二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 10/02

終末のイゼッタ 第1話「たたかいのはじまり」感想 幼い頃、必死に守ってあげた女の子は魔女っ子だった。

moblog_cbdd1b5c.jpg

フィーネが凛々しく、イゼッタちゃんが可愛い。
再会した二人のこれからが気になりますね。


武力を持って周辺諸国へ侵攻するゲルマニア帝国。
アルプス山脈を頂く隣国の姫フィーネは、ブリタニアの助力を得ようと隠密で交渉に向かっていた…。

フィーネの母国・エイルシュタット公国のモデルになっているのはリヒテンシュタインでしょうか。
幼い頃自然に恵まれたその地を、犬と散歩するフィーネの様子が可愛らしく描かれていましたが、光を放つ玉に導かれて彼女はイゼッタと出会っていたようですね。

そして、帝国の兵士に追いつめられた移動中の汽車の中でイゼッタが拘束されたカプセルと遭遇しますが、帝国のベルクマン少佐から逃れようと鉄橋から飛び降り、なんとかブリタニアの使者と交渉する機会を得ましたが、タイミング悪く時を同じくして帝国がエイルシュタット公国に攻め込んでしまったという展開でした。

この交渉の最中に我が身を差し出してもブリタニアを動かそうとしたり、交渉の場で敵に拘束されてもなお凛々しさを見せるフィーネにグッときますが、いかにも姫らしい美しさと気高さに見惚れてしまいました。

もちろん彼女のシャワーシーンにも目を奪われましたが、この時彼女の脇腹にあった傷跡が幼い日のイゼッタとの出来事につながる伏線になっていたのは今後の作品の作りに期待したくなる構成だったと思います。

一瞬流れたカプセルの中のイゼッタの回想シーンから、おそらくフィーネが身を呈して魔女であるイゼッタを守った時の傷だと思いますが、再びフィーネと再会する事となったイゼッタは、今度はフィーネを帝国兵士の魔の手から救ってあげましたね。

不思議な光を放つ玉が捕らえられたフィーネを運ぶ輸送機へと集まり、やがて爆散したその機体から真っ逆さまに落ちて行くフィーネを、機銃を箒がわりに空を飛ぶイゼッタが助けるのはハラハラしながらも二人の運命の再会を感じさせる良いシーンだったと思います。

一個中隊をも壊滅させる力を持つイゼッタが、これから攻め立てられるエイルシュタット公国の兵士たちを救いに向かうのか気になるところですが、二人の女の子の関係を軸に描かれるドラマを、これから楽しんで行きたいと思います。


moblog_244c15dc.jpg
moblog_896c8b24.jpg
moblog_896469b3.jpg
moblog_8e59bd61.jpg
moblog_793e6161.jpg
moblog_521064a6.jpg
moblog_734efcc2.jpg
moblog_5e19ba80.jpg
moblog_9387c04c.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

終末のイゼッタ 第1話「たたかいのはじまり」感想 幼い頃、必死に守ってあげた女の子は魔女っ子だった。

終末のイゼッタ

スレッドテーマ : 2016年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(3)

AFTER「ViVid Strike! 第1話「フーカ・レヴェントン」感想 守りたい笑顔がいっぱい!さすがなのはアニメなのです。

BEFORE「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 第13話「たそがれの帝国にて」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第1話 たたかいのはじまり フィーネ皇女は森をコーギーと走って遊んでいた。ある場所で光の粒子が飛翔するのを発見する。追いかけた先で光が集まり少女と遭遇した。 中立国内を走行する汽車内部をゲルマニアの臨検が始まる。探す相手はエルンシュタット皇女だった。一足早く逃走するフィーネ。汽車の天井に駆け上り逃走するが、貨物車に逃れる。そこで不思議な冷凍カプセルを発見する。なぜだか開けなければならないと思...

    ぬる~くまったりと 2016/10/02
  • 終末のイゼッタ 第1話 感想(画像付) 行動的な姫フィーネ様がカッコイイね! 姫様が大好きなイゼッタちゃんの登場が1話のハイライト。 魔法と戦争という組み合わせが面白くなりそう♪ 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

    空 と 夏 の 間 ... 2016/10/02
  • 一言感想 :  『作画良し、キャラ良し、構成良し』 と三拍子揃った 魅力的な作品 です!     亜細亜堂 のオリジナルアニメですが 堅実で良い作品 つくってきますね!      まさに 『娯楽作品』 として 視聴者が見ていて気持ちがいい作品作り で好感です! 私的注目度...

    私的UrawaReds&SubCul 2016/10/02

Top