさんには、いつの日か幸せになって欲しいと思います。

思わぬフローレイティアさんの掘り下げ回となりましたが、マスドライバー財団のオブジェクトが撃つ弾丸は戦況を一気に傾かせる恐ろしい威力を持っていました。

本来ならば成層圏に飛び出してしまう弾丸の向きをなんらかの技術を持って変え、目標物の真上からマッハ25の弾速で襲いかかるというものでしたが、同時に子弾をばら撒く性能を併せ持っていて、それに当たっただけでもかなりの被害を被ってしまうようですね。

正統王国の最新鋭オブジェクトを一発で大破させ、上陸後の設営施設も吹き飛ばされて兵員は散り散りになってしまいましたが、そんな中負傷した者を探すフローレイティアさんにクウェンサーが発見されてから更に大きな展開が待っていました。

独自に動き出した正統王国の兵団が意趣返しにイグアスのダムを決壊させてマスドライバー財団のオブジェクトの動きを封じようとしていますが、そんな事をしたら甚大な被害をこの地域にもたらしてしまいますね。
なのでお約束どおりにクウェンサーやヘイヴィアがそれを阻止するのがひとつの見どころとなってきましたが、最近ミリンダちゃんの出番が少ないのでちょっぴり寂しい気もします。

ダム決壊阻止をヘイヴィアに任せたクウェンサーによれば、敵オブジェクトを見つけ出してからミリンダちゃんの力を借りて決着をつけるとのことなので、彼の作戦の詰めに頑張っちゃうミリンダちゃんに期待したいと思います。
ともあれ、正統王国軍からの情報によって、敵の三つの移動ルートに目を付けたクウェンサーですが、本音を語るフローレイティアさんと共に見事敵を見つける事ができると良いですね。

しかしマスドライバー財団のオブジェクトと決着がついた後に、ミリンダちゃんがヤキモチを焼くんじゃないかとも思いますが、それはそれで見てみたい光景ではありますね。
ともあれ、ワンクール目の締めとなる次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151219113101914.jpg
関連記事

タイトル画像

ハッカドール THE あにめ~しょん 第12話「魔法少女 Lovely Hurt」感想

2015.12.19(12:29)

20151219113502912.jpg

こんなヘソ出し下乳コスチュームではニチアサに放送できないじゃあないの!
しかし、悪の軍団さんの笑顔溢れる健全な街づくりを捗らせる、1号ちゃんの笑顔が眩しい。


どうみても動物が混じっている魔法少女たちからお呼びがかかり、彼女たちに変わって悪の軍団と戦う事になったハッカドールちゃんたち。
そして魔法少女の格好をして颯爽と戦いの場へと登場する彼女たちでしたが、事案を発生させようとするスケールの小さい悪の軍団は、バラエティー番組のパロっぽいメンバーがいたり、困った人の集まりみたいなグループでしたね。

そして戦いはじめたみんなの前に4号ちゃんがやって来ましたが、サイクロン号の音をバックにヒーローの代わりだと説明し出し、やがてウルトラマン対仮面ライダーを思い出させる巨大化までしてしまうのは、彼女の高スペックさによるものなんでしょうか。

高スペックゆえに全てを混沌の淵に叩き込むのが彼女の面白いところですが、1号ちゃんたちも悪の軍団もまとめて吹き飛ばしてしまうのは、ある意味4号ちゃんらしいオチのつけ方で面白かったと思います。
そしてやられ役の悪の軍団がその真の目的を悲しげに語る展開は、今までに無い斬新なパターンでしたね。

只々、健全な街づくりをしたかった。
そう悔しそうに目を潤ませて語り出した悪の首領に、微笑みながら協力を申し出る1号ちゃん。
ハカドルハカドルハカドール!脳内で勝手に魔法の呪文を妄想してしまいましたが、この時の1号ちゃんのスマイルは最高の魔法ではなかったでしょうか。

その後、悪の軍団のみなさんと一緒に健全な街づくりを頑張るハッカドールちゃんたちの笑顔が浮かんでくるような、そんな楽しげな余韻を感じる良いエピソードだったと思います。
次回も楽しみですね。


20151219113401809.jpg20151219113201739.jpg
関連記事

タイトル画像

普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。OVAクリスマススペシャル「みんなでお祝いしてみた。」がTBS、BS-TBSで放送!!早く来い来いクリスマス!!

