二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 09/11

Rewrite (リライト) 第11話「カウントダウン」感想 ルチア助かって良かった

moblog_91ad0136.jpg

倒れていたルチアをちはやが見つけ小鳥が治す。
ルチアと諍いのあったちはやにこの役が回ってきた事は、きっと運命ですね。


聖女が先代の記憶と気持ちを受け継ぐ存在である事が明かされましたが、若い頃のさくらや朱音の様子を見ていると、受け継ぐと同時に元の人格や想いが押し消されて行くように感じますね。

そして現聖女のさくらが意識を失って倒れたのと時を同じくして、朱音の身にそれが起き始めたようですが、徐々に失われて行く自分をまだ留めながら瑚太朗たちのために手を打ち、ミドウにチラノを与えて人類の破滅の蓋を開けようとする聖女に抗う朱音が痛々しいですね。

それが彼女の戦いなんでしょうけど、長い時の中で傷つき澱んでしまった聖女の心をすくい上げるのはオカ研のみんなにその役割りが巡ってくるのを期待したいですね。

そういう事を含めて、ちはやがルチアをみつけ、ルチアがなぜ手袋を外さないかの理由を知り、本来ガーディアンとガイアという敵対する組織に席を置きながら、人は戦いや諍いから脱し得ない地球を傷つける存在だという結論に向かいつつある篝を前に、私たちはオカ研の仲間だと再確認して笑顔を取り戻すところは大きな意味があったんじゃないでしょうか。

ひょっとしたら物語はムーンやテラに進まず、オカ研メンバーが揃ってのヒロインが誰も退場しないエンドを目指しているのかもしれませんが、オープニングを含めて度々登場する月から篝が何かを感じているようなシーンや、今回の終わりに聞こえ出したガイアからの歌声に反応して口を開けかけた篝が不穏に感じられて仕方ありませんね。

ともあれ、先ずはルチアが生還できた事と、露天風呂で語り合う小鳥たちの様子に目尻が下がってしまいましたが、チラノを伴って森に来るだろうミドウや、ルチアが心配でたまらない静流の動向が気になるところです。

ヒーコーの掛かったルチアを篝がペロペロしたり、篝に抱きついてペシペシされたりぶん投げられる瑚太朗の楽しいシーンもありましたが、次回は全編バトルとシリアスに溢れた展開となるんでしょうか。
次回も楽しみにしたいと思います。


moblog_eec8c53e.jpg
moblog_e76f7a0b.jpg
moblog_288b8337.png
moblog_e62bfab4.jpg
moblog_fddae43b.jpg
moblog_03723e06.jpg
moblog_8ad7f2e5.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

Rewrite (リライト) 第11話「カウントダウン」感想 ルチア助かって良かった

リライト

スレッドテーマ : Rewrite ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(4)

AFTER「マクロスΔ 第24話「絶命 ジャッジメント」感想 ロイド氏の行いがNTR過ぎて美雲さんが可哀想

BEFORE「クオリディア・コード 第10話「福音のフォークロア」感想 カナリアを意識しすぎて愛の告白になってるいっちゃん。シスコンと百合ップルしかいない。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  •  ラブライブ!サンシャイン!! 第11話『友情ヨーソロー』今回は・・・曜の回でした。特訓という名のプール掃除。いや、ただのプール掃除ですね。こっちの生徒会長は、ちょっ ...

    ニコパクブログ7号館 2016/09/12
  • Rewrite -リライト- 第11話「カウントダウン」です。 すっかりしっかり

    藍麦のああなんだかなぁ 2016/09/11
  • 第11話 カウントダウン 地上では人類が幾度と無く戦いを繰り返した。この世界には清く美しい物が存在する一方で見難く愚劣でもある世界。人間を、命を繋ぐ必要性があるのだろうか。聖女、桜の余命は少ない。時たま、朱音に桜の記憶が見える。 朱音の命で咲夜の下を訪れるちはや。森で倒れているルチアを発見する。瑚太郎と結界の乱れを調べる小鳥と出会う。結界内で小鳥が治療するが血が止まらない。篝がリボンを貸して...

    ぬる~くまったりと 2016/09/11
  • Rewrite 第11話『カウントダウン』 感想(画像付) ルチアちゃんが助かってよかった~♪ 会長が精神を乗っ取られ別人に…!? 篝ちゃんも鍵として不穏な発言。 ヒューマンは地球に不要として消されてしまいそう…。 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

    空 と 夏 の 間 ... 2016/09/11

Top