二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 08/18

赤髪の白雪姫 第7話「聞かせて、笑顔の旋律」感想

2015081802170287.jpg

ゼンの胸に自分から飛び込んじゃう白雪ちゃん。
メンタル強いと思われがちだけど、そっと抱かれて赤くなる彼女は可愛い乙女ですね。


一刻も早くゼンのそばに行きたい。そんな気持ちが彼女に木を登らせ、彼の胸の中へと飛び込ませたのでしょうか。
開始早々のラブラブ抱擁シーンにほわほわしながらも、突然熱いカップルが視界に飛び込んで来てしまった時のような気恥ずかしさを覚えましたが、やっぱりこれですよ、このアニメは。
二人が見つめ合ったり抱き合ったりするのを見ながら、見ちゃいられないとニヤニヤするのが楽しいですね。

そしてゼン。安心して可愛さMAXになった白雪を目の前にして、もう少し抱きしめていれば良かったとか、更に白雪ちゃんが赤くなるようなことを言って、ますます白雪ちゃんが仕事も恋も頑張ってしまうではないですか。

ただ白雪はゼンの役に立てる場所に居たいという気持ちが先に立って、彼に対する女の子としての気持ちにもうひとつ気づいてないようですが、恋の本番前夜の二人を今は楽しませて欲しいところですね。
そして、これから二人がお互いに対する気持ちに向き合って行くのを、ゆっくりと楽しんでいければ思います。

さておき、イザナ王子がすでに王様としての責任感と雰囲気を持ち、彼の有能さを感じさせるシーンが随所に見られましたが、彼はべつに白雪個人を嫌っているわけではないですね。
いずれ国を統べる者として、良からぬ風評を未然に防いだり、ゼンの第二王子としての立場に釣り合う相手を王室に迎えさせようというところなんでしょうけど、二人を引き離そうとしたことが、かえって二人の気持ちを強くしてしまいました。

デコチュウされても怯まない白雪。そして、話があると意を決した様子のゼン。
そんな二人を困った子たちだと微笑んだように洩らすイザナに懐の深さを感じましたが、同時に彼の怖さも感じられ、彼に認められたわけではない二人に、新たな壁が用意されそうな予感もしてきました。

そして一方では、お邪魔虫役をやらされ、そんな中でも白雪の優しさと強さに触れたラジ王子が、これからどんな役回りを演じることになって行くのか気になるところですが、
今回の事で、その身に一本芯が通り出した感のあるラジ王子の活躍に期待したいと思います。

ともあれ、次回はミツヒデのエピソードになりそうです
ゼンだけでなく、イザナにも信任厚そうな彼がどのようにしてゼンの従者であり友となったのか、次回を楽しみに待ちたいと思います。


20150818021201976.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

赤髪の白雪姫 第7話「聞かせて、笑顔の旋律」感想

赤髪の白雪姫

スレッドテーマ : 赤髪の白雪姫 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(1)

AFTER「のんのんびより りぴーと 第7話「思いきって飛び込んだ」感想

BEFORE「干物妹!うまるちゃん 第6話「うまるの誕生日」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第7話 聞かせて、笑顔の旋律 ゼンを探すが見当たらない。声が聞こえたからと白雪を呼ぶ。階上の前に会うために樹木を登る。ゼンに抱きつく白雪。兄に身の程を知れと暗に警告されたと思う。 兄を慕うゼン。17歳の誕生日に城が欲しいと言った。ある2つの国がイザナに近づいて贈り物を送ってきた。その両国の金で城を建設し始めた。両国は争って献金を増やし、遂には領民に重税を課し始めた。その現状を憂いて両国の者が...

    ぬる~くまったりと 2015/08/18

Top