2015.12.18(12:21)

20151218113701470.jpg

嬉しいクリスマスイベントがやって来ました!
普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。のOVAクリスマススペシャルがTBS、BS-TBSで放送されるそうです。
公式サイトの放送情報によりますと
TBS 12月24日(木)深夜2時36分~ 放送予定
サンテレビ 12月25日(金)夜11時30分~ 放送予定
BS-TBS 12月26日(土)深夜1時30分~ 放送予定
TBS チャンネル2 12月25日(金)深夜1時30分~ 放送予定 との事です。
OVAについての配信情報とCS情報については記載されていませんが、詳しくは公式サイトでご確認ください。

ヤング ブラック・ジャックの本編放送終了後に次回予告として映像が流されましたが、
思わず「なにゃこおおおおおおおおおおおーーーー!!!!」と満面の笑みでガッツポーズ。
以前からこの知らせは知っていましたが、いざ映像と音が流れてみるとめちゃめちゃ昂ぶってしまいますね。

そして魚心くんの中の人、いつも体力的にキツイのに笑顔を絶やさない天使のゆいちゃんの笑顔と。
ゆいちゃんはじめ【ろこどる】のみんなを支えてくれるみらいちゃんの楽しそうな表情。
そしてそして!お風呂シーンとサンタコスの絶対領域を見ただけで更に可愛さと美しさがアップしたのを感じる縁さん。

なにゃこは相変わらず面白いカットも担当するようですが、縁さんが彼女にしがみつくようなシーンでは、いったい何が起こっているんでしょうか。
TBSとBS-TBSで何度も何度も確認したいと思います。
ともあれ、こうして新エピソードが生まれて続いて行くのはとっても嬉しい事ですね。
あの楽しく平和で、癒しに包まれるような雰囲気を、このクリスマスに思う存分満喫したいと思います。
めっちゃ楽しみですね。


20151218115301396.jpg
⇒普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。OVAクリスマススペシャル「みんなでお祝いしてみた。」がTBS、BS-TBSで放送!!早く来い来いクリスマス!!の続きを読む
関連記事

タイトル画像

ヤング ブラック・ジャック 第12話最終回「狂騒の季節」感想

2015.12.18(10:52)

20151218083303561.jpg

間黒男よ。なんて悲しそうに泣くんだよ…。
初めて縫合した患者。そして今また救い、その命を目の前で奪われる運命の理不尽さに見ていて叫びそうになった。


時代背景ネタとして浅間山荘事件が使われた今回。
学生運動の最中に傷つき、それを治療したことで縁のできた今上エリと再び出会う間黒男。

しかし相変わらず学生運動を続ける彼女が警察に追われて山荘に身を寄せていることを知った黒男は彼女を連れ戻そうと出向いて行きますが、そこには内ゲバで変わり果てた姿になった彼女が待っていました。
米軍の脱走兵のエピソードで登場した運動家の女性を庇っての事でしたが、治療しようとする黒男を阻もうとするリーダーはじめ、居並ぶ若者に有無を言わせない黒男の迫力が凄かったですね。

ベトナムの戦場を駆け抜け、数多の凶事を乗り越えてきた事と、彼自身の信念の強さを感じる良いシーンだったと思いますが、そこには常に彼の優しさがあった事を忘れないでいたいと思います。
だからこそ彼は叫び、今また手の中で消えて行く命に涙を流したと思うのですが、この無常と怒りと愛と悲しみのごった煮になった言うに言われぬものがブラック・ジャックそのものだった最終回になったと思います。

