二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 07/18

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第3話「写真部本格始動、なので」感想

写真部部長として、新入部員勧誘という楓にはハードルの高いものに向かい合いながらも
自分の写真を撮りたいという気持ち、どんな写真を撮りたいかという気持ちを見失わない楓

写真部を作ったことで色々な事が起きてきましたが、それがかえって楓の写真に対する思いを鮮明にしていった印象を受けました
そして、お話の季節は春
hitotoseでは、四季の流れとともに彼女たちのお話も進んでいきましたが
もあぐれっしぶな今回もそうなっていくんでしょうか
それでは、第3話「写真部本格始動、なので」の感想です

20130718205104941.jpg

あらすじ :
突然写真部部室を訪れ、一言だけ言ってすぐ去っていった三谷 かなえ
彼女のことを気にする楓だったが、部長として忙しくなってきた
備品の書類を提出したり、新入部員獲得のための、部を紹介する舞台に立つことになったり…

Let's fotoとは言ったものの、その舞台上でしどろもどろになり、言いたいことも言えない楓
そんな彼女をかおる、のりえ、麻音の三人は、見守り応援しようとしていたが
楓は不意に、堂郷先生から写真部をアピールしながらの校内放送で呼び出される

職員室で待っていた堂郷先生と顧問の下上山先生は、息もぴったりに「桜祭り」に写真部として参加するように勧めてくれて…
そんなみんなの気遣いと応援に励まされ、楓は部長として~もあぐれっしぶ~に動き出すのだった

20130718182805655.jpg

感想 :
堂郷先生と下上山先生の息がぴったりすぎて、笑ってしまいます
堂郷先生はこんな良い先生なのに、ほぼろの店主ちもには告白もできずじまいのままでしたね
先生も、今期はもあぐれっしぶにいって欲しいところです

そして前回、写真部をピンポンダッシュならぬ、一言ダッシュで去っていった三谷かなえ
彼女が、あんなおとなしい性格だったとは思いませんでした
只々、写真が好きな女の子だったんですね

楓の撮った写真を見ながら、彼女と楓が打ち解けあっていき
勇気を振り絞って写真部に入れて下さいというところは、とても可愛くて
下級生である事で、あたふたしてしまう楓に、緩まされながらもジーンとくる良い場面でしたね
たまゆららしい流れに、心が安らいでいきます

そしてこれでようやく5人揃いました
予告にあった、まむし注意の看板で、秘境探検隊のフラグが立ってしまうのでしょうか
どちらにしても、さよみお姉さんに振り回され、楓たちが悲惨な目に遭うのは、この作品のお約束ですから
今期もくるんでしょうね、あの探検ネタが…
そんな事も期待しながら、次回も楽しみに待ちたいと思います
関連記事

この記事と関連する記事

たまゆら ~もあぐれっしぶ~ 第3話「写真部本格始動、なので」感想

たまゆら~もあぐれっしぶ~

スレッドテーマ : たまゆら ~もあぐれっしぶ~ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(3)

AFTER「2013年夏アニメ 簡易感想まとめ(7/7~7/19)

BEFORE「神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 2.0 スクランブルフォーメーション 感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)

Top