二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 10/24

BLAZBLUE ALTER MEMORY 第3話「傍観の眼」感想

前回でループする世界から抜け出し、一斉にキャラクターたちが当時してきた今回
いったい何が起ころうとしているかを掴むキーになるのは、見るからに悪人ぽいハザマですね
彼はラグナの過去にも関わっていて、ここからはノエルとラグナを利用して世界を破壊しようとしているようです
それでは、ブレイブルー 第3話「傍観の眼」の感想です

20131024105108345.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
蒼を継承したノエル。
そしてノエルに観られ、本来の力を取り戻したハザマはユウキ=テルミへとなる。
ラグナを挑発するテルミ。テルミへの憎悪を向けるラグナ。
しかしレイチェルはラグナを制止する。「事象が変わった今、貴方じゃ万に一つの勝目もないわ」
淀んでいた時間が流れ、世界が動き出す。ラグナとノエルを求め、すべてがカグツチに集まり始める・・・

20131024105107537.jpg

感想 : ライチ先生とタオカカはとても仲が良いみたい
初のサービスシーンになったと思いますが、こういうパートが入ったのと、ハザマの台詞で方向性も見えてきて、話が分かりやすくなってきたと思います

ポイントとしては、ハザマが蒼の継承をしたノエルを叢雲(ムラクモ)に覚醒させようとしているところで
そこに統制機構技術大佐のレリウスが加わったハザマ側に、その反勢力と言えないまでも、ライチをはじめとする各登場人物が各々持つ事情や背景で、ぶつかっていくことになりそうですね
そして、登場人物たちのそういったところが描かれ出すと、もっと面白くなってくると思います

ハザマにしても、卵を食べながら、手のひらを開いたり閉じたりして、いったい何が馴染んでいるのか
蒼の継承をしたノエルに認識されることで、ユウキ=テルミとなったり、謎の多い人物ですね
そして、彼の正体を知っている節のあるレイチェルは今回の題名のように、すべてを傍観する立場のようです
冒頭で彼女がツクヨミユニットを使ってタケミカヅチの攻撃から守っていたのは、カグツチの窯に居たノエルとラグナなんでしょうか
いずれにしても、ノエルとラグナが今後の世界の命運を左右する中心に居ることは間違いなさそうです
大きな伏線としては、ノエルの中にあるラグナの記憶のようなものの存在でしょうか
全体的にテンポも良くなって、分かりやすくなってきた第3話だったと思います
そしてそろそろ、完成したOPも見たいところです
関連記事

この記事と関連する記事

BLAZBLUE ALTER MEMORY 第3話「傍観の眼」感想

ブレイブルー

スレッドテーマ : BLAZBLUE Alter Memory ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第3話感想

BEFORE「東京レイヴンズ 第3話「SHAMAN*CLAN -魂呼(たまよばい)-」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top