二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2017 07/09

Fate/Apocrypha 第2話「聖女の出立」感想 真名を明かし合うと云う異例の展開。

moblog_8187669d.jpg

黒のライダーとエロマスター女史をはじめとして、個性的なペアが多すぎて目が回りそう。
それにしてもシロウからルーラーと呼ばれていたジャンヌちゃんみたいな女の子は、何で一人で行動しているの?


黒のライダー・アストルフォきゅんがキャピキャピしながら真名をみんなに名乗っていましたが、大戦を生き残った者たちで聖杯戦争をするんじゃなかったんでしょうか。

宝具や弱点を知られるおそれがあり、たとえ力の差が大きくあろうとも相性の悪い相手と組んで攻められたり、倒すために適任者が選ばれて宝物庫のギルガメッシュVS無限の剣製の士郎があったのも記憶に新しいところですが、その他にも作戦を立てられたりリスクしかない真名バレですよね。

そして黒のセイバーのマスターであるゴルドがその流れというか決めごとに乗らなかったのも頷けるところですが、黒のチームをこれから率いて行きそうなダーニックをマスターとする黒のランサー・ブラド三世も自ら明かしていましたね。

この決めごとが今後どんなところでお話に関わってくるのか気になるところですが、黒だけでなく赤の陣営のサーヴァントの中にも聖杯に頼らず自分の力で目的を成すと言っている者がいたり、今までの聖杯戦争時のように、聖杯を求める気持ちが薄い者がサーヴァントの中に居るのがこのApocryphaの特徴のひとつなんでしょうか。

獅子劫の召喚した赤のセイバー・モードレッドも王となるよりアーサー王が引き抜いた剣を抜くのにチャレンジできればいいと言っていたりしていますが、聖杯に頼らなくても剣が刺さっている場所さえ分かれば事は済んでしまうと云う感じですね。

ともあれ赤のアサシン・セミラミスを召喚した監督役のシロウと獅子劫が顔を合わせ、モードレッドが警戒するセミラミスとシロウの組み合わせに獅子劫も同じ事を感じ、チームとして組まずに単独で動くと彼の元を後にしましたが、早くも黒の陣営に襲われる獅子劫たちは、これから大戦の背後に潜むシロウや魔術師たちの思惑に迫って行く役目を負いそうですね。

そしてシロウからルーラーと呼ばれるジャンヌの面影を持つ少女が一人で大戦の舞台となるルーマニアへと向かっていますが、そもそもルーラーとは何なのか、そしていきなり刺客を向けられる理由が明かされるのは次回になるんでしょうか。

幼女で切り裂き魔のジャックと早くも敵陣営へと迫るバーサーカーの動きにも注目しつつ、先ずは次回を待ちたいと思います。


moblog_cc85e011.jpg
moblog_3201e339.jpg
moblog_544eaa1c.jpg
moblog_716cb3f7.jpg
moblog_d252dd3e.jpg
moblog_eec9c435.jpg
moblog_5ac4b7e3.jpg
moblog_7a4c9733.jpg
moblog_f1e8fd1d.jpg
moblog_f2de3920.jpg
moblog_4cf9d77f.jpg
moblog_404d5a45.jpg
moblog_26b22c67.jpg
moblog_1ff8fd70.jpg
moblog_6bac3c5c.jpg
moblog_9b382e13.jpg
moblog_b9157500.jpg
moblog_f90fe928.jpg
moblog_2e00cebf.jpg
moblog_639f6a24.jpg
moblog_e2edc1cf.jpg
moblog_287cddd3.jpg
moblog_6d519a7c.jpg
moblog_6bbcecbc.jpg
moblog_b43f2590.jpg
moblog_30f6334f.jpg
moblog_78eb48fa.jpg

◎こちらのブログ様にも感想記事が掲載されています。
空と夏の間さん
関連記事

この記事と関連する記事

Fate/Apocrypha 第2話「聖女の出立」感想 真名を明かし合うと云う異例の展開。

Fate/Apocrypha

スレッドテーマ : 2017年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(2)TB(6)

AFTER「プリンセス・プリンシパル 第1話「case13 Wired Liar」感想 可愛いスバイっ子たちのハードな物語にギャップ萌えしたかも。

BEFORE「戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第2話「ラストリゾート」感想 諦めない!その一瞬を永遠にしてみせる!!

COMMENT

  • No.772 No title

    >聖杯に頼らなくても剣が刺さっている場所さえ分かれば事は済んでしまうと云う感じですね。

    いや、あれは聖杯の力で過去の時代に戻って自分が選定の剣を抜きたいって意味では?
    だって選定の剣(カリバーン)は、もうとうの昔にアーサー王(アルトリア)が抜いてるんだし、今更剣が刺さってた場所だけわかっても意味ないと思います

    投稿者: 2017/07/10 (月) 18:45
  • No.773 No title

    なるほどですね。
    私の理解不足でした。

    投稿者:甘エビ 2017/07/10 (月) 19:39

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 投稿者・ピッコロ ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週火曜日22時と金曜日21時半より アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニメ交流してみない?初めての方も大歓迎だぜ~!! ↑ポチって押して頂けると励みになります。コメントを頂けるとコメントレスさせて頂きます!

    ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2017/07/14
  • Fate/Apocrypha第2話「聖女の出立」は、実質的にサーバント紹介エピソード。 冒頭はジャンヌダルクらしき金髪女が火刑にされるシーン。 サーバントらしいけど黒赤陣営どちらかは不明。 ホテルに滞在してて、バスに乗って目的地に向かってたけど、よくわからない。 前回の黒陣営にはいなかったはずだし、 黒陣営ならわざわざ単身でホテルに泊らないはず。 第2話ではマスターは登場しないし、 本人もこ...

    アニメとマンガの感想と考察 2017/07/13
  • 僕が左斜め前にいるイカしたセイバーの背中を突っついたらどんな顔をするだろう。 ※ネタバレ全開 バスに揺られながら、物思いにふける一人の少女―ルーラー。 フランスの少女の身体を依代に顕界する異例な召喚をされた彼女は、 此度の大戦に違和感を抱いていた。 しかし、己の役割を全うすべく、 ルーマニアの都市・トゥリファスへ出立する。 一方、赤と黒の両陣営も来るべき...

    趣味人の宿部屋 2017/07/10
  • バジリスクのようなものを連想したけど、協会のシロウのようなキャラを見るといつも通りのFateだなーと。こういうのは主要キャラの目的、行動が途中で変わるパターン。 赤とか黒とか、最終的にどうでも良くなるんだよな。

    こう観やがってます 2017/07/09
  • 第2話 聖女の出立 1541年5月30日に火刑に処されたジャンヌがルーラーとして召喚された。聖杯大戦の会場、ルーマニアに向かう。 黒のライダー、アストルフォが真名を名乗って正体を明かそうと提案する。アーチャーはケイローンと名乗る。バーサーカーは言葉が不自由だが拒否の様子。マスターのカウレスがフランケンシュタインだと告げる。しかしセイバーのマスターは真名を告げることを拒む。ランサーはドラキュラ...

    ぬる~くまったりと 2017/07/09
  • Fate/Apocrypha 第2話『聖女の出立』 感想(画像付) ジャンヌを憑依させたルーラーちゃんが話の鍵になるのかな? 今回は召喚されたサーヴァントたちの紹介といった感じ。 女扱いするなっていうのにモードレッドちゃんの選ぶ服が女の子してるw セントールの人は人型でよかったな。別作品と被るとこだったw モードレッドと獅子劫のコンビが脳筋でお似合ですねw なかなかい...

    空 と 夏 の 間 ... 2017/07/09

Top