二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 09/16

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第11話「独りじゃない」感想 ランスロット桜まで登場させる作者さんのFate愛を感じた。

moblog_09f1147c.jpg

愉悦部ギル君と、アーチャークロ&士郎の共闘シーンに感激!
スタッフさんもうお腹いっぱいです。


ファンの喜ぶシーンをこれでもかと投入してくる素晴らしいバトル回だったと思います。
かっこ良く登場した士郎が苦戦するのも定番ですが、宝物庫を開いて攻撃してくる敵に、アーチャーのカードを使っているクロと一瞬に立ち向かうところは感慨深いものがありましたね。

さて、そんな二人が共にローアイアスを張って、迫る攻撃をギリギリ押しとどめるという感じでしたが、泥から現れたヤンデレ桜に士郎がバッサリやられてしまいました。
なんで彼女が出て来たのかは、ジュリンアンが呼んだからだと思いますが、士郎を独り占めしたいという気持ちに満ち満ちている桜が怖いですね。

劇場用映画のHFの前にその姿が見れたのは嬉しいんですが、その時まで桜には待っていて欲しかったですね。
そうすれば思う存分自分の気持ちに士郎が応えてくれるのに…と思いましたが、それまで待っていられないほどだったんでしょうか。
彼女を怒らせてはいけないというのを改めて感じるランスロットぶりでしたね。

そしていよいよ腰を上げてくれたギル君も宝物庫の使い方のなってない敵と、立方体を呼び出したジュリンアンに、そうとうおかんむりのようでしたが、どこか愉悦部めいた表情とセリフ回しに、スタッフさんはずいぶん楽しんで今回のエピソードを作ったんじゃないかと感じました。

ともあれ、士郎が重傷を負い、黒い英霊達が迫る中で彼の治療をする凛が士郎と運命を共にしようと覚悟を決め、二人を守っていたイリヤとクロに逃げてと言うところは、彼女の本妻ぶりを感じてキュンとしてしまいました。

しかしそう凛から言われたイリヤが二人を置いて逃げるわけがないですね。
美遊も世界も救うと決めた彼女には、やるべき事がもう決まっているんです。
やがてセイバーのカードを使い、エクスカリバーを振りかざしたイリヤの気持ちが敵を切り裂き、ジュリンアンの企みの全てをひっくり返してくれるんでしょうか。

ファンサービスに溢れたファイルバトルの、次なる展開を楽しみにしたいと思います。
イリヤの手にした剣は、約束された勝利の剣なのだから。


moblog_7c46aa07.jpg
moblog_36564b43.jpg
moblog_c35dadcb.jpg
moblog_611bca20.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!! 第11話「独りじゃない」感想 ランスロット桜まで登場させる作者さんのFate愛を感じた。

プリズマ☆イリヤ

スレッドテーマ : Fate ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(1)

AFTER「クロムクロ 第24話「決戦の黒部ダム」感想 もののふソフィーちゃんの覚悟が、再び名執事を呼び寄せたに違いない。

BEFORE「魔装学園H×H 第11話「東京奪還作戦 -APOCALYPSE-」感想 シルヴィアちゃん退場かと思ってドキドキしたじゃないですかー!

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)

Top