二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 04/23

放課後のプレアデス 第1話「流星予報: 雨時々流れ星」/ 第2話「星めぐりの歌」感想

20150421075602460.jpg

星空が美しくて女の子たちが可愛いのはYouTube版と変わらない癒しをくれますね。
そして落ち着いた演出と、ゆっくりと積み重ねられていくストーリーに平穏さを感じ、観ていてとても心地よい作品だと思いました。
今期はこれで視聴する作品は10作品になりましたが、やっぱりこういう癒しとかハートフル成分多めのものが好きですね。

さて、初回と2話目を観て印象的だったのは、登校中のすばるが、他校に進学してしまった違う制服を着たあおいとすれ違うところでした。
そしてあおいの方は全くすばるに気づかない様子でしたが、やがてすばるが魔法少女の集まりに加わり、並行世界のあおいと出会ったことで、2話ではあおいの着ている制服が同じものになっていました。

この2人が同じクラスにいる時間軸では、他校に進学した事象自体が無くなっていて、同じ下駄箱や机を使おうとする彼女たちの様子にほっこりしますね。
どこかから机を運んでくるいつきのオチが、ちょっぴり力技な感じでしたが、いつきの元気そうな笑顔にそれもアリかなと思ってしまいます。

ただ気になるのは、宇宙船のエンジンを集めるために力を貸してくれる女の子を、プレアデス星人は一人しか呼び出す力は無いと言っているのに、何故5人の女の子が同じクラスと同じ机、そして同じ時間軸に集まってしまったのかというところです。

そして、それぞれに異なる時間軸での記憶そのままに、すばるとあおいはお互い相手が違う学校へと進学して行った経験をしていて、それがとても寂しかったという気持ちをぶつけ合うことになってしまいましたね。

しかし、すばるはあおいがあおいであればいい。
あおいはすばるがすばるであれば良かったんですね。
異なる時間軸でどんな事がお互いにあったとしても、2人は引き合っていたんじゃないでしょうか。

二連星のような宇宙船の輝くエンジンの光が、2つの軌跡を絡ませながら上昇し、やがてそっと触れ合ったのは、頬を寄せ合ったすばるとあおいの気持ちそのものだったと思います。
高々度の世界が醸し出す、静けさと安堵に包まれた2人に心が緩んでしまいますね。

さておき、今のところすばるとあおいの2人を中心に、世界観の説明もしながらお話が進んでいる感じですが、各個人の掘り下げや、すばるとみなとの関係がYouTube版以上に描かれる事に期待してます。
そして星空が相変わらず美しく、女の子たちが可愛く描かれているので、尺が増えたのはとても嬉しいことですね。
このままの絵と雰囲気で最後まで行ってほしいと思います。放課後のプレアデスの次回に期待です。


20150421075502541.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

放課後のプレアデス 第1話「流星予報: 雨時々流れ星」/ 第2話「星めぐりの歌」感想

放課後のプレアデス

スレッドテーマ : 放課後のプレアデス ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(1)

AFTER「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン 第2話「マシン・オブ・ヴェンジェンス」感想

BEFORE「響け!ユーフォニアム 第3話「はじめてアンサンブル」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第2話 星めぐりの歌 あおいと出会って一緒に登校するすばる。あおいはバスで登校していたはずなのに。しかも同じクラスで同じ机。いつきが机を持ってきて隣同士になる。今までと同じ世界だけれども少し違う世界だった。ひかるやななこも同じクラスの世界だった。過去にも同じような変化があり、いつきがいつも 机を持参してきたらしい。 会長が呼び出せる魔法少女は一人のはず。それが5人も集まったのは、もしかしたら...

    ぬる~くまったりと 2015/04/24

Top