原作が好きすぎて涙があふれて困ってしまいますが、同時にファンとして嬉しく思うアニメ化だったと思います。
リボンの騎士からスターシステムによって登場した今上エリのCVの悠木碧さんが、ちょっぴり男の子っぽい声使いで演技もドンピシャだと感じたし、スーパーパイザーに高橋氏が起用された事で良い味のある作品になったんではないでしょうか。
高橋氏がいつまでもご健勝で、新たな作品を世に出してくれるのを期待したいと思います。


20151218083301612.jpg
関連記事

タイトル画像

俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第11話「公人様の見ていた空はこうではありませんの?」感想

2015.12.18(09:51)

20151217123705546.jpg

喧嘩するほど仲が良い。
あんたが居なければ、次に誰とペアになるのよ!
ツンピュアさんの正直な気持ちに涙する麗子を、絶対に取り戻さなくてはいけない件。


突然の縁談に従う麗子は学校を去ってしまいましたが、愛佳の気持ちが庶民部のみんなを気持ちを動かして奪還作戦が決行されましたね。
そして重度のシスコンである麗子の兄が車を手配してくれたり、九条さんも公人たちの行動にお許しを出してくれたようですが、御三家と言われるほどの名家を相手にどんな立ち回りを見せてくれるんでしょうね。

もちろん麗子の母親へのはっきりした意思表示が無いことには解決しないと思いますが、そこを母親に納得させるだけのものが必要になってくるんではないでしょうか。
素直な愛佳の気持ち受け取った麗子が涙するところはキュンとしてしまいましたが、麗子が一番待っているのは最初の縁談話の時に何もできなかった公人の頑張りと、彼の自分に対する気持ちでしょうね。

そしてその辺りがどうなるのか次回がとても楽しみになってきましたが、庶民サンプルらしい楽しい展開で上手く締めてくれたらと思います。
オリジナルのカップル成立エンドなのか、それとも九条さんや筋肉アーミー、元同級生の幼馴染まで加わった大波乱のハーレムトゥルーエンドとなるのか。
兎も角も次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151217123706156.jpg
関連記事

タイトル画像

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第11話「蝶は十一月に消えた (後編)」感想

2015.12.18(09:13)

20151217123703110.jpg

蝶形骨蒐集家・花房に近づく櫻子さんは少年に別れを告げる。

三奈美を自宅に預かったのは、予想通り真実へと近づくための櫻子さんの一手でしたね。
そして夢にうなされた彼女の証言から、花房が居たらしきアトリエ小屋を訪れた櫻子たちは、そこで失踪した一重を発見するわけですが、ベッドの上の一重を死体に群がる蝶がびっしりと埋め尽くしていたシーンは、思わずドキッとするような場面でしたね。

さておき、ヘクターの吠える様子に死体がこの小屋の辺りに存在することを確信した櫻子でしたが、ヘクターの合図する場所を掘り返したことで全ての真実が表に出て来ました。

それは一重が二葉の自殺を幇助し、それを知った三奈美が加わって二葉の遺体を埋めたという真実でしたが、その一部始終を耳にして心がへし折れる磯崎先生と、遺体から蝶形骨が無くなっている事を知って興奮する櫻子の、まるで対極にある二人の反応の違いがこの事件の異常性を際立たせているように感じました。

ともあれ、失踪した女の子探しから思わぬ過去へ辿り着き、死体遺棄事件として幕をおろしましたが、櫻子を一番苦しめたのは彼女を庇った正太郎が錯乱した一重に刺されたことでしょうね。
そしてこれは単なる偶発的な事故なのか、それともそうなるという可能性を見越しての花房の置き土産なのか、ひょっとしたら答えは後者ではないかと思わせてしまう花房に、そら恐ろしいものを感じるエピソードでもあったと思います。

入院した正太郎に櫻子が別れを告げるのも無理の無いことではありますが、さて、正太郎はこの後どうするんでしょうね。
おそらく彼は櫻子から離れないと思いますが、エンドも近くなった次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151217123701754.jpg
関連記事

タイトル画像

緋弾のアリアAA 第11話「決戦」感想

2015.12.16(23:24)

