二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 05/03

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第17話「暗剣、牙を剥く」感想

ロー・アイアス、その熾天覆う七つの円環をゲイボルグが穿つ。
アーチャーVSランサー、その戦いはやがて大爆発へと至る熱いバトルだった。


二人の戦いが存分に楽しめる戦闘パートでしたね。
なかでも七つの円環を思わせるロー・アイアスの新しい描写や、破裂する槍の名に恥じぬ爆発は印象的でしたが、二人の近接戦闘でのせめぎ合いが、ランサーが上方から攻めていたり、最初の二人の対決とは逆の位置関係になっていたところがあって、バトルシーンへのこだわりというか、よく作ってあるなって思いました。

さておき、近接戦闘があのまま続いていれば100%ランサーが勝利したと思いますが、必中であるはずのゲイボルグはアーチャーを絶命せしめる箇所を完全に狙っていたんでしょうか。

たしかランサーは凛とアーチャーを退場させない約束をしていた記憶がありますが、アーチャーの煽りに乗って宝具を放ったのも、勝利確実な近接戦闘を打ち切ったのも、その約束と彼の人となりによるものだったと思えてきますね。
手加減せずともギリギリアーチャーが躱すのを見越しての展開だったんじゃないでしょうか。
この戦いでランサーがさらにカッコよく見えてきました。まさに心技体揃ったサーヴァントですね。

20150503023203764.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
激突するアーチャーとランサー。拮抗する戦いの中、必殺の宝具を放つランサーに、アーチャーは自分の持ち得る最強の盾で応戦する。
一方、士郎と凛はキャスターとの決着をつけるべく再び戦いを挑む。
埋まらぬ実力差で窮地に陥るが、凛はとある奇策を隠していた。

20150503023202309.jpg

キャスター、その真名はナディア。その愛は純粋。
できれば宗一郎さんときゃっきゃウフフな新婚生活を営んで欲しかった…。


言峰譲りの八極拳でキャスターの意表を突く凛を、どこか微笑ましく見てしまうのは彼女の絶対領域がチラチラするせいですね。
横たわるセイバーさんといい、凛ちゃんといい、絶対におパンツは見えないんだから、もう。

しかしキャスターの生きた時代に拳法使う魔法使いが居なかったという虚を突いたものの、宗一郎の見たてによれば一撃が軽いので倒しきれなかったというところでしょうか。
突然のアーチャーの暗剣により、串刺しエンドを迎えてしまったキャスターですが、アーチャーははじめから彼女が庇う事を見越して宗一郎を狙ったとしか見えないですね。

これは凛にも良く思われないだろうし、ましてや士郎には絶望的に嫌われるやり方だったんじゃないでしょうか。
名より実を取るアーチャーにしたら、そんなの犬に食わせておけと言われそうですが、翻ってセイバーを刺さない程度に飛ばした剣で、士郎を煽ったとしか思えませんね。

そして、彼の目的が凛の手助けをする事と、士郎を直接退場させたいというものである以上、ここで決着つける腹づもりですね。
一方、士郎の方も、剣を虚空から飛ばしたアーチャーのその瞬間の言葉を聞いて彼の正体に気づいたことでしょう。
事態はこのまま、士郎VSアーチャーへと駒を進めるのが避けられないようです。
二人の関係、士郎の投影と強化、そしてなぜこうもアーチャーは士郎を嫌うのか、その核心に迫るだろう次回に期待したいと思います。


2015050302330232.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 第17話「暗剣、牙を剥く」感想

Fate/staynight

スレッドテーマ : Fate/stay night ジャンル : アニメ・コミック

(2)TB(4)

AFTER「プラスティック・メモリーズ 第5話「守りたかった約束」感想

BEFORE「シドニアの騎士 第九惑星戦役 第4話「激昂」感想

COMMENT

  • No.257 No title

    ランサーにとっての手加減とは手を抜くのではなく、「運良く死ななかったらとどめは勘弁してやる」というもので、
    要は、凜のところに連れていくまで息をしていればいいだろう、という考えでした。
    強者との全力勝負を望みながら、令呪のせいで一度もそれが叶わなかったランサーにとっての最大限の譲歩です。

    ランサーの正体であるクー・フーリンは誇りを重んじる男であり、「クランの猛犬」の異名を持つ英雄です。
    また自分が殺してしまった猛犬の代わりに番犬を務めるという逸話があり、「犬」の意味を持つ「クー」は当時のケルトの世界で「勇気と美の象徴」と言われていたらしいです。
    そんなわけで、ランサーは誇りを否定し、「犬」を悪い意味で使われるのが我慢ならないのです。

    投稿者: 2015/05/04 (月) 20:55
  • No.258 No title

    こんばんは。ランサーの真意がよくわかるコメントありがとうございます。
    クーが勇気と美の象徴というのは、ランサーに合ってていい感じですね。

    投稿者:甘エビ 2015/05/05 (火) 00:06

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 評価 ★★★           助けてよしんじ・・・ _____orz___           しんじぃー・・・!! _____or2___   ○  らぁぁぁぁぁぁぁんさー!   |||         !? _ノ 从____or2___          

    パンがなければイナゴを食べればいいじゃない 2015/05/06
  • ランサーVSアーチャー、思ったより短かった こんだけ引っ張っておいてキャスターと葛木先生の退場、あっけなかった 短く感じたのはそれだけスピード感があって面白かったからかな…。 第二期はひょっとしてバトルよりも会話劇の方に重きを置く予定なのかも…しれませんね。 まだ5月1週目でだいぶ余裕もありそうなので、長々と会話シーンを出す予定なのかもしれません。 あ、それともオリジナル要...

    きまぐれひまつぶし雑記帳 2015/05/04
  • 第17話 暗剣、牙を剥く 公式サイトから激突するアーチャーとランサー。拮抗する戦いの中、必殺の宝具を放つランサーに、アーチャーは自身の持ちうる最強の盾で応戦する。一方、士郎と凛はキャスターとの決着をつけるべく再び戦いを挑む。埋まらぬ実力差で窮地に陥るが、凛はとある奇策を隠していた。 葛木には人としての欲望がなかった。非人間として扱われ、一人の人間の命を奪った。それは指示されて行った機械的な殺...

    ぬる~くまったりと 2015/05/03
  • 今週も無理やり日本語挟みますけれど、無駄にTBがはじかれることが多いFate/s

    藍麦のああなんだかなぁ 2015/05/03

Top