二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 09/25

神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 12.0「初めて恋をした記憶」感想

翼のない女神 ──
朝の光が輝きだした中、振り返ったちひろがそんなふうに見えてしまいました
ひどく傷つけてしまったのに、桂馬がしようとしていたことを見守り、歩美のことでは手を貸してくれたり
桂馬を好きな気持ちをとても大切にしてくれましたね

桂馬の家からちひろが帰る時に、私の中にも何かあったん?って聞かれた桂馬が、もし優しい言葉をかけていれば、またちひろの気持ちを引っ張ってしまう
桂馬はそれが分かっているし、ゲーム以外の女の子を好きにならない自分が、そうすることでまたちひろを傷つけてしまうとも分かってて「関係なかった」って言ったんだと思いました

しかし、笑顔でバイバイと言うちひろは、あまりにも眩しくて、まるで女神のようでしたね
あの瞬間、桂馬の眼にはちひろがどんなふうに映っていたんでしょうか
神のみぞ知るセカイ 女神篇 第12話「初めて恋をした記憶」感想行きます

20130925082205426.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
遂にすべての女神がそろった。その翼を羽撃かせ“一本岩”へと向かう女神たち。
ヴィンテージと対峙するハクアと駆け魂隊。
そして舞校祭はクライマックスを迎える──。
「神のみぞ知るセカイ 女神篇」最終話。

20130925082206759.jpg

感想 :
幼馴染の歩美の気持ちは、ちひろには十分すぎるほどわかっていた
そのちひろに背中を押されてからの歩美は、もう止まりませんでしたね
攻略とか関係ない、自分が好きな人の役に立てれば良いという気持ちでいっぱいで、ある意味ちひろと同じ思いでしたが、それを敢えて拒否する桂馬も彼らしい展開でした
結果、歩美からは往復ビンタをいただくことになりましたが、この辺りが神のみがラブコメである面白さなんでしょう
そして同時に、女の子の好きって気持ちにキュンとなるところでもありますね

さておき、歩美からの本気チューが出てからは、ほどなく女神たちも全員復活
無事にヴィンテージの計画も阻止することとなりましたが
正体を見せたリュミエル、二階堂先生、そして天理がディアナに何かを言っていた辺りは、女神篇以降へとつながっているところでした

そしてハクアも駆け魂隊に戻れて良かったですね( ´ ▽ ` )
しかし、蚊帳の外にいたエルシィは、ハクアがクビになっていたことも知らなくて…ああなんという扱いだったことか、エルシィもっと見たかったなあ

で \(^o^)/ そんなエルシィもことが終わってから、五日経っても部屋でゲームし続けている神にいさまをとっても心配していた様子
やっぱり桂馬は、女の子たちとセカイを守るためとはいえ、同時に女の子たちを攻略し、中でもちひろを傷つけてしまったことをとても後悔していたんですね
はじめて自分を好きになってくれた女の子
もっと違う言葉があっただろうに、その言葉が見つけられなかった自分を、それでもまっすぐに見てくれた女の子
胸にしまっていたピックだけが、桂馬の口に出せない気持ちを、ちひろに伝えてくれたんだと思いました
ちひろにとっても大切なピックになったんでしょうね

そのピックを手に舞校祭のステージに立つちひろ
ちひろが桂馬への気持ちに蓋ができなくなったのは、一話のかのんの告白を見てからでしょうか
そのかのんがステージに現れて、ちひろの声に合わせて歌いだしたところは、女神篇の全てが上手くまとまった感じがして、とても感慨深いものがあるシーンでした

なにより、桂馬が好きという気持ちに気づいた頃に出来たメロディーに、思いが重なり歌詞が生まれ
みんなで演奏する頃には、初恋は終わっていた
それでも「初めて恋をした記憶」は鮮明にちひろに残ったんでしょうね
はじめて恋心を送られた桂馬も、その記憶をけっして忘れないでしょう
涙が止まらない。つらいけど心に残る初恋を見せてもらった女神篇。
これからもファンであり続けたいと思います


追記 : 次週地上波初登場となるマジカル☆スターかのん100%の感想はここです
これがあったから、女神篇の感想を書いていこうと思った、とっても面白くて可愛い作品です

言及 :
http://natusola.blog105.fc2.com/tb.php/1608-12680e91
関連記事

この記事と関連する記事

神のみぞ知るセカイ 女神篇 FLAG 12.0「初めて恋をした記憶」感想

神のみぞ知るセカイ

スレッドテーマ : 神のみぞ知るセカイ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(1)

AFTER「きんいろモザイク 第1期全編を見終わっての感想です

BEFORE「有頂天家族 第12話「偽叡山電車」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)

Top