2015121611390392.jpg

アリアと母の教えを忘れないあかりのジャイロ回転が本気すぎる。

服を溶かされて素顔を晒される風魔ちゃんにドキドキしますね。
そしてライカも媚薬を夾竹桃に効かされてダウンしてしまいましたが、なんかえっちっぽい倒し方をする夾竹桃はイケナイ娘なのかもしれません。

共闘して一斉に彼女に攻撃を仕掛ける展開ではなく、個別に追い込む作戦を取らざるを得ないように持って行く彼女が、すでにその段階で優位に立っていたんでしょうね。
続く麗も湯湯と夜夜を彼女らしいツンデレっぷりで戦いから遠ざけていましたが、武偵のランクの差を思えばそれが麗の優しさだったんだと思います。
湯湯と夜夜には分かっちゃいましたけど、二人への想いがバレて真っ赤になる麗は可愛いかったですね。

さて、ついに夾竹桃と相対することとなったあかり。
仲間を倒し、彼女を庇ってくれた志乃を傷つけた夾竹桃の物言いにゴゴゴゴゴとマジギレして行く様に静かな迫力を感じました。

しかし、それだけではまだ夾竹桃に力及ばない感じがするのは否めませんが、彼女を翻弄しようとする夾竹桃をアリアの教えを持って寸前で回避するところは良かったですね。
周りに気を配ること。そんな今までアリアが教えてくれたことと母の教えてくれた鷹捲の技が、強敵を前にした彼女の心を支え、心技体一丸となってジャイロ回転して行くのは熱い展開でした。

エンディングのパルスの意味もここに来てようやく知ることができましたが、たくさんのものに支えられてあかりは強くなりましたね。
次回はアニオリ展開でアリアとあかりの共闘、そしてアリアのカスタム・ガバメントをあかりが奪うことの決着まで見せてくれるんでしょうか。
次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151216113901855.jpg
関連記事

タイトル画像

あにトレ!EX 第10話「Let's Go スポーツジム! 楽しくエクササイズ!!」感想

2015.12.15(07:21)

20151215033101986.jpg

人見知りの優を前向きにする、あさみの笑顔はキラッキラ可愛い。

前回がえっちな良回とするなら、今回は日常の交流を描いた良回といったところでしょうか。
スポーツジムを訪れたあさみと優が一緒にトレーニングに励みますが、誰とでも笑顔で挨拶をかわせるあさみに、優がぽつりと自分は引っ込み思案だという悩みを打ち明けることに。

そして、そんな彼女を優しくリードしてあげるあさみは如何にも良いお姉ちゃんという感じでしたが、気持ちの軽くなって行った優がやがてペロッと舌を出してみせるのは、ほっこりする日常系アニメのノリでしたね。

これまで主に女の子のドキッとする映像と視聴者参加の展開で楽しませてくれていたあにトレ!EXが、今回はより日常系アニメの方へ振ってきたんではないでしょうか。
もし2期があるなら、そういったものも増えて行くんではないかと思いますが、ヤマノススメに続く人気作品になって行ってくれたら良いですね。

ともあれ、トレーニングマシーンで励む優の脇や、一瞬覗くような胸元に目も喜んだ回でした。
そして、いつかバランスボールを使ったトレーニングももっと見てみたいですね。
残り数話となったあにトレ!EXですが、紫苑の登場が待たれる次回を楽しみにしたいと思います。


20151215033601562.jpg

TB先 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4468.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-3264.html
関連記事

タイトル画像

コメット・ルシファー 第11話「堕ちた天使」感想

2015.12.14(09:01)

20151214082801472.jpg

ソウゴも星も落ちて来る怒涛の展開。
だが、フェリアちゃんだけは堕としてはいけない!ガンバレ少年少女たち!!


