二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 01/15

僕だけがいない街 第2話「掌」感想

2016011512470305.jpg

君と友達になりたい。
雛子を救うため、そして今を変えるための悟の言葉は少女の心に届いたのかもしれない。


昭和63年へとリバイバルした悟が、少しづつ当時の記憶を取り戻して行くところがいいですね。
母のこねてくれたハンバーグの味、そして今と変わらぬカレーに、母親のあたたかさを感じたんでしょうか。
やがて食べ終わると同時にごちそうさま。ありがとうと云う感謝の気持ちを告げる悟ですが、さぞや嬉しかったことでしょうね。

さておき、悟は少年の頃に救うことができなかった雛子を見つけ、友達たちの勘違いから始まったおせっかいに乗っかって彼女と話す機会を得ることができました。
しかし雛子の方は人を寄せ付ける感じが全くなく、彼は彼女の太ももの打撲痕からその原因に気づきますが、そのこと自体をどうこうするのは小学生の姿の悟には荷が重い感じですね。

それでも彼は雛子を孤独の中で死なせることだけは絶対に回避しようと頑張ります。
彼は直感的に母親の死がその延長線上にある事を気づいているんでしょうか。
その辺りは母親のショッピングモールとそれ以降の様子や、タイムリープして雛子が生きている時に跳んだことから来ているのだと思いますが、誰よりもリバイバルについて知っている悟には母親と雛子の死が繋がっているのが分かるんでしょうね。

そしてついに悟は雛子の心を開かせることができたようですが、雛子にとっても「友達になりたい」という言葉は締めつけられるような暮らしの中で、なにより欲しかったものではなかったんでしょうか。
突然堰を切ったように、悟の手が冷えていると自分の手を重ねる彼女が、ちらとぬくもりの方に目を向け始めたのを感じました。

しかし、悟の戦いはここからですね。
まだ雛子は少し心を開いてくれただけだろうし、その闇に切り込んで行くのはこれからですね。
犯人にされた青年とも会わねばならないし、どうかしたら雛子の家庭のことで自分の母親まで動かさなきゃならない。

ただ悟の母親には、雛子の事件後あの時彼の気持ちを汲んでいればという想いが未来に存在しているので、そこを雛子が生きているこの時に引っ張ってくるのが一つのポイントになるんではないでしょうか。
果たして悟は過去の事件を阻止することができるのか、次回の展開を楽しみに待ちたいと思います。


20160115124701552.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

僕だけがいない街 第2話「掌」感想

僕だけがいない街

スレッドテーマ : 僕だけがいない街 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(6)

AFTER「紅殻のパンドラ -GHOST URN- 第2話「大深度地下 -ジオフロント-」感想

BEFORE「だがしかし 第2話「きなこ棒と生いきビールと…」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 俺も小学生ぐらいからやり直したいな…(切実)

    キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 2016/01/18
  • 僕だけがいない街の第2話を見ました。 第二話 掌 悟は突如、リバイバルによって昭和63年に戻ってしまい、失ったはずの時間を噛み締め、佐知子を救いたいと願う。 なぜこの時代にリバイバルしたのか分からない悟だったが、クラスメイトの雛月加代のことが気になっていた。 「藤沼ってさ、私と一緒で偽者だから。昨日走って帰る藤沼見たよ」 「え?」 「母親ってそんなに大切なもの?」...

    MAGI☆の日記 2016/01/16
  • めっちゃ面白いですね。 引き込まれます。 早く続きが見たい! 悟は突如、昭和63年に時間跳躍する。 それは“リバイバル”。 過去に戻り「違和感」を解決することで、起こりうる事件を 回避するという現象だ。 そこでは母が在りし日の姿のままでいる……。 悟は失ったはずの時間を噛み締め、母を救いたいと願う。 これがリバイバルなら、違和感を解消すればそれが 叶うかもしれない。 ...

    ひえんきゃく 2016/01/15
  • 僕だけがいない街 第2話『掌』 感想(画像付) 無邪気の楽園…小学校時代にリバイバルした悟。 DVを受けている 雛月を助けだせれば、未来を変えれるのか? とりあえず、雛月と友達になることか開始(笑) 雛月が、なかなかのツンドラ娘で良いですね! 小学生では良さが分からないキャラです(笑) 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

    空 と 夏 の 間 ... 2016/01/15
  • 第2話「掌」 小学生の姿に戻って昭和63年にリバイバルした悟。 何度もリバイバルを経験しているせいか思った以上の同様はありませんでしたね。

    いま、お茶いれますね 2016/01/15
  • 第2話 掌 18年前の昭和63年2月13日に時間跳躍した悟。小学校から急いで自宅に戻る。母親が生きているか心配だったから。途中で雛月加代とすれ違った。 母親が勤めから戻って夕食を一緒に食べて安心すると 涙が溢れてしまう。これがリバイバルなら、この世界の違和感を修正すれば良い。それならば、殺された雛月加代を助けることだろう。彼女を注目していると友達に好きだと勘違いされる。それでも一緒に帰ろうと...

    ぬる~くまったりと 2016/01/15

Top