二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 06/19

えとたま 第11話「猫鼠異道(びょうそいどう)」感想

チュウたん寂しかったのか。自由気ままな猫をつい追いかけてたんですね。

担当地方を護る干支神になって、いくらソルラルを得ようとも他の干支神の相談を聞いたり、大好きなにゃ~たんにかまってもらえないでは、闇落ちしても仕方ないと思えますね。
ただなぜそこまでチュウたんが行ってしまったかについては、干支神選びの競争の時点で、神様の罰を受けるかもしれないと言っていたにゃ~たんの言葉が気にかかります。

地方を護ることと、にゃ~たんが旅の勇者のように八岐大蛇や鵺を倒して回っていたことは、2000年前の世界にとって両方とも必要だったと思われ、干支神確実と目されていたにゃ~たんが、あえて神の呼びかけを無視して、世界の安定のためにその身を尽くしたと考えられます。

そして、そのにゃ~たんの考えを理解し、賛同したチュウたんが、作り話をしてまで悪役を買って出たというところでしょうか。
今二人が戦うことになったのは、そんな彼らへの神の罰であり、良質なソルラルを発するタケルがこの戦いを見守ることになっているのは、罰を受けた後、もしくは罰を乗り越えるための神の仕組みのひとつなのかもしれませんね。

神がなぜ二人を戦わせるのか、そしてチュウたんが決定的ににゃ~たんを憎む経過や理由の詳細については、最終話で描かれることになると思いますが、先ずは今回控えめだった3Dシーンの多そうな次回の映像にも期待したいと思います。

20150619043302349.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
もう転生できない!?モ~たんが消滅した事実を受け入れられないにゃ~たん。
モ~たんは最後の力を愛するにゃ~たんに託す。
一方、干支神たちも負のソルラルに呑まれんとするチュウたんを救おうと手を尽くすが…。

20150619042801908.jpg

ソルラルを吸われ続けると全裸になることが判明。
服着せるの早すぎ、もうちょっとドラたんのサービスカットが見たかったです。


ドラたんの後ろに大人に人気のある褐色シャアたんも寝そべってましたが、ここはコマ送りで確認するしかないですね。
そして、ごま油43℃に柚子胡椒はあったか麺に掛けたら美味しそうですが、にゃ~たんに飲ませたらどうなってしまうんでしょうね。
そんな楽しそうな場面がちょっと懐かしくなるシリアス多めの締め準備のエピソードでもありましたね。

しかしモーたんどんだけにゃ~たんLOVEなんでしょうか。
透けるのは服だけでいいのに、本体まで透けちゃって、チュウたんの干支魂の異常とか諸々情報を伝えていったり、消滅技をどうにかしようとしてくれたりと、尽くすタイプすぎて涙目になってしまうです。

そして、チュウたんの消滅技はなんとなく生成技にも転用できそうな感じなのもわかってきたので、全てが終わったら、激しいにゃ~たんLOVEを見せて欲しいと思います。

昔近所で牛を飼っていましたが、あのつぶらな瞳は本当に可愛いんです。
まんまる笑顔で、まんまるおっぱいを揺らしながらにゃ~たんに迫るモーたんをもう一度見たい!
そんな熱い期待をしつつ、次回最終話を楽しみにしたいと思います。


20150619042701639.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

えとたま 第11話「猫鼠異道(びょうそいどう)」感想

えとたま

スレッドテーマ : えとたま ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(2)

AFTER「レーカン! 第12話「みんな、つながっているんです。」感想

BEFORE「放課後のプレアデス 第11話「最後の光と彼の名前」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 評価 ★★★☆ 健康であれば、世界は平和だ!             

    パンがなければイナゴを食べればいいじゃない 2015/06/23
  • 第拾壱話 猫鼠異道 神からの特別な招集が干支娘に届く。第1回干支神選抜祭が開催され十二神が決定される。この頃、にゃ~たんとチュウたんは仲良しだった。しかし、選抜祭ににゃ~たんは出場しない、奴は我を謀った。 ドラたんがモーたんのソルラルを捜索するが見当たらない。干支魂を破壊されると転生は出来ない。モーたんのソルラルの残留思念が届く。失敗したよ。チュウたんにはモーたんが最後に暴走を封印するソルラ...

    ぬる~くまったりと 2015/06/19

Top