二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 04/06

アニメミライ2015【アキの奏で】感想

癒されて明日も頑張ろうと思えるアニメ。アキの奏で面白かった!

若手アニメーター等人材育成事業から産まれてくるアニメミライの作品たち。
今日はその中から先日MBSとアニマックスで放送された“アキの奏で”のレビューをしたいと思います。
女の子たちの表情も可愛いし、アキの故郷の風景を観てるだけでもリラックスした気持ちになる作品でした。

2015040621370392.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
東京に来て10年、子供の頃からの夢であった太鼓奏者として活動しているアキ。
だが現実は厳しく、演奏活動とアルバイトの二重生活。先の見えない日々を悶々と過ごしていた。
そんな時、アキの所に一本の電話が鳴る。
15年ぶりに復活する事になった太鼓祭りの為に、帰ってきて技術指導をしてもらえないかと。

20150406213702409.jpg

これからもこういう作品が産まれ続けてほしい。

和太皷を演奏する動きがとても印象に残りました。
夢の実現に頑張りながらも現実が立ちふさがるところ、そしてアキの上京を認めてない様子の父親が描かれていますが、それに対するアキの不安や切なさを打ち払うような演奏のシーンだったと思います。

ストーリーはアキの帰郷から、彼女が幼い頃和太皷に惹かれたきっかけや学生時代の部活動へと遡っていきます。

そして台風被害の影響で太皷の演奏が催される祭りがずっと行われていなかった事に、心の何処で悶々とし続けていたアキが、かつて演奏指導をしてくれていた先生との再会をきっかけに、再びお祭りを開催し、太皷をみんなで演奏しようと走り出すところは、とても丁寧に描かれていますね。

そんな中での友達たちの笑顔や、練習や学祭発表に取り組む真剣な表情が、観ていてとても心地よかったし、時を経て訪れる物語の締めくくりにほろっとする事にもつながっていったと思います。

一番はアキのお父さんが、祭りの舞台に立って演奏するアキを観に来てくれたところなんでしょうけど、そこへと至る物語が心と涙腺を揺さぶるラストへと導いてくれました。

鳴り響く和太皷の音色と嬉しそうなアキを観ていると、明日も頑張ろうと思えてきますね。
とても良い作品でした。そしてこういう作品がこれからも産まれてくるのを期待したいと思います。


関連記事

この記事と関連する記事

アニメミライ2015【アキの奏で】感想

アニメミライ

スレッドテーマ : アニメ・感想 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「ハロー!!きんいろモザイク 第1話「はるがきたっ」感想

BEFORE「プラスティック・メモリーズ 第1話「はじめてのパートナー」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top