二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 01/22

僕だけがいない街 第3話「痣」感想

20160122120402463.jpg

徐々に近づき出した悟と加代の距離。
大人たちが姿を見せ始め、闇はさらに深みを増したようですが、二人を照らす天然のクリスマスツリーから溢れる光は加代の未来を明るく照らしてくれるんでしょうか。


美しいクリスマスツリーの姿でしたね。安定のA-1ピクチャーズさんと言ったところでしょうか。
そして、悟だけが経験したきつねに周りをくるくるされる過去に、加代も加わると云う改変があった事で、微かな希望も出てきたと思います。

しかし作中の加代の虐待シーンはノイタミナでなければ描写がもっと少なかったと思いますが、かなりショッキングで胸が痛むものでしたね。
そして、その加害者は実の母親と云う事でしたが、もう一人一緒に家に居た男性もかなり胡散臭い感じのする人物ですね。

さておき、1988年の事件当時、他の二人の同学年の11歳の被害者と比べて、加代だけが10歳だった事から事件の起こったXデーに迫ろうとする悟。
彼は自分がリバイバルした加代の生きている現在と、彼女が11歳の誕生日を迎える前日までの間に事件が起きた事を頼りにXデーを絞り込んで行きましたが、加代の誕生日が分かったために事件発生までの期間が数日しか無い事が判明し、かなり緊張感が増して来ました。

そして、その誕生日を悟が知るために偶然力を貸す形となった担任の八代先生ですが、彼はずいぶん前から加代に対する母親の虐待に気づき、児童相談所にも家庭訪問をしてくれるように動いていたようですね。

しかし、ちょっと悠長過ぎやしませんか。
八代先生が悟に語ったところによると昨年の5月頃から気づいていたと云う事でしたが、足や首回りなど割と目立つところに打撲痕などが絶えない加代が、たとえ母親に跡を消せと言われて従っても、お医者さんに連れて行くなどして記録を残して行けば、それを証拠に加代の身柄を確保する事が出来たんではないでしょうか。

加代本人が母親を怖れて拒否したりもあると思いますが、拒否できない手順を踏んだりは出来たはずだと思います。
なので彼の話を悟が鵜呑みにしてしまうのはどうかと感じましたが、それと同じくらいどうかなと疑問に思ったのが、子供目線で無職だけど気の良いお兄さんと云う記憶のある青年、ユウキさんを悟が全く信用しているところです。

前回の感想で真犯人は悟の母親が面識を持つ人物であるはずだと書きましたが、一見優しいけれども加代を全く救っていない八代先生と、悟の疑いの無さが逆に引っかかるユウキさんの二人が、とっても気になってきました。

そしてもう一つの可能性としては、ストレートに加代の母親が虐待死させてしまったというのもありますが、それだと遺体が家からそう遠くない公園に有り、雪解けの後に発見されるような隠し方をするのは、児童相談所の訪問を受けていたのが真実であるなら、ちょっとおかしいように思います。

今回はストーリーを見て感じた事から、登場人物が他に無いという想定内で真犯人を絞ってみましたが、大人による犯行だとすると、どちらかの男性になるんではないかと思います。

美しい光景の中で佇む悟と加代に、いつまでも二人が手をつないでいられたらと思いましたが、さて、少ない日にちの中で悟はどれだけ頑張れるんでしょうか。
次回放送も楽しみに待ちたいと思います。


20160122120401593.jpg
20160122120403789.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

僕だけがいない街 第3話「痣」感想

僕だけがいない街

スレッドテーマ : 僕だけがいない街 ジャンル : アニメ・コミック

(1)TB(5)

AFTER「GATE(ゲート)自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第15話「テュカ・ルナ・マルソー」感想

BEFORE「だがしかし 第3話「ブタメンとくるくるぼーゼリーと…」感想

COMMENT

  • No.412 No title

    まあ、メタ的というか、主人公視点だとユウキさんを除外するのはある意味で当然なんですよね。
    母親を刺殺した犯人=連続殺人犯、もしくはそれと関係ある人物と考えるのが妥当であり、収監されてるユウキさんが関係してる可能性は極めて低くなりますので。
    それでも関係してる可能性はゼロではないですが、連続殺害事件が関係してるからリバイバルが起こったと考える以上、捕まってしまったユウキさんを疑っても始まらない部分がありますので……
    加代の殺害だけなら或いは有り得ますけど、他の諸々との繋がりを考えると厳しいのでは。

    投稿者:芸ニューの名無し 2016/01/24 (日) 15:18

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 虐待のシーンって例えフィクションと分かっていても不愉快になってしまいますよね…

    キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 2016/01/25
  • 僕だけがいない街 第3話『痣』 感想(画像付) 雛月の虐待の状況が予想以上に酷すぎる…。 これは事件のXデーをクリアするだけでは助けだせないかも? 北海道すごいね。 山に行くとキタキツネとか出てくるんですね! 夏になってまたあのクリスマスツリーを見れるといいですね。 その時、悟の中身はどうなってるのかは分からないけど(笑) 以下、感想はつづきから ネタバレ含みます...

    空 と 夏 の 間 ... 2016/01/23
  • いや~、引き込まれますね。 時間が経つのが早く感じられます。 早く続きを見たいですよ。 雛月加代が失踪した日が判明すれば、事件を阻止できるはず。 そう考えた悟は、彼女の誕生日までの間にXデーがあると推察する。 さっそく雛月に誕生日を尋ねるも、些細なことから距離ができたことで 失敗に終わってしまう。 それでも悟は職員室へ赴き、八代から聞き出すことに成功。 3月1日こそがXデ...

    ひえんきゃく 2016/01/22
  • 第3話 痣 雛月加代は10歳で亡くなった。つまり3月1日から誕生日の日までがXデーだということになる。誕生日を知る必要がある。 体育の授業はアイススケートのスピード競争。選手の浜田と競争することになった悟。ゴールまでリードするが勝って良いのかと考えてしまう。毎日頑張った浜田が勝つべきだと直前で手を抜いてしまう。それが分かった浜田は悟に怒る。雛月も分かっていた、嘘つきだと。 一緒に帰って誕生日...

    ぬる~くまったりと 2016/01/22
  • 僕だけがいない街の第3話を見ました。 第三話 痣 加代が失踪した日が判明すれば、事件を阻止できるはずだと考えた悟は、加代の誕生日までの間にXデーがあると推察する。 さっそく加代に誕生日を尋ねるも、体育の授業での手抜きの嘘から距離ができたことで失敗に終わってしまう。 「私に嘘吐かないって言ったべさ」 「…!?ごめん…今日はなんか浜田の日だって思っちゃったんだ」 「そ...

    MAGI☆の日記 2016/01/22

Top