二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2017 11/16

このはな綺譚 第7話「夏祭りの夜」感想

20171116001006435.jpeg

夜店の並ぶ道の中、はしゃぎ回る柚と櫻が可愛かった。
そして、夜のお祭りデートを楽しむ棗と蓮がラブラブすぎる。


此花亭に来て初めての夏祭りを体験する柚ちゃんの楽しそうな様子を見ているだけで顔がほころんでしまいますが、忙しく働く皐たちもお客さんがみんなお祭りに出かけている間に交代で行って来ても良いと言ってくれる桐さんは優しい人ですね。

まあ柚ちゃんと櫻ちゃんにあんなに可愛い顔で行きたいアピールされたら何とかしてあげようと思うのはみんな一緒だと思いますが、先ずは二人と皐の三人で出かけていくことになりましたね。

そして素早くあちこちのお店を回る櫻ちゃんが迷子にならないように追いかけた柚ちゃんの方が迷子になってしまいましたが、自分じゃなくて皐と櫻ちゃんが迷子になってしまったと思ったツッコミ不可避の柚ちゃんを、すぐに皐たちが見つけてくれたので自分の状況に気づく間もなく、柚ちゃんは泣きべそをかかずに済みましたね。

途中お祭りの夜に迷い込むという死者たちの帰る場所へと続くところに柚ちゃんは足を踏み入れてしまいましたが、前回彼女と出会って成仏して行った女の子が助けてくれたのは良い展開でしたね。

そして後半は棗と蓮ちゃんの二人だけでのお出かけとなりましたが、せっかくおめかししたにも関わらず、それに全く気づいてくれない棗に蓮ちゃんが不満を抱えるいつものパターンから始まりました。

けれども。棗は新しい下駄を下ろした蓮ちゃんが指を擦ってしまったことに気づいてくれたり、彼女が打ち上がり始めた花火がよく見えるようにと肩車したりと以前二人で出かけた夏祭りの時には無かった優しさを見せてくれましたが、それは棗がただ成長したからという理由だけでないですね。

おぶってもらっていたのを恥ずかしくなっただろう蓮ちゃんが地面に降ろしてもらって裸足で歩き出したことに、優しく付き合ってあげる棗の爽やかさに、蓮ちゃんも嬉しくなってしまったんじゃないでしょうか。

やがて花火が夜空に大輪の花を咲かせ、お菊ちゃんが夢見るように来年は見に行けるかしらと語る中、此花亭にいつもの夜が訪れますが、蓮ちゃんが顔を真っ赤にしていた路地裏のカップルのように、棗と唇を重ねる夜も来るんでしょうか。

櫻ちゃんのお土産を嬉しそうに彼女と一緒に舐める桐さんに、母性と百合が結び合うのを感じてほっこり緩々な気持ちになりましたが、次回は再び怖い色合いが増しそうなタイトルが付いてますね。

そしてエンディングの絵もすっかり秋めいてきたこのはな綺譚ですが、次はどんなお話になるのんでしょうか。
その放送を楽しみに待ちたいと思います。


20171116001011234.jpeg
20171116001008469.jpeg
20171116001019c35.jpeg
20171116002618aef.jpeg
20171116001011a6d.jpeg
201711160010164d1.jpeg
20171116001016f12.jpeg
20171116001019e5c.jpeg
2017111600102130b.jpeg
20171116001008070.jpeg
20171116002619fc8.jpeg
20171116001013525.jpeg
2017111600141500c.jpeg
20171116001417390.jpeg
20171116001417c5e.jpeg
201711160014203ce.jpeg

◎こちらのブログ様にも感想記事が掲載されています。
空と夏の間さん
関連記事

この記事と関連する記事

このはな綺譚 第7話「夏祭りの夜」感想

このはな綺譚

スレッドテーマ : 2017年新作アニメ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(6)

AFTER「僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件 第6話「ほ、他の人には見せないでね?」感想

BEFORE「アイドルマスターシンデレラガールズ劇場2 第20話「ピトォ…/今もこんな感じっす」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 真夏の夜の祭り

    キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 2017/11/17
  •  初見時は原作者がモザイクコラ禁止令を出すのも納得の一方、話を終える2回目以降だと確かに中の人が言うように神聖なやり取りに見えてくる不思議。 拍手返信:雪光さん(このはな綺譚 6話感想) >人や獣という外側の枠組みではなく、柚という一人の少女を一個の人間として真っ直ぐに見てくれた比丘尼様との触れ合いを通して育まれた柚の人間性。まだ無知でありながらも表面上のものではなく、物事の...

    Wisp-Blog 2017/11/16
  • このはな綺譚 第7話 此花亭ワールドにもあります夏祭り。 うまくやりくりして娘狐たちを行かせてあげる桐さん優しい(^^) 前半は皐、柚、櫻の3人でお出かけ。 速攻迷子になる柚ちゃん期待裏切らない子^^; 手を繋げばはぐれない、柚ちゃんの発想が可愛い♪ 楽しく盆踊りするも、ゆずちゃん危うくあの世へ^^; 前回浄化されて成仏したユーレイ少女が助けてくれました! 後半はなちゅめ...

    のらりんすけっち 2017/11/16
  • このはな綺譚 第7話『夏祭りの夜』 感想(画像付) 棗ちゃんが男前すぎるw お姫様抱っこされたり、肩車されたりしたら、蓮ちゃんじゃなくても惚れちゃうわ! この二人はも結婚しちゃえばいいのにw 柚ちゃんはまたあの世に引っ張られかけそうになって、前回の霊に助けられてる。 いつもいつも危ないなぁw 櫻ちゃんの御土産の溶けた飴を、皐ちゃんと2人で舐める姿はヤバすぎます!! ...

    空 と 夏 の 間 ... 2017/11/16
  • 「本気になったときのなっちゃんの瞳は、宝石みたいだと思う」 櫓の上で、勇ましく太

    うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳 2017/11/16
  • 第七話 夏祭りの夜 祭り囃子が聞こえてきた、柚には初めての祭り。色んな祭りが混ざり合って期待大な柚。宵宮だが2班の交代制で祭りを楽しもう。皐は行かないと言うが、柚と櫻の2人で行かせるのは心許ない。 柚たちが先行する、櫻ははしゃぎ回って、追いかける柚が迷子。3人で手を繋げば安心、恥ずかしい皐は面を被る。 色んな食べ物に惹かれながら、飴細工の見事さに見惚れてしまう。...

    ぬるーくまったりと 3rd 2017/11/16

Top