二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 09/17

六花の勇者 第11話「反攻」感想

20150917062702845.jpg

アドレットさん、そこちょっと代ってください。
豹変したナッシェタニアに上から見下ろされるのもいいかもしれない。


霧発生の謎解明まで進み、あとは霧幻結界の本当の発動方法と偽勇者の正体がアドレットから語られるのを待つばかりですが、チャモとハンスをどうして傷つけたのかとキレたナッシェタニアの魅力が急上昇というか、見ててゾクゾクしてます。

そしてアドレットを追い詰めていく彼女と、彼を逃がそうとするフレミー対ゴルドフのせめぎ合いのシーンはカットの変化が豊富で、迫力もあったんじゃないでしょうか。
ナッシェタニアの刃とアドレットがそれから逃れる動きと、フレミーの撃った弾丸をガチンと受け止めたゴルドフが急接近してくるところは特に面白かったと思います。

さておき、霧の発生については第9話の予想がほぼ合っていてホッとしましたが、もともと海から水分を多く含んだ空気が入りやすい土地である事を利用して太陽の聖者リウラに気温を上げさせ、放射冷却によって発生させたというものでした。

そして、追われてボロボロになったアドレットがそれを語ってくれましたが、彼が師匠から科学の手ほどきを受けていた事と、太陽の聖者リウラを知っていなければ、彼はこの解答にたどり着かなかったかもしれませんね。
しかしその事すらも、そしてリウラを飲み込んでいるだろう凶魔の場所に行き着いたのも、彼が世界最強の男だからこそ巡ってきた事象で、なるほど俺はやはり世界最強の男だと笑う彼がなんともかっこいいと思いました。

後半に入った頃から、そういう彼のアイデンティティに面白さを感じてますが、そこに惚れちゃったのがフレミーちゃんじゃないでしょうか。
彼を庇い、それでも結局血を流して倒れてしまったアドレットに悲鳴を漏らしそうなフレミーが女の子していましたが、男前の戦闘との落差もあって、いっそう可愛く感じます。

そしていよいよアドレットさん終了という場面でチャモとハンスがニコニコしながら現れた時は、もうちょっと早く来てくれよ!とアドレットの感情そのままに思ってしまいましたが、あそこは笑うところだったんでしょうか。
ともあれ、霧の発生が勇者たちを惑わそうとする凶魔の仕業であった事が明らかになり、ナッシェタニアも我を取り戻して、さあ偽勇者は誰か?というところですね。

多くの方が誰それが七人目だと様々な考察をされていますが、ついにアドレットから語られる偽勇者の正体を楽しみにしたいと思います。
その時、感情を剥き出しにしていろんな表情を見せてくれたナッシェタニアがどんな顔をするのか、個人的に一番興味のあるところです。


20150917062701597.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

六花の勇者 第11話「反攻」感想

六花の勇者

スレッドテーマ : 六花の勇者 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(3)

AFTER「がっこうぐらし! 第11話「きずあと」感想

BEFORE「【OVER LORD】オーバーロード 第11話「混乱と把握」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第11話 反攻 旅は色々経験できて楽しかった。お礼を済みましたので殺しますね。 背後にはモーラ、前方にはナッシェタニアとゴルドフ。絶体絶命のアドレットとフレミー。フレミーはナッシェタニアを説得しようとする。まだですか?私は懺悔を待っているのですよ。 アドレットは私が守る、逃げて。ひとまず神殿に行こう、ハンスが生きていることを見せれば。ゴルドフとモーラを抑えようとするがパワー勝負では不利な フ...

    ぬる~くまったりと 2015/09/17
  • 六花の勇者 第十一話「反攻」です。 アニメ『六花の勇者』ですが、面白く見てはいる

    藍麦のああなんだかなぁ 2015/09/17
  • 評価 ★★★ 地上最強とは……俺のことだ!               

    パンがなければイナゴを食べればいいじゃない 2015/09/17

Top