二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 11/20

機巧少女は傷つかない 第7話「Facing “Sword Angel” III」感想

ジェラシー全開で雷真の回復を祈る夜々が可愛いかったですね。
雷真は驚異的な回復を見せたわけですが、戦いの時ロキが手加減していたのか、シャルロットのお守りが守ってくれたのか、いろいろなものが重なって九死に一生を得たというところでしょうか。
お話の方も真の敵に向かって集束していった感じです。

20131120175717509.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
ついに夜会が始まった。雷真の初戦の相手はフレイではなく、自ら順位を落としたロキだった。
ロキとの戦いの最中、夜々を庇い、ロキの攻撃をまともに受けてしまう雷真。
その傷は大きく、そのまま気を失った雷真は担架で運ばれていってしまう。
自分を庇ったことで雷真に怪我を負わせてしまったことに責任を感じる夜々は、我を忘れて泣きじゃくる。
そんな夜々をいろりはそっと抱きしめて落ち着かせようとする。

20131120175803666.jpg

感想 : 夜会の2日目、ロキの前にフレイが現れて戦うことになりましたが、それはガルム達を廃棄させないためでした。
私が弱いからガルム達を死なせてしまう、いままでは自身の弱さから逃げていた彼女でしたが、雷真との出会いでそれに立ち向かい始めました。
しかし、それが裏目に出てラビが暴走、そこへ前日の戦いの決着がついていない雷真が参戦。
フレイを助けるためにラビを倒し、結果的にガルム達を廃棄へと向かわせようとしているロキに対して、雷真はフレイもガルム達も救おうとする。
なんとも彼らしい選択ですが、凛として一緒に身を張る夜々は、やっぱり嫁で良いと思います。

しかし決着がついてないと、翌日また翌日と、上位の順位の者が参戦を見送らないと、団子のような戦いになっていくようですね。
勝ち残った人数が絞られてきたら、また様変わりしていきそうですが、その辺りの解説がもう少しほしかったところです。

さておき、ラビの暴走の原因が、実はフレイの魔力の暴走によるもので、治療を頼んだ硝子からフレイはじめDワークスに関係するプレミストチルドレンには、魔力親和性を高めるため心臓に魔術回路が仕込まれていること、そしてやがてはフレイもロキも人ではなくなってしまう事を聞かされた雷真。
全ての元凶はDワークスのブロンソンである事を知ります。

かつてワイズマンに手をかけたと言われてようが、なんだろうが、そんな事は関係ないです。
許してはおけないです!!
行け行け雷真!GOGO夜々です!!フレイとラビたちを繋ぎとめる楔を絶対に打ち砕いて欲しいと思います。
そしてフレイちゃんとキャッキャッうふふ(ラッキースケベ含む)しているのを見て、メラメラジェラシーの炎を燃やす夜々を、そんなラブコメ展開が訪れてくれるのを祈っておきます。

ケルビムに乗ったロキも来ちゃったけど、どつき合ってお友達になる展開になると良いですね。
戦いに関しては、まだまだ発展途中の雷真ですからロキたちと一丸とならないとブロンソンに勝てそうにありませんし、なんとかいい結果を掴んで欲しいところです。
次回の雷真と夜々の頑張りに期待しますo(^▽^)o
関連記事

この記事と関連する記事

機巧少女は傷つかない 第7話「Facing “Sword Angel” III」感想

機巧少女は傷つかない

スレッドテーマ : 機巧少女は傷つかない ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「ミス・モノクローム -The Animation- 第8話「WINNER」感想

BEFORE「のんのんびより 第7話「せんべいがカレーになった」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top