二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 02/27

ヘヴィーオブジェクト 第20話「名誉に値段はつけられない ビクトリア島緊急追撃戦I」感想

20160227103201523.jpg

第2世代オブジェクト7機を敵にまわした絶対的不利な状況から、ミリンダちゃんを助けるには!?
クウェンサーはよ本気だせ!!


むぅ、これは厳しいですね。プラズマ爆発するガスが伏線であろう事はなんとなく読めていましたが、それを歩兵部隊に撒かせて3対1の状況を覆すどころか、深海に潜んだ6体のインディゴプラズマを召喚し、7対1の状況に持って行くスリッカーは只者ではないですね。

ただ彼自身の正当王国言語による国体の統一と血統主義による差別思想が王国から危険視され、すでに危険な人物として王国に判断されているので、同国民同士の戦いと躊躇する必要が無いのが救いと言えば救いですが、いかんせんベイビーマグナム側の情報や歩兵と連携するという戦術も筒抜けのようですね。

では、クウェンサーが窮地に陥ったミリンダちゃんを助けるにはどうしたら良いかになってくるんですが、ヒントとしては後で現れた6対のインディゴプラズマが海の中に潜行していたというところでしょうか。
その事を知ってクウェンサー自身もかなり驚いていたようでしたが、今まで潜行能力を持つオブジェクトが登場した事はありませんね。

そしてここまで見続けて来て、毎回クウェンサーが驚いたり、何か気づいたところが、結果的に敵オブジェクト攻略の鍵になるのがお約束になっていたと思いますが、今回の敵は潜行とプラズマ爆発するガスを逆手にとって倒す事になるのかもしれませんね。

しかし、インディゴプラズマの直撃から味方を守るために傷ついたベイビーマグナムが、7機のオブジェクトを相手にするのはかなりキツイ感じですね。
その辺り、敵との総力差を埋めるためにクウェンサーとヘイヴィアが活躍するんだと期待していますが、ビクトリア島に住むという整備のアヤミ婆さんの娘夫婦とお孫さんに被害が及ばないようにかなり頑張らないといけませんね。

もしミリンダちゃんが突破されれば、島に甚大な被害が及んでしまうし、それだけは避け切って欲しいと思います。
ともあれ、絶対的不利な状況に陥ったミリンダちゃんを助ける、クウェンサーとヘイヴィアの働きに期待しつつ、次回を楽しみに待ちたいと思います。
そして、その後のミリンダちゃんからのご褒美にも期待ですね。


20160227103701710.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

ヘヴィーオブジェクト 第20話「名誉に値段はつけられない ビクトリア島緊急追撃戦I」感想

ヘヴィーオブジェクト

スレッドテーマ : ヘヴィーオブジェクト ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(4)

AFTER「紅殻のパンドラ -GHOST URN- 第8話「大火災 -インフェルノ-」感想

BEFORE「GATE(ゲート) 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第20話「こいびと」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • カムチャッカ半島での夜間電撃奇襲作戦で発覚した第24機動整備大隊の裏切りで、正統王国ではインディゴ・プラズマを持つ彼らを3機のオブジェクトでせん滅することになります。 インディゴ・プラスマを駆るスリッカーは、差別意識ムンムンの人物のようで・・・ 雪かきの仕事をしていたヘイヴィア(CV:石川界人)とクウェンサー(CV:花江夏樹)は、フローレイティア(CV:伊藤静)のためにかまくらを...

    ぷち丸くんの日常日記 2016/02/29
  • ヘヴィーオブジェクト 第20話『名誉に値段はつけられない ビクトリア島緊急追撃戦 I』 感想(画像付) 裏切り者を3対1でフルボッコするつもりが、7体もオブジェクトがいた!? 誤算か? 情報不足の上層部が悪いのか… 危機に陥るクウェンサーたち。 アヤミばーちゃんの若い頃の写真が衝撃w 時間の経過って残酷すぎる!! 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意く...

    空 と 夏 の 間 ... 2016/02/28
  • ヘヴィーオブジェクト 第20話 『名誉に値段はつけられない ビクトリア島緊急追撃戦Ⅰ』 ≪あらすじ≫ カムチャッカ半島夜間電撃奇襲作戦において露見した、第24機動整備大隊の裏切り。『インディゴ・プラズマ』を擁する彼らを3機のオブジェクトで殲滅することになったクウェンサーたちは、ヴィクトリア島の海岸線で彼らを迎え撃つべく準備を開始する。オブジェクトと歩兵部隊の連携が重視される作戦内容...

    刹那的虹色世界 2016/02/27
  • 第20話 名誉に値段はつけられない      ヴィクトリア島緊急追撃戦 I インディゴプラズマを率いるエリートはプライズウェル・シティスリッカー。血統主義者の貴族で奴隷制の復活や、言語の統一を 声高に主張するのだった。正統王国はフランス語をベースにしたヨーロッパの言語を 取り入れて共通語を作成した。しかしコンピューターや機器などではベース言語が英語も多い。 ヴィクトリア島でインディゴプラズマ...

    ぬる~くまったりと 2016/02/27

Top