二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2015 11/09

コメット・ルシファー 第6話「フラワーボーイ」感想

20151109082901489.jpg

恋の始まりは突然に。
ソウゴが好きだと気づいていくカオンが切ない。


力の開放で大きくなったフェリアのために深淵の祭壇に行くことを決めたソウゴと、彼について行くというカオン。
しかしその道中、ふとしたことからフェリアの同乗する車のコントロールを失った彼らは、ガーデン・モーブで行われようとしている結婚式の大事な役割を受け持つフラワーボーイ役の少年を捻挫させてしまう。

前回くらいからガーデン・インディゴの街を飛び出し、冒険が始まった感も出てきましたが、いよいよ深淵の祭壇という目的地がはっきりと示され、ソウゴとフェリア、そしてカオンが旅立ちましたね。

しかしいきなりのアクシデントでフラワーボーイ役を引き受けることになったソウゴとベアになる役がフェリアに決まったことで、カオンが今まで自覚していなかったソウゴへの好きという気持ちが浮かび上がってくることになりました。

最初はそれに戸惑い、やがてフラワーボーイの格好をしたソウゴとフェリアに、私なんかと泣き出しそうな感じにカオンはなってしまいましたが、愛の意味をよく知らなかったフェリアにカオンを愛してると言われて、彼女のざわついていた心はフェリアの純粋さに平静さを取り戻せたのではないでしょうか。

それはフェリアの幼さがカオンに向けられたのだと思いますが、同時に星の命の息吹を司る存在の無垢なところを見たようにも感じました。

さておき、モーブ駐屯地の部隊に追われ、フェリアが捕まり敵ハイペダルアーマーの銃口を直接向けられたカオンは窮地に立たされますが、ここからグレンラガンのノリが始まりましたね。

突如カオンを救いに現れたのはヴァロフR7を駆る彼女の許婚、ロマンと同乗者のオット。
銃を撃つと捕まっているフェリアに当たってしまうかもしれないので、光る棒めいた剣を取り出して凄いスピードでそれを振りながら敵に襲いかかりますが、ヴァロフR7の顔に手足みたいな外観もあって、なんとも珍妙なそのアクションにこれグレンラガンだ!と喜んでしまいました。

ああしかし!カオンは望まない許婚に助けられ、その気づいたばかりの切ない想いがソウゴに届く日は来るんでしょうか。
そんな少年少女たちのボーイミーツガールが始まりだした一方で、スパイのミツバチなる人物を使うガス大尉が再びフェリアを狙ってくる、予断を許さない次回を楽しみにしたいと思います。

スパイが誰かはパン屋のマルヴィナさんにシルエットでフラグを立てた感じになっていますが、彼女はソウゴたちがガーデン・モーブに居ることは時系列的に知る由も無いので、おそらくミスリードで旅立った五人の中の誰かではないのでしょうか。
ともあれ、その答え合わせは次回以降のお楽しみですね。


20151109083001587.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

コメット・ルシファー 第6話「フラワーボーイ」感想

コメット・ルシファー

スレッドテーマ : 新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(2)

AFTER「あにトレ!EX 第5話「レッツ・ダンシング!汗をかいてキラリキラ!!」感想

BEFORE「うたわれるもの 偽りの仮面 第6話「楼閣の主」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • コメット・ルシファー #6「フラワーボーイ」です。 『コメット・ルシファー』は、

    藍麦のああなんだかなぁ 2015/11/09
  • 第6話 フラワーボーイ フェリアが見た風景は深淵の祭壇かもしれない。 赤いお城と光る輪っかを見た。 モウラが場所が分かるので、そこに行ってみよう。 カオンも行きたいがロマンは行かせたくない。 モウラの糸でロマンとオットーを拘束する。 深淵の祭壇にはギフトジウムの源流があり、フェリアの成長も止まるかもしれない。 ロマンの車を奪って3人で祭壇を目指す。 ド・モンがパン屋のマルヴィナと戻るとロ...

    ぬる~くまったりとII 2015/11/09

Top