黒い機体の登場から一気にお話が動きだしましたが、ゾーンはフェリアを純化してギフトを理想の星にしようとしていたようですね。
しかしフェリアがソウゴと出会い、彼女がたくさんの経験や人の想いに触れた事を穢れと言うゾーンは、あっけなくラスボスの女性に退場させられてしまいました。

そして星の命の息吹を司るフェリアは、穢れを受けた事によって人の姿をとって存在していると言われた事にかなりショックを受けていましたが、あくまでもそれはゾーンの考えに過ぎず、必要の無い事を天使のような存在であるフェリアがわざわざその身に受けるとは思えないですね。

なのでフェリアが受けた人の想いがラスボスの狙いを跳ね除ける切り札になるのではないかと思うんですが、さて、自分の考えに沿った新しい星の誕生を目論む黒い機体をモウラとソウゴは倒せるんでしょうか。
何らかのパワーアップを果たさないと以前のようにコテンパンにやられる可能性が高いですね。

赤い結晶、フェリア、そしてあと何があるんでしょうか。
フェリアを助けたい、失いたくないと云う少年少女の気持ちと惑星ギフトに生きる命が頑張ってくれるのを期待したいところです。

パン屋のミツバチさん、そしてガス大尉たちが最後の最後にソウゴたちに力を貸し出したのも、全てがフェリアを惑星ギフトから奪われたくないという本能的なものによって、ひとつの想いへと収束して行っているのを感じます。
ともあれ、このラストの怒涛の展開をどう纏めるのか、次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151214082704209.jpg
関連記事

タイトル画像

うたわれるもの 偽りの仮面 第11話「皇女の火遊び」感想

2015.12.13(07:35)

20151213063101774.jpg

オシュトルー♪(チラッ) オシュトルー♪(キラリん)
皇女アンジュの棒演技に、笑っちゃ可哀想だけど笑ってしまう夜明けの劇場。


前回ノスリがアンジュを連れ去った続きから始まりましたが、恋の相手が右近衞大将と聞くまでアンジュが皇女であることに気づかないノスリが愉快ですね。
そして、この誘拐劇が茶番だとほぼ見抜いていたオシュトルを絶対に現場に連れて行こうとするオウギの矢の催促も面白かったと思います。

さておき、本当の大事になる前に事を収めようとノスリのいる山の館へと出向くオシュトルとその部下たちでしたが、偶然にもその様子を見たクオンたちも、食事をしていたうどん屋共々現場へと足を運ぶこととなりました。

これで観客も増え、さあどんなふうに事態を収拾するのか楽しみもひとしおと言ったところですが、腰の引けてしまったノスリの方も彼女なりに覚悟を決めて、アンジュの恋のために頑張るのはかっこ良いような、けれども何処かコミカルになってしまうのはノスリの魅力の成せる技なのか。
へっぽこ演技の誘拐劇場も、終始飽きない面白さで進行していった感じでしたね。

しかし、ひとり真顔で相対するオシュトルは、大事にならない着地点を真剣に探っていたんではないでしょうか。
交渉の途中でハクと戦うことでアンジュをハッとさせ、忠義をもってアンジュに皇女であることの自覚を促すあたりは、さすが大國ヤマトの右近衞大将と言うべき働きでしたね。
そして、同時にハクの戦闘に対する能力まで測ってしまうのは、なるほど凄い人物だと思いました。

夜明けのオシュトルVSハクも緊張感と美しさが同居する良いシーンでしたね。
ともあれ、ノスリとオウギをハクの監視下に置くという落としどころに落ち着き、これで彼らはハク一行のお仲間となったわけですが、徐々に大所帯になる彼らにこれからどんな事が巡って来るのか楽しみに思います。

そして次回は双子の巫さんが登場するようですが、2クール目に向けた転機もそろそろ欲しいところですね。
ぶっちゃけ予告に双子ちゃんが映って飛んで喜んでますが、はやる気持ちを抑えて次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151213063003767.jpg

TB先 http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2015/12/post-b320.html
関連記事

タイトル画像

ご注文はうさぎですか?? 第10話「Eを探す日常」感想

2015.12.13(04:41)

