二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2017 02/05

風夏 第5話「仲間!」感想 クールビューティーと置き去りにされたファミレス。優の飲むコーヒーは苦い。

moblog_255d3c58.jpg

トンガリおっぱいの沙羅先輩に神業的フラグを立てる優とはいったい何者なのか…
異能フラグ建築士だこれ。


自宅に突撃した小雪ちゃんがソソソッと優の隣に寄って来たので、つい良い匂いを嗅いでしまった優は、小学生の頃に好きと伝えておけばよかったと口走ってしまいました。

そして瞬間的にこれはがっぷり四つのアダルト展開来るのか!?とソワソワしてしまいましたが、つつましい小雪ちゃんはここで部屋を後にするパターンでした。

しかしよっぽど嬉しかったのか、帰り道に片思いじゃなかったと涙を浮かべる彼女に、鉄棒は熱い内に打て!と伝えてあげたかったですが、アイドルとして忙しい彼女に今度はいつ恋を進展させる機会が巡ってくるのか気になるところです。

そして優と云えばそんな純情可憐な小雪ちゃんをよそに、風夏も放置して新キャラでクールビューティーの沙羅先輩のロケットおっぱいに顔面から突っ込むという離れ業を披露していましたが、なんでも彼女はヘッジホッグスのヒサシの妹さんと云う事で、本人のギターの腕前もなかなかのものみたいですね。

そんな彼女の演奏を聞いた風夏に誘われて、沙羅もバンドのメンバーに加わる運びとなり、みんなで一緒にファミレスに行ってからが作者さんの本領発揮というか、優のラブコメ主人公力によって大どんでん返しが起こるわけですが…。

ツイッターのフォロワー同士と知って態度の急変する沙羅に、アレ?おっぱいに突っ込まれて嫌ってたんじゃないの?エエエエエと頭にクェッションマークの花が咲き誇りましたが、これが異能者と感じるほどの一級フラグ建築士と云うものですね。(なんでもありスゲー!)

ともあれ、那智先輩の自宅のガレージで練習する事になった優たちは、最初音を合わせてみた時よりもずいぶん上達して来ていて、風夏が優にかっこ良かったよ!と声をかけてくれましたが、その程度でヤキモチ焼く沙羅の今後の動向が気になりますね。

女の子にぶつかられて蹴られて叩かれて散々な目に遭いながらも(でも優君おパンツとか下乳とかいっぱい見たよね)、何時の間にかトライアングルならぬ油断のならないハーレムの中心にいる優にビックリです。

彼に何処か良いところあったかなぁ〜と口笛を吹きたい感じですが、その辺りはスルーしてラブコメの次の展開を楽しみにしたいところです。

次回はサブタイトルにあるように小雪ちゃんの恋のお話なんでしょうか。
ヒロインたちのサービスカットにも注目しつつ、次回を待ちたいと思います。


moblog_f3b58119.jpg
moblog_32ead7b0.jpg
moblog_82628227.jpg
moblog_fdd43514.jpg
moblog_04c2ea33.jpg
moblog_f1f86810.jpg

TB送信先 空と夏の間さん
関連記事

この記事と関連する記事

風夏 第5話「仲間!」感想 クールビューティーと置き去りにされたファミレス。優の飲むコーヒーは苦い。

風夏

スレッドテーマ : 2017年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(2)

AFTER「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス(2期) 第17話「届かない理想より目の前の正義」感想 ロゼの正義が哀し過ぎて泣ける。

BEFORE「亜人ちゃんは語りたい 第5話「雪女ちゃんは冷たい」感想 雪ちゃんの涙、あったかいなり〜。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第5話 仲間! 小雪が姉と住む家の近所に住んでいた。偶然知ったらしく部屋で昔のアルバムを見て懐かしむ。突然居なくなった小雪、あの時に空きだと言えなくて後悔したよ。突然の愛の告白にも聞こえる言葉に驚いて帰る小雪。良かった、片思いじゃなかったんだ。 HEDGEHOGSのギター、ヒサシがスタジオを貸してくれて 楽器も貸してくれるので練習を始めよう。食堂で相席を求めると素っ気なく去る少女、石見沙羅。...

    ぬる~くまったりと 2017/02/05
  • 風夏 第5話『仲間!』 感想(画像付) 小雪ちゃんとは両想いでご近所…主人公は恵まれすぎだろw バンドの新メンバーとして石見沙羅先輩が登場。 クールキャラと思ったら、感情表現がヘタなだけな人だったw 優といつもSNSで話してたと人だったとかこの世界狭すぎだ! もう優にデレデレなんですけど?w 以下、感想はつづきから ネタバレ含みますのでご注意ください。

    空 と 夏 の 間 ... 2017/02/05

Top