二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 12/12

機巧少女は傷つかない 第10話「Facing “Elf Speeder” II」感想

脱出してきた雷真に飛びつく夜々が印象的でした。
しかしその後、アンリエットと何かあったのではとチェックしたり、今宵こそひとつになろうとして雷真に迫ったり、忙しい嫁ですね。
相変わらず雷真はドン引きでしたが、身の危険を感じて今まで言わないでいた許嫁の存在を、とうとう夜々に話してしまいました。
外で偶然聞いていたフレイも燃え尽きちゃったみたいですが、こんな事でへこたれる夜々ではありますまい。
残り話数も少なくなってきたし、放送中になんとか雷真と既成事実を作ってですね。頑張ってほしいと思います。

20131212210205127.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
シャルロットの狙いは学院長であるエドワード・ラザフォードだった。
学院長を目掛けて放たれたシグムントのラスターカノンに巻き込まれ、穴底へと落ちてしまった雷真とアンリエット。
落ちてきた穴の周りでは崩落が始まっており、その場に留まるのは危ないと判断した雷真は、急ぎ出口を探し始める。

20131212210007825.jpg

感想 : 落ちた穴の中で、雷真とアンリエットの距離が縮まりつつあったのを見逃さない夜々。
男の子怖いよーでお馴染み、えむえむっ!の嵐子もそうでしたが、こういう娘がもし特定の男の子を好きになった場合、ハンパないラブラブ光線を送る事になりますから、夜々にとっては危険な存在です。
それを肌で感じる夜々はさすが嫁といったところですが、肌を出して雷真に迫るのはちと早計でしたか、
藪をつついて許嫁の話が飛び出してしまいました。

こういうところを以前シグムントに指摘され、彼もそれが無ければと言っていたんですが、
さて、学院長へと放たれたラスターカノンを、シグムントが命を奪うように放ったとは、今までのシャルロットと彼の関係からすると、あり得ないようにも思えます。

それに、シャルロットに命令してるセドリック。
表向きはフェリクスの溜飲を下げるためとか、キングスフォート家のためにしている事となっていますが、
シャルロットとアンリエットに以前から面識があったり、彼の執事のような自動人形が、別の目的を持って動いているように感じられて、隠された真の狙いがあるように思えてきました。

多分そこがこの事件のキモで、雷真がそれを暴く展開になっていくのかなと思います。
そして、案外こそこそと動いてるフレイがカギになるのかもしれませんね。
予見された子とか、許嫁、撫子と兄への感情、フレイを見守るロキと、先へ先へと繋がるような伏線も幾つか出てきていますが、全部を回収するのは、残り数話では無理でしょう。
欲張らずに、先ずはきちっと原作の3巻にあたるお話を描いて、アニメ版を締めくくってほしいと思います。

関連記事

この記事と関連する記事

機巧少女は傷つかない 第10話「Facing “Elf Speeder” II」感想

機巧少女は傷つかない

スレッドテーマ : 機巧少女は傷つかない ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「東京レイヴンズ 第10話「GIRL RETURN -神童-」感想

BEFORE「のんのんびより 第10話「初日の出を見た」

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top