二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2017 05/08

ID-0 第5話「結晶幼女 OFE WITH FREE WILL」感想 幼女が俺の過去だった…Voice to cause Alice

moblog_b8e94382.jpg

マヤちゃんに嫌われたとオロオロするパパを、和やかにフォローするクレアが可愛いですね。

ミゲルジャンブを使って追って来る恒星の追跡から逃れるステゥルティー号は、ネットワークの繋がる宙域を目指して最短距離の航路を進んでいましたが、結晶から現れた幼女を解析しているうちにガス雲と遭遇することに。

そして先を急ぐ社長の判断でバンパーを展開してガス雲を突っ切るという決断が示されましたが、分析を担当するマヤに彼は激しい口調で迫り、乗組員のためなら幼女を置き去りにするのも厭わないと云う社長は、結果マヤに嫌われることになってしまいましたね。

まあタイミング良くイドから通信が入り、二人がヒートアップするのは避けられましたが、幼女が岩石群なりを引き寄せている原因も分からないままガス雲の船内への侵入と云う非常事態が起きてしまい、粒子のレベルまで分解してミゲルジャンブを行って来たガス雲が再び岩石になったり、逃げる幼女とマヤを逃がそうとするイドたちを触手を伸ばして邪魔するシーンは面白かったです。

そしてついに幼女に触手を伸ばした追跡者が、船外へ放り出される実体と共に彼女を宇宙空間へと道づれに引っ張って行ってしまいましたが、なんとオリハルトの微粒子のようなものに包まれた幼女は何事もなかった様に生きているんですね。

彼女に近づき、手のひらで大切そうに包もうとしたイドは、その時幼女を呼ぶ声とビジョンを感じて、目の前にいる幼女のアリスは俺の過去だ!と確信するのですが、全ての過去を失っていた彼はアリスの父親なんでしょうか、それともアリス本人なのか、もう自分の過去と出会えることを諦めかけていた彼が再び過去と対峙する時が訪れたようですね。

イドが自身の過去と邂逅するラストはなんとも感慨深いシーンでしたが、なぜか涙腺を刺激する興奮を覚えたのは、ここまで丁寧に彼の失っていたものを描いてきたからでしょうか。

口下手なお父さんを許してねとマヤにお願いするクレアがとっても可愛かったですが、ともあれイドの過去に迫る次回を楽しみにしたいと思います。


moblog_22c48b36.jpg
moblog_27761308.jpg
moblog_61506c8e.jpg
moblog_a32ee7df.jpg
moblog_df3305e6.jpg
moblog_8c2286f3.jpg
moblog_e011d29c.jpg
moblog_f20c77f2.jpg
moblog_83722b5e.jpg
moblog_39d9332a.jpg
moblog_e8a0e892.jpg
moblog_90208e8c.jpg

TB送信先 空と夏の間さん
関連記事

この記事と関連する記事

ID-0 第5話「結晶幼女 OFE WITH FREE WILL」感想 幼女が俺の過去だった…Voice to cause Alice

ID-0

スレッドテーマ : 2017年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(3)

AFTER「有頂天家族2 第5話「続・大文字納涼船合戦」感想 好きだとおっしゃい矢一郎!!玉蘭さんお幸せに。

BEFORE「エロマンガ先生 第5話「妹とラノベ企画を創ろう」感想 たくし上げするエルフちゃんがえっちい。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  •  今、手の中にあるのは。

    Wisp-Blog 2017/05/10
  • DIG 05 結晶幼女 ミゲルジャンプに成功、衛生は追いかけてこない。オリハルと原石を採集する際にイドとマヤの 脳裏に流入した映像は誰かの記憶が転移したのでは?アマンザに全ての経緯を教える。軍が提出を求めたのはオリハルト鉱石。幼女、識別名オーアは全てが人間、4才児相当。もし軍の狙いがオーアなら交渉の切り札になる。オーアをモノ扱いする船長に怒るマヤ。船とクルーを守るためなら何だってやる。マヤは...

    ぬる~くまったりと 2017/05/08
  • ID-0 第5話『結晶幼女 ORE WITH FREE WILL』 感想(画像付) 謎の少女にやっとアリスちゃんと名前が分かったw イドの過去に関係あるぽいね。 アリスちゃんはイドの記憶からあの姿になったのかも。 記憶を消され罪人にされたイドは何者だったのか…。

    空 と 夏 の 間 ... 2017/05/08

Top