二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 11/29

機巧少女は傷つかない 第8話「Facing “Sword Angel” IV」感想

硝子の関係してる日本軍も、キンバリー先生の属している魔術師協会のネクタルという機関も、Dワークスの行っている禁忌の実験を追っていたということでしたね。
そして、ロキは実験を知っていてブロンソンに従っていたけれども、彼の行動は全て姉のフレイのためであり、
それをわかっている雷真が、切り札を用意していた事が、決着へと導いたと言ってもいいですね。

20131128224508719.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
ラビの兄弟たちを助けるために、再び孤児院へとやってきた雷真と夜々だったが、二人の前にロキとケルビムが立ちはだかる。
しかしロキは雷真ではなく、雷真を取り囲んでいた傭兵たちへ攻撃を仕掛け、襲い来る自動人形たちを次々と撃破していく。
互いに協力し、戦いを繰り広げる雷真とロキのもとに、上空から黄金色に輝く剣の形をした自動人形ルシファーとともにブロンソンが姿を現す。

20131128224509958.jpg

感想 : 事件と戦いの経過そのものより、終わった後の方が面白く感じるのは、アニメ版はそちらがメインなのかもしれないですね。
ロキと雷真が、口汚く罵り合いながらも、フレイのために頑張ったり、仲間意識を育んだりしてるのが、微笑ましく思えてきます。
そして、ナース夜々が、つい「家族になるかもしれない」と雷真への思いを漏らしてしまったフレイに嫉妬の涙を流すくだりは、完全にラブコメしてました。
フレイは、いつも唐突な娘ですが、ここで顔を赤らめてそんな事を言うとは…
新たな嫁の敵の誕生ですね(⌒-⌒; )
これは全力で阻止しないといけないです。
今回の事でロキもフレイもブロンソンから解放されましたが、フレイが唐突に雷真に過激な解放をしないように、夜々は気をつけないといけないね(´・_・`)

今後の二人がどう自分たちの道を進んで行くのか楽しみなところですが、フレイはロキにお姉ちゃんらしいところを見せようとして、頑張っていくと思いますが、いずれ再び夜会で雷真と合間見える時、思わぬ強敵になってはいないでしょうか。
彼女の恋心とあわせて、夜会が進んでいった先が少し心配になります。

しかし、シャルロットに続き、フレイまで雷真の周りに女の子が増えて、夜々はこれからも大変そう。
これからも夜々を全力で嫁として応援していく事に変わりはありませんが、次回からはシャルロット絡みの新展開のようですね。
またまた雷真が首を突っ込むのでしょうが、同時に新しい女の子のキャラも増えるので、夜々にはパンツチェック等頑張って欲しいと思います。
そして、さらなる夜々の嫁アピールに期待です。
関連記事

この記事と関連する記事

機巧少女は傷つかない 第8話「Facing “Sword Angel” IV」感想

機巧少女は傷つかない

スレッドテーマ : 機巧少女は傷つかない ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「ミス・モノクローム -The Animation- 第9話「RIVAL」感想

BEFORE「のんのんびより 第8話「学校でごはんを炊いた」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top