二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 12/05

ミス・モノクローム -The Animation - 第10話「FIGHTER」感想

金がいっぱいでゴールデンタイムとつながった今回。
残りも数話となりましたが、モノクロームはいつ人気アイドルになれるんでしょうか
じれったいというか、引っ張りますね。

あらすじ(公式サイトから引用)
イベント会場でアイドルだらけのモノマネ大会の仕事を終えたミス・モノクロームは、
隣りの建物に長蛇の列ができていたのでつい並んでしまう。
それは、アイドルグループのKND13の握手会であった。
握手を終えたモノクロームは、自分も握手会を開くとマネオに宣言する。

感想 : 映画のパロディネタも入った平常運転ぽい展開でしたね。
もう色々と怒涛の展開に慣れてきてしまったので、ラストスパート前の幕間に思えましたが、
本編の残り時間は、あと10分くらいなので、次回からそろそろアイドルへの展開が始まる予感もちらほらと
アイドルにならないで終わるのもアリですが、油断も隙もない高速の展開に期待してます。
関連記事

この記事と関連する記事

ミス・モノクローム -The Animation - 第10話「FIGHTER」感想

ミス・モノクローム

スレッドテーマ : ミス・モノクローム ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「BLAZBLUE ALTER MEMORY 第9話「秩序の力」感想

BEFORE「機巧少女は傷つかない 第9話「Facing “Elf Speeder” I」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top