二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 06/19

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 第10話「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ Part.2」感想

ナンシー=サンのヒロインアトモスフィアが弾ける、めまぐるしくもチャドー勝利の回だった。

愛嬌溢れるノトーリアスがEDで退場扱いになってしまったことに驚きしたが、ナンシー=サンを嫁にし隊のサワタリが彼をどうにかしてくれる希望は捨てないでおこうと思います。
ここ数話、面白いアクションと口上で楽しませてくれたサヴァイヴァー・ドウジョーが好きになっちゃったし、彼らの登場するエピソードが後半のクールでもあると嬉しいです。

さておき、シチョウシャのリピドーを激しく刺激するナンシーの危ういシーンに、今回もまた繰り返して見ることになりそうですが、急きょログインしたニンジャスレイヤーにいいところで救われましたね。

そして、彼がダイダロスに気づかれないようにログインしたのはニンジャの力ではなく、フジキドの会社員だった頃のスキルによるものだったんでしょうか。
ただ純粋に、目の前で苦悶するナンシーを救いたい。
そんな気持ちが、彼をニンジャスレイヤーの主人公たらしめているところが面白いですね。

20150619004402558.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
対ニンジャ生物兵器「タケウチ・ウィルス」の解毒剤を求め、ヨロシサン製薬のユタンポ・プラントに侵入したニンジャスレイヤーとナンシー。
彼らの前に立ちふさがったのは、四本の腕を持つバイオニンジャのノトーリアス、そして再び現れたフォレスト・サワタリであった。
さらに、電脳IRC空間ではナンシー・リーが再びダイダロスによる襲撃を受け、ピンチへと陥る!
急げ!ニンジャスレイヤー! 急げ!今はKICKあるのみ!

20150619004401645.jpg

電脳IRC空間に遺されたホゼの想い。
今は亡き相棒からのお茶が、ナンシーにタヌキの謎を解かせるくだりに、ほろっとしました。


子供のなぞなぞみたいな暗号解きでしたが、チャシツめいた空間と鎧武者が織りなす雰囲気がチャドーっぽくていい感じでしたね。
ナンシーが作法に則って茶を飲むシーンの静けさも相まって、それまでの喧騒が嘘のように引いていくのを覚えましたが、これがこのニンジャスレイヤーのひとつの魅力なんでしょうか。

そして、全てが終わり、ナンシーを抱えてプラントを去っていくニンジャスレイヤーが、ただ今はナンシーと師を救いたいと改めて感じるところは、彼がフジキドという人間の部分をけっして失っていない証拠でもあったし。
常に疑念を晴らすことができなかったナンシーとの距離も、限りなく近いものになったことの現れでしたね。

ニンジャ殺すべしというナラクに飲み込まれそうになるのを血の涙を流しながら耐えてきたフジキドは、師を得て、ナンシーと出会い、さらに強くなったんじゃないでしょうか。
そんな彼が、ここからどんな活躍を見せてくれるのか、とても楽しみに思います。
ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン、次回も期待ですね。
関連記事

この記事と関連する記事

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 第10話「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ Part.2」感想

ニンジャスレイヤー

スレッドテーマ : アニメ・感想 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「放課後のプレアデス 第11話「最後の光と彼の名前」感想

BEFORE「響け!ユーフォニアム 第11話「おかえりオーディション」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top