二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2016 12/14

怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜 第12話(終)「私たちが!怪獣娘!!」感想 カプセルガールズもやがては先輩怪獣娘になって行くんですね。

moblog_fcf6d425.jpg

頑張ったカプセルガールズたちの笑顔が良かった。そしてゼットンさんの優しさが心に沁みるです。
怪獣娘をまだまだ見ていたいなぁ。


人類に厄災をもたらすシャドーが大挙して現れ、先輩怪獣娘のエレキングさんたちと戦いに身を投じるカプセルガールズ。
そしてウルトラセブンの放映時には怪獣を倒す事がなかなか叶わなかったカプセル怪獣のソウルを宿した彼女たちが、次々とシャドーを倒すという快挙を成し遂げました。

古いウルトラファンにとっては、頑張っても頑張ってもやられ役になってしまったカプセル怪獣が擬人化された後の出来事とはいえ、敵を倒して活躍する場面が見れるのは感動的な事だったのではないでしょうか。

そして次々と現れるシャドーの多さに近くに巣があるとレッドキングさんたちが睨んだところで、もう潰したよーと写メを送ってくるゼットンさんはさすが宇宙最強竜ですね。

戦いの最中に先輩たちの戦いを物陰から見ているザンドリアスちゃんの存在が気になって、三回くらい彼女が居るシーンを見つけるという楽しみも同時並行でありましたが、本当の危機はシャドーの上位互換個体っぽいシャドービーストが現れてからでしたね。

さすがにダム子のビームもミクちゃんの突進&パンチも歯が立たず、再生能力まで持つビーストをどうやって倒すのかと息を呑みましたが、ここでビルの屋上にババーン!と勇姿を見せたのがアギちゃんでしたね。

そして角を使ったダイビングアタックをぶちかまし、ビーストを仕留めたか!?と思った刹那、あわれアギちゃんはビーストの尻尾にブチ飛ばされてしまうんですね。

しかし、アギちゃんの身体が高層ビルに突っ込むというところで、あのゼットンさんのシールドが救ってくれました。
そしてそのままゼットンさん必殺の火球ビームでビーストを木っ端微塵にし、ようやく戦いが終わったのでした。

恩人のゼットンさんに私はちゃんと怪獣娘になれていますか?と尋ねるアギちゃん。
思えば最初アギちゃんが自ら変身するきっかけとなった幼稚園へのバスの暴走も、ファンの間ではゼットンさんによる最悪の場合を回避するお約束付きのイベントだったと言われていますが、後からアギちゃんはその事に気づいたんでしょうね。

そしてアギちゃんの問いに答えるゼットンさんは、もう答えは出ていると微笑んでくれましたが、今日はゆっくりして行ってねと彼女を引き止めたピグモンさんも、とても嬉しそうにしていましたね。

こうして今回のシャドーによる危機は去り、怪獣娘たちはこれからも活躍して行くんだと思いますが、GIRLSを訪ねてくる迷える新人怪獣娘たちを、これからは導いて行く側に立ったアギちゃん、ミクちゃん、ダム子の新しいお話も見たいですね。

ゼットンさんの笑顔とアギちゃんの笑顔で締めた感動の最終話だったと思います。
ウルトラ怪獣擬人化計画の今後の展開に期待しています。

moblog_228dcb72.jpg
moblog_62afe95d.jpg
moblog_e0a8bec9.jpg
moblog_2c63f3e5.jpg
moblog_becb1b9a.jpg
moblog_8b17551d.jpg
moblog_1ff2f1eb.jpg
moblog_c041172f.jpg
moblog_153b6181.jpg
moblog_d33346f2.jpg
moblog_ca062271.jpg
moblog_4242472e.jpg
moblog_4a2619be.jpg
moblog_c53c7026.jpg
moblog_047d5b39.jpg
moblog_d6524f6c.jpg
moblog_813f6bc1.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜 第12話(終)「私たちが!怪獣娘!!」感想 カプセルガールズもやがては先輩怪獣娘になって行くんですね。

怪獣娘

スレッドテーマ : 2016年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「装神少女まとい 第11話「いってきます」感想 友情パワーでお母さんを連れて帰るんだ!

BEFORE「灼熱の卓球娘 第11話「合宿」感想 白い…パンツだけじゃなく温泉も白いのか

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top