二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2017 05/19

クロックワーク・プラネット 第7話「首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)」感想 真の解放を得たアンクルちゃんの涙が心に沁みる。

moblog_db1403d3.jpg

付き従う者VS撃滅する者。
時空すら歪める戦いの果てに、アンクルちゃんはパパとママを得た。
尚、パパの嫁はアンクルちゃんのお姉ちゃんなのでお間違いのないようお願いします。


東京都民を戦いから遠ざけようとイケイケ悪党を演じるナオトが愉快でしたが、その影でアンクルも都民も救おうと準備するマリーと彼女の仲間たちの信頼で結ばれた掛け合いも面白かったですね。

元修理長によれば、マリーは自分を作らない方が可愛いということでしたが、そう言われて真っ赤になるマリーが可愛かったですね。

そして一方ではリューズに妹を助ける方法があるとナオトは伝えていましたが、それはアンクルが絶対に人間を傷つけられないという設定を持っている事に賭けるものでしたね。

しかし仮面によって操られている事もあり、リューズはその内容を明かさないままマリーにアンクルとの戦いについて来て欲しいと頼んでいましたが、我が身を盾にしてアンクルを救おうとするナオトの身代わりだったとは、一つ間違えればマリーは捨て駒にされるところでしたね。

まあ最後までアンクル自身が操られている事に抗い、けっして人を傷つけないと信じたナオトの思った通りになりましたが、その身に虚数運動機関と永久機関を持つYシリーズ同士の時間の流れと空間を超越した戦いの描写が中二心を楽しませてくれました。

そしてめでたく仮面から解放されたアンクルが修理を受けるシーンも空想的で面白かったですが、目を覚ました彼女がナオトとマリーをパパとママと呼んだのは、まるで彼女が新たに生まれて来たような感じがあってなかなか良かったですね。

しかしようやく目を覚ましたアンクルに向かい、兵器として特化した彼女に自由意志は無いとリューズは厳しい現実をパパと呼ばれたナオトに伝えますが、彼は迷うこと無くアンクルの自由意志を司る機関を解放するんですね。

そして、主であるナオトに頭を撫でられ、目覚めたばかりの自由意志を精一杯に振り絞って、ナオトに触れてもいい?とおずおずと聞くアンクルが愛くるしくて目がウルウルしてしまいました。

そっと触れるアンクルの小さな手。
もう何も壊さなくていいんだよというナオトの言葉に涙をいっぱい浮かべ、やがて嬉しそうに微笑んだアンクルがとっても可愛かったです。

兵器として生み出されたアンクルが、もしナオトと出会うことがなかったら製作者によって仕込まれていた自由意思機関の歯車は永久に噛み合うことはなかったのかもしれません。
この辺り自由な意思とロボットというものを描き続けて来たこうした作品たちの醍醐味でもありますね。

ともあれ、次回は東京軍に殲滅されたと思われた超兵器が地上を目指し出し、それをナオトたちが迎え撃つバトル回になりそうですが、嫁と娘に囲まれたナオトが彼女たちとどんな戦いを見せてくれるのか、三重に始まったこのエピソードの結末を楽しみにしたいと思います。


moblog_e7d1686c.jpg
moblog_6198b6d0.jpg
moblog_ad776be7.jpg
moblog_6ede8d55.jpg
moblog_0133c421.jpg
moblog_8e2b9103.jpg
moblog_d93cbdcd.jpg
moblog_22313667.jpg
moblog_3e462407.jpg
moblog_b0d8a1c3.jpg
moblog_a3f8294f.jpg
moblog_3bdb03c8.jpg

TB送信先 ぬる〜くまったりとさん
関連記事

この記事と関連する記事

クロックワーク・プラネット 第7話「首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)」感想 真の解放を得たアンクルちゃんの涙が心に沁みる。

クロックワーク・プラネット

スレッドテーマ : 2017年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(3)

AFTER「恋愛暴君 第7話「お祭りじゃーい/どうしてこうなったぁ!!」感想 青司は茜のヒロインだったのか。

BEFORE「冴えない彼女の育てかた♭ 第6話「雪に埋もれたマスターアップ」感想 別荘の二人のシーンが永遠に続けばいいのに。倫也の一番になって喜ぶ英梨々が可愛かった。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • テロリストとして秋葉原で行動を起こす見浦ナオトは まるで、ヤッ○ーマンのコスプレ?! これは、魔改造されたアンクルを救う戦術? 一体誰が考えた、戦術なのか。 マリー・ベル・ブレゲが、一区画を乗っ取って アンクル側の掻き乱す作戦だったのね。 しかし何故、秋葉原? ヲタクの街だからなのか? マリー先生のファンの手を借りて 反乱を起...

    奥深くの密林 2017/05/19
  • クロックワーク・プラネット 第7話『首都襲撃(アタック・トゥ・マルチプルグリッド)』 感想(画像付) アンクルちゃんの心を取り戻してゲットだぜ!w おとうさんて呼ばれてもいいw 嫁リューズちゃんに続き、可愛い娘のアンクルちゃんも出来てナオトは果報ものだなw これで1話のアバンに繋がってクライマックスかな?w

    空 と 夏 の 間 ... 2017/05/19
  • 第7話 首都襲撃 東京襲撃の直前で市民を非難させてバトルフィールドを確保する。マリーたちが選んだのは区画・秋葉原。マリーの人脈でハンネス先生、コンラッド教授が協力してくれる。ナオトの道化で市民を恐れさせて、非難させる。 ナオトの作戦はナオト自身を盾にすること。アンクルは人間を攻撃できない。盾にして仮面だけを破壊すれば良い。ミュートスクリーム、ブラッデイマーダー、お互いに虚数空間で戦う。アンク...

    ぬる~くまったりと 2017/05/19

Top