20151213030601780.jpg

ココアさん仕事してください。前回もその前も聞いた気がする。
リゼとシャロの部活巡りにキュンキュンするほっこり回でした。


やっぱりリゼとシャロが絡み出すと百合百合しくてそわそわしてきますね。
シャロは学校のみんなにも人気なリゼを見ていてちょっぴりさみしくなってしまったんでしょうか。
そんな彼女の微妙な心の揺れに直ぐ気づいてしまうリゼにシャロが憧れるのももっともなところですが、幾つもの部活を渡り歩いたと云う伝説の先輩を探す二人が、数々の部活の部員と勝負するのは面白い展開でした。

一方、ラビットハウスでも青山さんの意見を耳にしたココアが部活を始めようとテンションを上げていましたが、リゼとシャロが部活を巡って行くほどに、青山さんが伝説の先輩であるのは間違いなさそうに思えてきますね。

そして、吹き矢部ではシャロが思わぬ高スペックぶりを発揮して驚いてしまいましたが、その前に二人が訪れた被服部では、シャロが着せられた可愛い洋服を着たそうにしていたリゼがとっても可愛いと思いました。
軍用の制服姿のリゼも、可愛い洋服を着たリゼもどちらもご褒美ですが、髪のまとめ方をはじめ、一番リゼ先輩を見ているのは私なんだからとアピールしてしまうシャロにキュンキュンしました。

さて後半は、夏休みの申し子になったココアがみんなを遊びに誘いますが、チノはボトルシップの製作、リゼは明日の用意で忙しいとのことで、折り悪くぼっち展開に陥ってしまいました。
そして翌日、みんな一緒に山へ遊びに行こうと云うリゼのお誘いの手紙をポッケにしまったきりのココアが引きこもってしまいましたが、チノの呼びかけで元気な笑顔を見せてくれましたね。

次回では山で過ごすチノたちが描かれるんでしょうか。
楽しいお休みを満喫する彼女たちを思い浮かべるだけで癒されてしまいそうですが、兎も角も残り数話となったごちうさの次回を楽しみに待ちたいと思います。


20151213031101807.jpg
20151213031103437.jpg

TB先 http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-4459.html
http://arpus.blog121.fc2com/blog-entry-3259.html
関連記事

タイトル画像

落第騎士の英雄譚 第11話「無冠の剣王I」感想

2015.12.13(02:47)

20151213005505465.jpg

刀華会長はスカートが仕事しない親しみやすいおねえちゃんだった。
相手の本心を察知する力をあっさり一輝にネタバレする彼女は本当に強いと思います。


生徒会からの呼び出しに応えて刀華たちの元を訪れた一輝とステラ。
そこにはいきなり蹴躓く刀華のおパンツ全開が待っていましたが、スタッフさんによるおパンツの描き込みが半端なかったですね。
今までのアニメでは見た事もないリアルな線使いだったと思います。

さておき、施設の子供たちと生徒会メンバーの交流に加わる事となった一輝は、泡沫(うたかた)からかつて刀華が施設の荒れていた少年の心を諦めずにすくい上げた事を聞かされ、雷切や能力といったもの以上の彼女の本当の強さの源を感じることになりました。

そして、翻って彼は自分の強さは何処から来ているのだろうと漠然とした想いを覚えるのですが、ここに黒鉄家の分家である赤座の嫌がらせが絡んで大変な事態へと進んで行ってしまいましたね。

アバンで体力やいろんなものを持て余してるステラが急にモジモジし出した様子に、これは何かを求めてるサインだと思った途端、良い雰囲気でキスし始める二人にニヤニヤしてしまいますが、その現場をカメラで捉えられたところから、既に難儀な攻め苦が始まっていたようです。

思えばステラは国賓であるヴァーミリオン皇国のお姫様ですから、この写真一枚だけでも国際問題になりかねないところですが、それをもって有無を言わさず魔導騎士連盟の査問会に引っばって行く赤座はかなりのゲスと言ったところでしょうか。

睡眠時間を削られ、その上選抜戦の試合までさせられる一輝は、その疲労に心が折れそうになりますが、ここでステラの想いが込められた赤髪が彼を鼓舞してくれるのはちょっぴり目頭が熱くなってしまいました。
届けてくれた寧音先生はじめ、理事長や珠雫が裏に表に一輝とステラのために力を尽くしてくれるのが、今回のお話の救いになっていたと思います。

