二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 04/13

アニメミライ2015【音楽少女】感想

ストーリーもよくできてるし、音楽少女のハルと絵里がとっても可愛かったです。

Cosmic recordによるキャラソンCDプロジェクトである音楽少女の映像化作品ですね。
公式サイトのWEB連載やニコニコ動画でのボイスドラマ、そして2013年以降には音楽CDとアルバムも発売されています。

そして今回は、アニメミライ2015という場を得て、アニメーションにもなったわけですが、制作がスタジオディーンさんという事もあって、ハルと絵里がとても可愛く描かれていて、ストーリーもよく纏まった、楽しく、少女たちにとても共感を覚える作品になっていたと思います。

もし、公式の三人目の音楽少女・竜王更沙も登場させて、深夜アニメとして放送したら、かなりの人気作になるんじゃないでしょうか。
そんな未来を期待させるストーリーと可愛さがある作品でした。
20150413083602701.jpg
あらすじ(公式サイトから引用)
ーーその日、少女は音楽と出会った。
謎のハイテンション高校生、千歳ハル。スーパーインドア派少女、熊谷絵里。
その邂逅は二人の日常を変えてゆく。
踏み出したその先に、少女たちが見い出したものとは……。

20150413083601754.jpg

絵里の幼馴染、中山さくらの使い方が上手い。
フリーダムで元気なハルと、人前でアガってしまう絵里の間を、ふんわりとつなげていくさくらもいいキャラしてました。


さくらは癒し度というか、包容力の高い娘ですね。
ハルが絵里のアガってしまうところをほぐそうとしていたのか、それともただ彼女らしく絵里に接していただけなのかは明確になっていませんが、ハルの言動や気持ちを理解して、絵里に伝えていったのがさくらだったと思います。

表向きは絵里が不器用な感じですが、どうしてどうしてハルも意外にストレートに気持ちを伝えられない不器用さがあるっぽいですね。
そんな二人の間に中山さくらが居てくれたことが、歌のステージに一緒に立つという未来をハルと絵里に引き寄せてくれたんだと思いました。
正直二人だけではどうなっていたかわからない感じでしたが、幼馴染のさくらがストーリーも癒しも底上げしてくれた感じですね。

さておき、歌いながらダンスもお披露目するのは、こういった作品の楽しみな部分ですね。
そして、アニメミライさすがでした。
ある事が原因でステージに現れない絵里の秘密の写真を会場に公開し始めたハルに、するどいツッコミ(物理)入れる絵里の登場。
その後始まる歌と柔らかいダンスの動き、そして楽しそうな表情に目を惹かれていく感じでした。
中でも印象的だったのは、指先の動きまで丁寧に作画されて動いていたところでした。

やがて歌とダンスと共にエンドロールが流れ出し、そんな王道の締めくくりを迎えた音楽少女のアニメーションは、今年の観て損はないオススメの作品のひとつだと思いました。


20150413083603427.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

アニメミライ2015【音楽少女】感想

アニメミライ

スレッドテーマ : アニメ・感想 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「ハロー!!きんいろモザイク 第2話「プレゼント・フォー・ユー」感想

BEFORE「Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第14話「コルキスの王女」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top