二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 06/19

放課後のプレアデス 第11話「最後の光と彼の名前」感想

星が二人を導くなら、きっと会えるはず。

すばるは会長が見えなくなった時に、みなと君がもうどこにも居ないことを認めてしまったんでしょうか。
そして会長から送られていた魔法を使えるという力を失った時点で、可能性を求めるのは終わり、どんなものにもなれる段階から、なるべきものを選び終わった時点に入ったようにも見えましたが、彼女の髪留めにはみなと君の可能性である星が宿っていたようです。

みなと君の星は、会長の力とは別のもので、かつて彼の元にプレアデス星人を呼び寄せたものだと思いますが、その元々彼が持っていた可能性=星が、悲しみに折れそうなすばるを再び導いてくれたのではないでしょうか。
庭園で彼の同級生が現れたり、あおいの一言ですばるの居る時空が変わったのも、親友が揺さぶってくれた彼女の深いところの想いとみなと君の星が、まだ可能性は残っていたことを知らせてくれたように感じました。

あとはすばるがその導きに一直線に進んで行ったと思いますが、すばるの元々の時空世界に居るベッドから動けないみなと君に、これから何が起こるのか、たまらなく楽しみになってきました。
なにものにもなれるなら、二人にはしあわせになってほしいと思います。

2015061902300287.jpg

あらすじ : みなと君が目の前で消えてしまったすばるは、その寂しさを認められないでいた。
会長が見えなくなっても、自販機からいちご牛乳の姿が無くなってしまおうとも、彼女はあの庭園に残された花を探しに花壇へと向かっていく。
そんな時、ふと現れたみなと君の同級生が、すばるといつも一緒に花壇の世話をしていた少年の姿が見えないと、不思議そうに話しかけてくるのだった。

そして、すばるは雑草の茂る中、あの花を見つける…。

20150619022901711.jpg

魔法衣装交換は指輪の交換と同じ意味になっていくのかも。
自分の可能性をすばるの願いに差し出したみなと君は絶対に連れ戻さないといけないと思う。


幼い頃にそれぞれの居た時空で出会い、ベッドから星を見た二人。
みなと君とすばるが、星と星を交換していたのは、みなと君が会長と出会っていた時空世界の方だと思いますが、だとすると元々すばるには時空を超えて扉を開ける力があって、あらゆる可能性を集めてより良い未来へとみんなを導く役割があるのかもしれませんね。

可能性を統べてそれらを練り合わせ、輝きをましたところで持ち主に返していく、そのための扉を開ける力が彼女にはあったように思いますが、あおいたちのエピソードも含め、作中様々な時空が交差したり、タイムパラドクスをはじめ同時に描かれてきたのは、すばるの元々持っていた力によるもののように思えてきました。

今回、あおいの一言ですばるの居る時空が突然変わったのは、見ていてとても面白かったですが、そのすばるの力とみなと君の星が同時に彼女の元にあることで、それぞれが進んでいる時空がより濃密に重なったのではないかと思います。
そして、それがみなと君との再会という奇跡を呼び込み、あおいたちも含めて、いくつもの線であった時空がひとつに交わったのではないでしょうか。

起き上がることのできないみなと君も、角マントとなって消えようとするみなと君も、そこには同時に存在し。
離れて行ったあおいも、頬をくっつけてくるあおいも、同じくそこに同時に存在し。
ここから未来に向けて進み出していくのだと思いました。
女の子たちは、どうしたいか、どうありたいかについてはほとんど決まってきているので、あとはまだ消えるとか言ってるみなと君だけですね。

宇宙にあまねく存在する黒のエネルギーを使えそうなすばるが、宇宙の果てのその先まで、みなと君を追って行くんでしょうか。
スケール半端ないSF世界描写の中、すばるがみなと君にこれから何をするのかめっちゃ楽しみに思います。

結婚式が済んでも、子どもみたいに駄々こねてどっか遊びに行こうとするお婿さんを、ひっ捕まえてラブラブするお嫁さんのようなすばるを見てみたいと思いますが、
みなと君が立ったー!まで行くハッピーエンドになってくれると嬉しいですね。
兎も角も、最終話の放課後のプレアデスを楽しみに待ちたいと思います。

関連記事

この記事と関連する記事

放課後のプレアデス 第11話「最後の光と彼の名前」感想

放課後のプレアデス

スレッドテーマ : 放課後のプレアデス ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(4)

AFTER「えとたま 第11話「猫鼠異道(びょうそいどう)」感想

BEFORE「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 第10話「ワン・ミニット・ビフォア・ザ・タヌキ Part.2」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 放課後のプレアデス 第11話「最後の光と彼の名前」です。 この春アニメの中の自分

    藍麦のああなんだかなぁ 2015/06/19
  • 第11話 最後の光と彼の名前 12個のカケラと共に戻ったすばるが目覚める。しかし会長の姿が見えない、変身もできない。すばるが何者かになってしまったからだ。もう元には戻らない。 文化祭、霜月祭が始まるから楽しもう。折角全員で準備したのだから、コスプレ部と天文部で忙しい5人。すばるが成長したと喜ぶ父親、でも変われないと泣くすばるだった。雨で後夜祭は体育館で開催となる。 流星予報、最後の欠片が発見...

    ぬる~くまったりと 2015/06/19
  • 放課後のプレアデス 第11話『最後の光と彼の名前』 感想(画像付) 可能性を失くして魔法の使えなくなったすばる…。 カケラを追うあおいたちは光速を超えて、銀河の外へ! さらに別の銀河群へ…。  いったいどこまでスケール広がってくの?(笑)  

    空 と 夏 の 間 ... 2015/06/19
  • 評価 ★★★ 変わりたいから魔法使いになったんだ!     

    パンがなければイナゴを食べればいいじゃない 2015/06/19

Top