しかしそれでも一輝の父親は彼の心をポッキリと折りに来ますが、さて、本当は自分の事を父親に認められたいと云う想いが自分の強さの源だと知った一輝は、それ以上の強さの源を何処に見つけることになるんでしょうね。

選抜戦残り4試合となった今、藤堂刀華に勝つことが査問からの開放条件として提示され、それを了承した一輝ですが、相手となる刀華とは、もっとスッキリした状況で勝負して欲しかったところですね。
しかし、戦うと超絶堂々たる刀華が、その戦いをもって暗雲を切り払ってくれるのを期待して、一輝VS刀華の一戦を楽しみにしたいと思います。

そしておそらく、刀華は手加減などしないと容易に想像がつくのがこの落第騎士の英雄譚の面白いところですが、
強さとは、そしてその源となるものは何であるのか、次回をわくわくしながら待ちたいと思います。


20151213005601867.jpg

Tb先 http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-3262.html
関連記事

タイトル画像

ヤング ブラック・ジャック 第11話「無残帳 その3」感想

2015.12.12(23:41)

20151211090601646.jpg

どろろの百鬼丸と同じく、百樹先生も何処かへ行ってしまうんでしょうね。

生きて下さいとオベをする黒男が、やがて無免許天才外科医へとなる入り口に立ったのを感じるエピソードでした。
権威に興味無く、患者の命を救う事に文字通り命をかけるBJの怒りの原点を見た気がしますが、今でこそ大阪で医学会によるアニメイベントを催される事になったこのブラック・ジャックと云う作品も、かつては当時の医師会や一部の世相へのアンチテーゼを含んだものだったと記憶しています。

さておき、百樹先生の義肢のギミックが如何にも百鬼丸ぽくて怖いくらいに鬼気迫るものがあったのは、どろろ好きとしては嬉しいところでした。
途中屋上からぶら下がる彼の表情がまんまホラーしてましたが、その辺りもどろろ的に良かったと思います。

そして一番印象的だったのは、もう法廷で戦う事もしないと自らの罪を受け、死に逝こうと望む百樹先生に向かって生きて下さいと言う黒男のシーンでしたね。
それは彼自身が命を救われて以降の生き様そのものでもあるし、たとえ寿命であったとしても、そして患者自らが望んだものだったとしても、助けられない事への怒り、命そのものが失われる事への怒りから来た言葉ではなかったかと思います。

そういう意味で原点のブラック・ジャックの若き日の心のキビを良く描いていると思いますが、ナレーションで黒男をついにブラック・ジャックと呼んだように、百樹先生との出会いが彼にもたらしたものは今後に大きく影響するものだったのを感じました。

ともかくも、次回は手塚先生による女の子に人気のあったリボンの騎士のサファイアちゃんが登場ですね。
当時リアルタイムで見ていた方は50代後半くらいだと思いますが、スターシステムによってどんな姿を持って描かれるのか、楽しみにしながら次回の放送を待ちたいと思います。
個人的にはジャングル大帝関係もチラッと出て来てくれると嬉しいんですが、いよいよワンクールの佳境を迎えるヤング ブラック・ジャックに期待ですね。


20151211091101383.jpg
関連記事

タイトル画像

ハッカドール THE あにめ~しょん 第11話「声優警察出動だ!」感想

2015.12.12(22:35)

20151212221701431.jpg

たまに本気出す3号ちゃんが熱い!
声優ファンの実態と願いを余すところなく描いたの…かな?


