二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 09/15

実は私は 第11話「夏祭りに行こう!」感想

20150915070701993.jpg

恋してる委員長可愛すぎ!
そして、なにがちゃうねん!葉子ちゃん!?


最終話を臨んで恋愛要素マシマシになってきた実は私は。
前回の委員長の(フクちゃん代行)告白を受けて、彼女と黒峰くんの恋を応援しようと目論んだ葉子は、みんなで出かけるはずの夏祭りを二人っきりのシチュエーションにすることに。

もちろん心配と見守りたい気持ちでいっぱいの葉子は、獅穂と連れ立って彼らの様子を物陰から覗いていますが、恋愛マスター獅穂はこれで良いのかなと葉子を心配してた感じでした。
そしてもれなく目の前で盛り上がる二人に、胸の苦しさを覚える葉子でしたが、応援するつもりが自分の本当の気持ちに心をノックされちゃったんでしょうか。

ますますラブな雰囲気に包まれる委員長と黒峰くんが見てて甘酸っぱいことしきりですが、葉子が黒峰くんを想ってると思い込んでる委員長がアクシデントに見舞われる中、彼への気持ちに抗えなくなり、彼の胸に顏をうずめてしまうのは委員長の可愛いところだと思います。

そして一方、それを見てしまった葉子の動揺はMAXな感じでしたが、その後学校でもそれを引きずってしまうのが茜の目に留まり、そこからは一気にギャグ展開へと転がって行きましたね。

その弄り方はまさに悪魔。分身を異なる人間に化けさせる能力に驚きましたが、ツノ葉子とツノ黒峰くんがラブラブしたりチューチューしようとしたり、そのしつこさと弄り方の発想に、まだやるのか!とおもわず笑ってしまいました。
弄られる葉子の方はもうライフは0よという感じでしたが、つい彼女の本当の気持ちが顔を覗かせるところはラストに向けてのお約束ですね。

ワンクールなので幼馴染のみかんはちょっと報われそうにないですが、その辺りも回収しつつ、自身の恋心を認めた委員長と、黒峰くんへの思いに気づく寸前の葉子が、とても可愛く感じるエピソードだったと思います。

そして、女の子たち誰もがどんな結末を迎えても前を向けるようなラストを迎えて欲しいですね。
ともあれ、黒峰くんの頑張りに期待しつつ、次回を楽しみに待ちたいと思います。


20150915070703300.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

実は私は 第11話「夏祭りに行こう!」感想

実は私は

スレッドテーマ : 実は私は ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(3)

AFTER「のんのんびより りぴーと 第11話「甘えんぼうになった」感想

BEFORE「赤髪の白雪姫 第11話「出会う…初めての色」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 実は私は 第11話『夏祭りに行こう!』 感想(画像付) 委員長メイン回! 朝陽への気持ちに気づいた渚ちゃんは、触覚が発光! 恋してる分かりやすい証拠(笑) もう委員長ルートで良いのにね…。 葉子の誘いで夏祭りにやって来た朝陽と渚。 だが、肝心の葉子は待合せに現れず、木陰で2人を見守っていた。 実はこの誘い、朝陽と渚をくっつけるための作戦だったのだ。 それに気付...

    空 と 夏 の 間 ... 2015/09/15
  • 実は私は、藍澤渚は、黒峰朝陽が好きなのだと 朝陽を好きな気持ちを認めたイインチョ、2度目の「実は私は」。まさかタイトルを正体バレだけでなく、こう使ってくるとは思ってなかったけど、良いね!w イインチョについてはここまでしっかり描写されてきたから、タイトルにリンクさせる演出と相まって感動すらあった。いや、マジ良かったすハイw そのイインチョに打ちのめされた葉子。現状では自分...

    悠遊自適 2015/09/15
  • 第11話 夏祭りに行こう! 夏祭りに誘われて来てみれば朝陽と渚だけ。白神と獅穂は現れない。みかんのメガネ、付喪神が告白したのは直ぐに否定した渚。でも白神は二人が好き合っていると勘違いして二人きりの 夏祭りを演出したのだった。 帰ろうと言う渚だが、浴衣を着てきた渚は期待してきたと思う。白神は屋台を食べ歩きしているはずだから探そう。実は物陰から隠れて二人を見張る白神と獅穂だった。気まずい二人は楽...

    ぬる~くまったりと 2015/09/15

Top