二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2017 08/14

プリンセス・プリンシパル 第6話「case18 Rouge Morgue」感想 淡い夢は少女の歌声に乗って去りぬ。

moblog_1a19248f.jpg

父親と再会したドロシーの消えない痛みと、スパイとなった彼女が描いてはいけない一瞬の夢が消えて行くのが切なかった。
けれども、ベアトリスちゃんの可愛さが大きな救いでしたね。


カギを開ける講習をベアトリスにするドロシーの様子が微笑ましかったですが、そんな彼女に父親と接触する事が分かっていて暗号文入手の任務を命じるコントロールは度し難い存在ですね。

しかし嫌々ながらも従うしかないドロシーは死体の身元を調べるモルグたちの仕事に加わり、いざという時の連絡役として同行するベアトリスも現場に潜り込みましたね。

そして予想通りドロシーと父親の諍いも起きてしまったわけですが、怪我をして人生が狂ってしまった父親から受けた痛みを持つドロシーと、父親に喉を機械化されたベアトリスの二人は、同じ消えようのない父親絡みの辛い過去を持つ事を共通点にして、前よりもずっと心の距離が縮まったように感じました。

ぶっちゃけこのエピソードの救いと言えば、ドロシーとベアトリスがさらにわかり合い関係を深めたその一点に尽きますが、僕は最後に娘の事を思って駆けて行った父親の姿をドロシーが見られて良かったと思いました。

そして、彼女には待ち合わせのバーで人生をやり直すぞと声を上げる父親の姿が浮かんでいたんだと思いますが、父親の暴力が元で家を飛び出した彼女は今はスパイなんですよね。

なので親子揃ってまた一緒に暮らすことなど出来ないと彼女自身も分かっているはずなのに、それでもバーで父親が現れるのを待つこの時だけは、彼女にとってとても幸せな時間じゃなかったんでしょうか。

父親がノルマンディー公の配下に絶命させられるシーンと並行して流れるベアトリスの歌が、まどろむような幸せとドロシーの淡い気持ちを乗せて響き続けるのは、なんとも切なく哀愁を感じずにはいられないラストシーンでしたね。

そして夢を語り合うアンジェとプリンセスの今後も気になるところですが、バラードも似合いそうなドロシーのおちゃめでセクシーなシーンをまた見れる事を楽しみに、次回を待ちたいと思います。


moblog_9b85d985.jpg
moblog_9a1e3179.jpg
moblog_54dbf329.jpg
moblog_ea44af89.jpg
moblog_9f6e0c0e.jpg
moblog_2487cabd.jpg
moblog_830b4875.jpg
moblog_b1e9b0ec.jpg
moblog_3e346b06.jpg
moblog_5b51da13.jpg
moblog_0e5f4826.jpg
moblog_90992cdc.jpg
moblog_a626edd5.jpg
moblog_0c7c38ab.jpg
moblog_ed8ef7a6.jpg
moblog_70c6b2bb.jpg
moblog_1a80ea82.jpg
moblog_215b670b.jpg
moblog_2268750c.jpg
moblog_5329bf01.jpg
関連記事

この記事と関連する記事

プリンセス・プリンシパル 第6話「case18 Rouge Morgue」感想 淡い夢は少女の歌声に乗って去りぬ。

プリンセスプリンシパル

スレッドテーマ : 2017年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(4)

AFTER「バトルガール ハイスクール 第7話「守る力」感想 目覚める星守の本当の力

BEFORE「ナイツ&マジック 第7話「New&Old」感想 エル君も獅子王も楽しそうでいいなぁ。

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • ドロシーはデイジー。自分を捨てた母親の名前をコードネームにしていたのですね。いじ

    うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 2017/08/14
  •  壁の向こうに。

    Wisp-Blog 2017/08/14
  • 第6話「case18 Rouge Morgue」 見捨てる事が出来ない、見捨てても縛られる。 どんなにダメな親でも親は親なんだな。

    いま、お茶いれますね 2017/08/14
  • 第6話 case18 Rouge Morgue ベアトにピッキングを指導するドロシー。アンジェやちせでは教えるのは向いていない。7からドロシーに仕事の依頼。王国の暗号解読書を遺体から奪い去る。回収してノルマンディ公に手渡すのがダニー・マクビーン、ドロシーの父だった。 連絡係としてベアトを連れて死体安置所、モルグ街に向かう。早速、仕事を始める二人、死体の衣服を脱がせて裸にする。身元が分かりそう...

    ぬる~くまったりと 2017/08/14

Top