ミス・モノクロームさんも友情出演した今回。
声優のゆっぴーにプレゼントを渡したいファンを捗らせるためにハッカドールちゃんたちが頑張りました。
某姫とあやひ、そして福圓さんとはやみんの熱烈なファンである私にとってはどストライクなネタでしたが、まさかコンサートで引退(お休み)宣言を聞く事になるとは、なんともショックな展開でした。

まめぐのラストコンサートの時の想いとダブってしまって、涙を流すファンの男性になんだか目が潤んでしまいましたが、そこからのハッカドールちゃんたちの頑張りが熱かったですね。

そしてプレゼントを差し伸べるように倒れこんだファンに向かってありがとうと言うゆっぴーに救われた感じですが、往生するまで頑張ってはいけませんね。
燃え尽きちゃったカットは明日のジョーのパロですが、唐突に始まる3号ちゃんエンドに声優ファンの闇を感じずにはいられませんでした。

ひょっとしてあのオチはすごいブラックジョークだったんでしょうか、迷惑をかけない程度のファンでありたいと思います。次回に期待ですね。


20151212221501733.jpg
関連記事

2015年12月

  1. ノラガミ ARAGOTO 第13話最終回「福の神の言伝」感想(12/30)
  2. あにトレ!EX 第12話「ばいたる☆エクササイズ!もっと笑顔!!」感想(12/29)
  3. ご注文はうさぎですか?? 第12話最終回「宝物は君の決定的瞬間」感想(12/27)
  4. ノラガミ ARAGOTO 第12話「君の呼ぶ声」感想(12/26)
  5. ハッカドール THE あにめ~しょん 第13話最終回「ハッカドールにコミケもおまかせですっ」感想(12/26)
  6. ヘヴィーオブジェクト 第12話「二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦III」感想(12/26)
  7. 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第12話最終回「不束者ですが、末永くお願いいたします」感想(12/25)
  8. 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。OVAクリスマススペシャル「みんなでお祝いしてみた。」感想(12/25)
  9. 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第12話最後回「櫻子さんの足下には…」感想(12/24)
  10. 緋弾のアリアAA 第12話「二人のA」感想(12/23)
  11. あにトレ!EX 第11話「ゆったり太極拳!体幹、鍛えるんだから!!」感想(12/22)
  12. コメット・ルシファー 第12話最終回「星と少年」感想(12/21)
  13. うたわれるもの 偽りの仮面 第12話「鎖の巫」感想(12/20)
  14. ご注文はうさぎですか?? 第11話「スターダスト・マイムマイム」感想(12/20)
  15. 落第騎士の英雄譚 第12話最終回「無冠の剣王II」感想(加筆修正版)(12/20)
  16. ノラガミ ARAGOTO 第11話「黄泉返り」感想(12/19)
  17. ヘヴィーオブジェクト 第11話「二人三脚登山は命懸けで イグアス山岳砲撃戦II」感想(12/19)
  18. ハッカドール THE あにめ~しょん 第12話「魔法少女 Lovely Hurt」感想(12/19)
  19. 普通の女子高生が【ろこどる】やってみた。OVAクリスマススペシャル「みんなでお祝いしてみた。」がTBS、BS-TBSで放送!!早く来い来いクリスマス!!(12/18)
  20. ヤング ブラック・ジャック 第12話最終回「狂騒の季節」感想(12/18)
  21. 俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件 第11話「公人様の見ていた空はこうではありませんの?」感想(12/18)
  22. 櫻子さんの足下には死体が埋まっている 第11話「蝶は十一月に消えた (後編)」感想(12/18)
  23. 緋弾のアリアAA 第11話「決戦」感想(12/16)
  24. あにトレ!EX 第10話「Let's Go スポーツジム! 楽しくエクササイズ!!」感想(12/15)
  25. コメット・ルシファー 第11話「堕ちた天使」感想(12/14)
  26. うたわれるもの 偽りの仮面 第11話「皇女の火遊び」感想(12/13)
  27. ご注文はうさぎですか?? 第10話「Eを探す日常」感想(12/13)
  28. 落第騎士の英雄譚 第11話「無冠の剣王I」感想(12/13)
  29. ヤング ブラック・ジャック 第11話「無残帳 その3」感想(12/12)
  30. ハッカドール THE あにめ~しょん 第11話「声優警察出動だ!」感想(12/12)
次のページ