二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 05/21

翠星のガルガンティア 7話感想 翠星にはアヴァロンが沈んでいると推測する

20130520161405264.jpg

エイミー達の居る世界が、レドにとって過去の世界なのか、未来の世界なのか
考えがまとまらず、感想を書くのが一日遅れてしまいました

もし過去の世界ならば、ピニオンや過去の文明の進んだ技術を求める人々
そして、レドによって、人類銀河同盟とヒディアーズの戦う未来が始まったという
悲劇的で、あまり見たくないタイムリープのお話になりかねません

そんなのはつまらないなぁ。ということで
ガルガンティアは未来の世界という視点に立つ事にしました

20130520161305431.jpg

「兵士のさだめ」ですか
鯨イカをヒディアーズと認識し、ブチっとやってしまいましたね
せっかくエイミーに異性としての興味も出始めたレドだったのに、殲滅するんだって血相変えてましたね
未来の脅威だと彼が言っても、誰も理解できるわけないし
エイミーといちゃラブ展開が始まると期待してたのに、誠に残念でした

鯨イカを刺激してはいけないという禁忌を破って、出撃しようとして
エイミーを泣かせるなんて、何が「兵士のさだめ」か
鯨イカちゃん達だって生きているんだ!
同じ海で、翠星で、宇宙で、生かされているんだよ!
レドのバカバカわからんチンめ!
ガルガンティアの人々が支え合う姿から、何も学んでない

共存共栄と、それを成り立たせるために異種間においては、触ってはいけないところがある事くらい
チェインバーと一緒なら、理解できそうなのに
レドの頭をポカポカ叩いてやりたくなった
エイミーちゃんを泣かせるんじゃない!

(ここまでが感想です。以後は二次創作に近い推測となります)

悪いのは、人類銀河同盟の教育なんだろうけど
エネルギーをバンバン炊いている限り、ヒディアーズは永遠にご馳走に群がって来るだろうし
1話のあの様子だと、いつかはヤラれてしまうとしか思えない

チェインバーがいつまで立っても人類銀河同盟を見つけられないのは、既に滅亡しているからではないのか?

滅亡への過程で、ほとんどの兵器がエネルギーごと食われ、アヴァロンの眼前に迫るヒディアーズ
そう言えば、アヴァロンって食事の自由や、生殖の自由が保証されているエリアの事でしたか
人類銀河同盟の中で、唯一人間らしい暮らしを感じられるエリアですね
そして滅びゆく人類銀河同盟は、最期になんとしてもアヴァロンだけは残そう、守ろうとしたんじゃないのかな

ついには、ヒディアーズの手から逃すため、氷河期中の地球に目を付け、アヴァロンを降下させ隠そうとしたとか…
やがて、アヴァロンの放つエネルギーの熱量で氷は溶け、その大質量のせいで海面が上昇し、陸地が失われる地球

しかし多大な犠牲を払ってまで地球に隠そうとしたアヴァロンを、最後まで追ってくるヒディアーズがいた
アヴァロンを放棄し、そこから脱出した住人たちは、高いエネルギーを生み出す装置を失ってしまったが
その事により、結果ヒディアーズの追跡から逃れた事を知る

それ以降、高いエネルギーを生み出す技術は封印され、長い年月を経て海上で、かつてのアヴァロンよりも、人間らしい生活を営んで行く事に落ち着いた人類
ヒディアーズに関わるのは禁忌とされたが、ヒディアーズ自体もアヴァロンの遺跡から流出する海中のナノマシンと戦いの必要の無い環境を得て、0.03%の進化を遂げる事になった

偶然と地球という惑星が、長い年月をかけて彼らに共存共栄の暮らしを営む現在へと導いたのだと思います

さて、ピニオンのいう海に沈んでいるお宝とは?
真実は見てのお楽しみですね
いろいろ考える楽しみがあって、本当に面白い翠星のガルガンティア
エイミーちゃんの思いがレドに
そして、チェインバーに届く事を期待しています

ご飯は綺麗に残さず、感謝していただきましょう
イカちゃんだって生きている。そんな気持ちから生まれた推測でしたm(__)m
地球に生かされている事を忘れないように…
関連記事

この記事と関連する記事

翠星のガルガンティア 7話感想 翠星にはアヴァロンが沈んでいると推測する

翠星のガルガンティア

スレッドテーマ : 翠星のガルガンティア ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(2)

AFTER「宮河家の空腹 4ぺこ (第4回)の感想 ED完成に向けてスタッフさんを励ますお姉ちゃんだった

BEFORE「変態王子と笑わない猫。6話感想 とりあえず横寺君は僕と代わってください

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)

Top