二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 06/28

聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ 第13話「ドラゴン・ハート」感想 復讐に囚われてきた少年が、ドールだった少女に自らの心臓を与えるという素晴らしいエンド。

moblog_ccad340c.jpg

サラートの手、あったかいナリィ〜。

お笑い要素の多いファンタジーアニメ作品でしたが、評価するべきは両親の復讐に囚われ、育ての親のギルーにまで我を通し続けてきた主人公ヒイロがサラートと出会い、実はドールであった彼女の死に際してやっと取り戻した自分の心臓を与えたところですね。

彼はここまでギルーを傷つけたりしながらも人として少しづつ成長し、滅魂の炎に襲われる最悪な状況の中自分を救ってくれた両親の愛情を改めて知ったことで、彼自身も好きなサラートを救うために心臓を与えるという選択肢に行き着いたんでしょうね。

まさにピノキオが人になったようなサラートがトクントクンというヒイロの心臓の音が聞こえると嬉しそうにするところは、可愛くてキュンキュンしてしまいましたが、同時にヒイロの成長と彼女への初々しい気持ちを感じる良いラストエピソードになったと思います。

日中合作アニメということで話題になった作品ですが、その結末と主人公の成長には日本に伝わり日本的になった儒教の仁という精神が感じられましたが、アニメ好きの中国の少年や少女はこの作品を見てどう思ったのか、とくにヒイロのサラートへの行いについてはどう感じたのか、、機会があれば聞いてみたいですね。

そういうところも含めて面白い作品だったと思いましたが、個人的には362歳になってついにナイスバディを手に入れたと喜ぶシャリシャルーちゃんの前向きさと、彼女を慕ってやまない参謀兵士さんが無事だった事が特に良かったと思いました。

そしてムムーへのお支払いがまだ済んでなかったのかー!と笑ってしまう、何処までも追って来て請求に現れるムムーもシリアスな終盤を賑やかにしてくれたと思いますが、ヒイロが俺はさすらいの剣士だ!そしてこれからも剣の修行をするんだとギルーが喜ぶオチをつけてくれたのは、笑うよりもほっこりとする気持ちが浮かんできました。

ヒイロの言動でお話を面白く見せながら、最後は彼の成長を通してとても良いところに着地した快作になったんじゃないでしょうか。
プリティリズムやジャイロゼッターの絵コンテでお名前を知った、近藤監督の次なる作品に期待したいと思います。
関連記事

この記事と関連する記事

聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ 第13話「ドラゴン・ハート」感想 復讐に囚われてきた少年が、ドールだった少女に自らの心臓を与えるという素晴らしいエンド。

聖戦ケルベロス

スレッドテーマ : 2016年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(2)TB(3)

AFTER「クロムクロ 第13話「祭囃子に呼ばれて」感想 衝撃的に前半クールを終えたところで、エフィドルグとその目的について考察してみました。

BEFORE「マクロスΔ 第13話「激情 ダイビング」感想 ハヤテのえっち。こらハヤテ!フレイアちゃんから見えるとこでミラージュに抱きつくんじゃないっ!

COMMENT

  • No.586 No title

    「剣士」ではなく「さすらいの剣士」に拘るのがヒイロをヒイロたらしめている理由だなとw

    真面目なところだと、非常に無駄なく綿密に組み立てられてた作品
    まあ、ノリのせいで非常に行き当たりばったりに見えたりするのだがw

    投稿者: 2016/06/29 (水) 04:01 [ 編集 ]
  • No.587 No title

    素直に面白かったなあと思う作品でしたね。

    投稿者:甘エビver.2 2016/06/29 (水) 10:27

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • ナンブーコに操られたサラートと、竜体に操られたヒィロとの戦い。戦い自体はサラートの方が優勢だが、ヒィロが追い詰められたことによりダガンゾートがついに出現する。ナンブーコは待っていたとばかりに、魔力炉を起動し、兵士達とダガンゾートを融合させる。だがそれでは飽き足らずナンブーコは自分とダガンゾートを融合させるのであった。シャリシャルーを融合させたのもこのための実験でしかなかったんだろうなぁ。 ...

    自己満足 2016/06/28
  • 評価 ★★★ 美しすぎる死の商人            

    パンがなければイナゴを食べればいいじゃない 2016/06/28
  • 最終回 第13話 ドラゴン・ハート ナンブーコに命じられて竜体のヒイロと戦うサラート。サラートは強く、ヒイロを徐々に追い詰めていく。ギルーたちが到着する、ヒイロを助けようとするギルーを 阻止するシャリシャルー、私は馬鹿な女なんだよ。ヒイロに止めを刺そうとした瞬間ダガンゾートが出現する。 ナンブーコはダガンゾートに魅せられて準備していた。自身をダガンゾートと融合させることが目的だった。その企み...

    ぬる~くまったりと 2016/06/28

Top