二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 03/31

無彩限のファントム・ワールド 第13話最終回「永遠のファントム・ワールド」感想

20160331072504182.jpg20160331072003613.jpg

晴彦をひとりで放っておかない舞先輩は、良いお嫁さんになると思う。
あのブルンとする迫力のあるおっぱいとお別れするのはつらいけど、いつかエプロン姿で晴彦の朝ごはんを作るところとか見てみたいです。
本当に純で元気で楽しい娘だった。


舞先輩への思い入れが見る度に膨らんで行く後半でしたが、玲奈ちゃんも久瑠美ちゃんも、そしてみんなと徐々に打ち解けて行った小糸ちゃんも、みんな良い娘ばっかりでした。
そしてエニグマに能力を奪われてしまったのに、目を覚まさない母親のためにエニグマと対峙しようとする晴彦をひとりで行かせない彼女たちの友情とその心意気も良かったですね。

そこであんたをひとりで行かすわけわけないじゃないとワンパン入れるところが、いかにも舞らしいと思いましたが、さて、見事エニグマを倒して記憶と感情を奪われた晴彦のお母さんを目覚めさせる事ができるんでしょうか。

そして一方、討伐される側のエニグマは阿頼耶識社の度重なる実験を受けて人でもファントムでもない存在になってしまった被害者なんですが、事ここに至っては討伐されるのもいた仕方ないといったところでしょうか。
強いもの、すなわち自分が全てを支配するという思考の袋小路にいる彼女を封印という手段で止めるしかないのが切ないですね。

ともあれ、ルルが晴彦の産み出したファントムという事が明かされ、再び晴彦が能力を使うために双子的存在であるルルからチューで能力を吸収する運びになりますが、ちっちゃいルルが精一杯唇を尖らせて受け入れ準備するのは可愛かったですね。

エニグマからの攻撃の爆炎が二人を包んだかに見えた刹那、ルルから能力をチュイーンした光る晴彦が登場!
人は成長して行くんだと言う彼が呼び出したマルコシアスとクトゥルーも成長した姿になっていましたね。

そして最終回に主人公補正があるのはお約束かもしれませんが、離れて暮らす母親の再婚相手に合って良かったと言う晴彦は、舞先輩たちが見守ってくれる中、ここまで彼女たちとの出逢いで得たものを糧にして自ら成長を果たし、この最後のエピソードでついに主人公補正をゲットしたんだと思います。

玲奈ちゃんを引き止めたのも、小糸ちゃんに踏み込んだのも、久瑠美ちゃんを返してもらったのも、舞と小さい晴彦が暮らしたのも、みんなみんな晴彦を成長させてくれたんですね。
そしてエニグマを封印したのち目が覚めた母親との関係も、もちろんこれから良い方に変わって行くんでしょうね。

幼い頃に母親と読んだ絵本の中に、似たキャラが居たような気がするルルにこれから双子の弟のような扱いを受けることになるのかもしれませんが、それもまた楽しからずやといった感じですね。
そしてファントムを退治する晴彦の生活はこれからも続いて行くと思いますが、ファントムも人間も両方が救われるような明るい未来を彼らが作って行くことになるといいですね。

私にとっては今期一の癒し作品となった無彩限のファントム・ワールド。
うるうるしたり笑ったり、とても楽しい時を過ごさせてもらった良い作品だったと思います。
映像ソフトや関連グッズが売れたら、劇場版で続きを作って欲しいですね。
響け!ユーフォニアムMOVIE2と同時上映とかどうでしょうか、今後の展開を期待して待ちたいと思います。

無彩限のファントム・ワールドWebラジオ「探偵ファントムスクープ」は四月以降も継続です!
リアルで純真な下野所長ところあずちゃんのおもしろ楽しい番組はまだまだ続くの!!


20160331071403191.jpg
20160331071502526.jpg
20160331073011703.jpg
明日から四月ですね。みなさんにとって良い春が訪れますように。
晴彦の言葉を信じて、私も頑張ります。
関連記事

この記事と関連する記事

無彩限のファントム・ワールド 第13話最終回「永遠のファントム・ワールド」感想

無彩限のファントム・ワールド

スレッドテーマ : 無彩限のファントム・ワールド ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(14)

AFTER「だがしかし 第12話最終回「食べるんですHiとさくらんぼの詩と…/森永ミルクキャラメルとサクマ式ドロップスと…」感想

BEFORE「灰と幻想のグリムガル 第12話最終回「また、明日ーー」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)

Top