二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 11/14

BLAZBLUE ALTER MEMORY 第6話「偽りの世界」感想

ラムダは窯に落ちていったニューにそっくりなだけでなく、記憶も残ってるみたいですね
そして、素体とノエル、ラグナの妹、その全てがつながっているのも、間違いないことのようですが
明らかになるのはクライマックスを迎える頃になるんでしょうか
今回は、そこに大きく関係すると思われるラグナの弟ジンにスポットが当たり、本題に向けて脇を固めに入った感じでしたが
おもわず登場したシシガミ=バングさんが良い人すぎて、面白みもいっぺんに増してきたと思います
それでは、ブレイブルー第6話「偽りの世界」の感想です

20131114055905246.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
ココノエに創られ、テイガーによってラグナの目の前に召還されたラムダ。
ニューと同じ顔をしているラムダに驚きつつ戦うラグナ。
そしてノエルはツバキとジンを探し、一人カグツチをさ迷う。
一方、ジンは正義の咎追い・シシガミ=バングと出会う。
バングはジンを殿の仇と呼び、襲いかかるジンはあっさりと倒されてしまう。
「こやつ… … 手負いか… … 」
バングは倒れたジンを連れて浪人街に戻って行く・・・

20131114055806565.jpg

感想 : ラムダを回収させたココノエといえば、ハクメンも捉えていましたが、黒い獣復活の阻止が目的なんでしょうか、それともそれを演出している節があるハザマを倒すことなんでしょうか
彼に向けるココノエの視線が普通では無い記憶があるので、おそらくはハザマ絡みの線が強いと思いますが、ループや事象干渉に気づいている彼女が、何をしようとしているのか、とても気になるところです

さておき、バングさん、清々しい武人のようで、かっこいいですね
殿の仇とはいえ、傷を負ってるジンとは戦わない、それどころかライチ先生を呼んで手当てをしてあげたり、町を案内したり、良い人すぎですね
彼が主役のサブストーリーが見たくなるほど、好きになってしまいました

そして、今回の見どころのひとつ、タカマガハラによる事象干渉
ついにジンと会ってしまったツバキが、十六夜の力に飲み込まれてしまったような経緯で、ジンをブッスリと突き刺してしまいましたが
その直後に事象干渉が起こされて、無かったことにされてしまいました
と云うことは、秩序に基づき世界を回そうとしているのがタカマガハラでしたから、ジンの存在が秩序の運行には欠かせないものという事なんでしょうね
そして同時にツバキが十六夜に飲み込まれるように仕組んでいたハザマは秩序の破壊者という感じですね
以前レイチェルが、タカマガハラにはハザマを使いきれないとほのめかしていましたが、早くもその綻びが出てしまったようですね
秩序の守り手、秩序の破壊者、否応なく巻き込まれる登場人物たちの中心にいるのがラグナと妹のサラの存在なんでしょうね
生きているのかどうかも分からない妹を探すラグナの歩みを阻むものが、それがどんなものであろうと、このブレイブルーの主人公ラグナの敵になるんだと思います
世界より妹、そんな事を感じた第6話までの視聴となりました
後半に入り、これからどう話がまとめ上げられていくのか、期待して視聴続けたいと思います
関連記事

この記事と関連する記事

BLAZBLUE ALTER MEMORY 第6話「偽りの世界」感想

ブレイブルー

スレッドテーマ : BLAZBLUE Alter Memory ジャンル : アニメ・コミック

(2)TB(0)

AFTER「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第6話 「1.トラトラトラ!2.ぶたぶたぶた!」感想

BEFORE「東京レイヴンズ 第6話「days in nest -休日-」感想

COMMENT

  • No.51

    こんばんは
    ラグナとジンの妹はサヤですよ
    今回はバング殿が出たとのことで、CPのストーリーでもバング殿は活躍しますし、結構優遇されているキャラかもしれないですね。ただアニメのバング殿はちょっとムサ…暑さが足りないような…
    さて、ブレイブルーのゲームのストーリーモードはどこまでいきましたか?
    それとメインは決まりました?
    質問ばかりですいません…

    投稿者:某ノエル使い 2013/11/15 (金) 19:36
  • No.52 某ノエル使いさん、こんばんは。

    とりあえずラグナでトレーニングしてます。
    まだ100%コンボきめられないですが、見直してみたり、ライチ先生に聞いたりするのを楽しんでます。
    ストーリーモードはプロローグを見たくらいで、まだまだこれからです。

    投稿者:甘エビver.2 2013/11/15 (金) 21:07

MESSAGE

非公開コメント

Top