二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 07/24

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 第15話「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」感想

記憶を失いアムニジアとして生きるユカノ。
ラプチャー=サンの意志を継ぎ戦い続けようとする彼女もまた哀しきニンジャだった。


反企業レジスタンスを支援する革命的闘争組織イッキ・ウチコワシのエージェント、ラプチャーが登場。
その外見は日本のニンジャを思わせる出で立ちでしたが、彼がソウカイヤの爆撃から逃れつつも記憶を失ってしまったユカノを助けたんですね。

その胸は豊満であった。ユカノはラプチャーに一目惚れし、その後イッキ・ウチコワシのメンバーとして行動していたようですが、彼とお揃いの色に染め上げたニンジャ装束の網目から覗く豊満な肢体が目を奪いますね。
弓を射つ時は、あの胸にやっぱり当たってしまうんでしょうか、ヤモトさんやナンシー共々、個性溢れるヒロインたちがサツバツとしたストーリーに毎回花を添えてくれるのも見どころのひとつだと思います。

さておき、オムラ社の新型ロボニンジャのモーターヤブがレジスタンスを蹂躙し、爆発物を使うニンジャのエクスプロシブの前に、もはやなす術なしとなったところで、ニンジャスレイヤーが登場し、かけ蕎麦食べながら現れた時以来の興奮を覚えました。

そしてその後はニンジャスレイヤーのワザマエが派手に炸裂するまでもなく戦いは終わりを迎えますが、様々な出会いと別れ、そしてチャドーを身につけたことが彼をかなり強くしたんじゃないでしょうか。
サヨナラするエクスプロシブに向かって慈悲はないと言い切るニンジャスレイヤーに、やっぱり彼が登場すると更に面白くなるなって感じますね。

ラプチャーを失ったアムニジアが、今は喪にふくすとしたためた折り紙めいた手紙を読み、静かに何事かを書いた手紙を返すニンジャスレイヤーの胸中には如何なる想いが巡っていたのか。
悲哀とそれに負けぬ人の強さを感じさせるニンジャスレイヤーらしいストーリーが続いていますね。
人としての心をけっして失わないニンジャと、新たな道へと進むアムニジアに再びめぐり合う時が来るのを期待しつつ、次回を待ちたいと思います。

20150724040402321.jpg
BD/DVDの購入特典のイラストが公開されたり、ニコニコ動画で7月25日0時〜7月26日24時までの期間限定で15話までの配信済み話数全話が特別無料配信される予定になっていたりするそうですね。
興味のある方は公式サイトの方でご確認されると良いかと思います。
関連記事

この記事と関連する記事

ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン 第15話「スシ・ナイト・アット・ザ・バリケード」感想

ニンジャスレイヤー

スレッドテーマ : 2015年夏アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「がっこうぐらし! 第3話「あのとき」感想

BEFORE「六花の勇者 第3話「六花殺しの少女」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top