二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 12/12

東京レイヴンズ 第10話「GIRL RETURN -神童-」感想

鈴鹿ちゃん、帰って来てくれたo(^▽^)oめちゃ嬉しい!
OPにずっと出てたので、今か今かと待っていました。そしてヒロイン夏目を押しのけた感のある鈴鹿尽くしのメイン回でしたね。
とにかく可愛い、しかも妹ポジ、金髪ツインドリルでツン可愛くて仕方ない。
時折見せる強がりが、春虎にも可愛く見えていたんじゃないかと思います。
それでは、東京レイヴンズ第10話の感想行きます。

20131212223108896.jpg

あらすじ : 六人部の引きおこした霊災から時が流れ、平穏を取り戻した陰陽塾には新入生を迎える日が訪れていた。
しかし、新入生代表として壇上に立つ鈴鹿の姿に、夏目、春虎、冬児の三人は驚かされるのだった。
完全ぶりっ子な鈴鹿に呆れる春虎、計算され尽くした角度だと感心する冬児をよそに、巫女姿を見られていた夏目は急いで身を隠すのだった…
果たして夏目の物理を伴う隠行は、彼女の秘密を守れるのか!?
そんな時、鈴鹿の春虎先輩はファーストキスの相手です!発言が講堂に響き渡るのだった…。

20131212223107523.jpg

感想 : 小悪魔的な動きを見せる鈴鹿だけど、泰山府君祭の時に春虎がいいやつと思えた分、余計に北斗の事で自分を責めていたようですね。
そこを感じ取り、自分を彼女が兄に会えなくさせてしまって、自分の方こそ申し訳ない事をしたと彼女の気持ちをすくい上げようとしたのは良かったと思います。
しかし北斗が簡易式で遠隔操作している人物が生きているし、その人にいつか会ってみたいと春虎が言ったもんだから、鈴鹿は今まで自分を責めていた事にイラっとしてしまったみたい。
結果的には、それで彼女の気持ちも救われるところがあったんだと思いますが、
2人の様子を隠れて見ていた夏目は墓穴を掘ったというか、夏目を見た記憶が無かった鈴鹿に、自らネタバレしてしまうどんくささ。
哀れ夏目さん、めでたく秘密を握られてしまったでござる。

それもなんだか良い雰囲気の出だした2人への、心配からそうなってしまったんでしょうけど、鈴鹿の頭を撫で撫でしたり、ハンバーガーを剥いてあげたりする春虎を見てると、居ても立ってもいられなかったでしょうね。
身を隠すのに大変な思いをしてた夏目とか、ものかげからジッと2人を見つめる夏目の心中を思うと、鈴鹿が目立ってたけど、今回もいろんな夏目が見れて楽しかったと思いました。

それにしても京子と天馬の扱いが、ホテル騒動の寮母さんたち的な立ち位置で、春虎には酷かったというか、盛り上げてくれました。
そろそろ天馬のかっこいいところも見たいんですが、鈴鹿も加わったレイヴンズたちの成長と賑やかさを楽しみにしたいと思います。
大人大集合のエピソードが続いていたので、楽しい鈴鹿回でした。

そして、謎の「幼女好きの先輩」、ゆくゆくどんなポジションに収まるのか気になるところです。
不思議な言動に伏線が込められていた気もするし、ひょっとしてコンのお知り合いなんでしょうか、コンの存在に関わる事の、ひとつのカギになる人物かもしれませんね。
星読みの力を持っている春虎の父親が、冬児の未来に選択肢を与える仕込みをしていたように、コンについても何かしていると見る事もできますし、とても気になる先輩の登場でした。
いずれにしても、目の離せない展開が続きそうで、とても楽しみになってきました。
関連記事

この記事と関連する記事

東京レイヴンズ 第10話「GIRL RETURN -神童-」感想

東京レイヴンズ

スレッドテーマ : 東京レイヴンズ ジャンル : アニメ・コミック

(4)TB(0)

AFTER「BLAZBLUE ALTER MEMORY 第10話「神殺しの繭」感想

BEFORE「機巧少女は傷つかない 第10話「Facing “Elf Speeder” II」感想

COMMENT

  • No.81 No title

    こんばんは
    今回は鈴鹿再登場回でしたね。OPからも分かると思いますが鈴鹿はメインキャラなので今後も出続けますよ。あとみていればすぐに分かると思いますがおそらく鈴鹿がイラっとしたのは自分を責めていたことが原因ではないと思います。

    しかし、今回は夏目の隠形の描き方が変だった気がします。コンはたしか実体化を解いた上で隠形していた気がするので少し違うかもしれませんが隠形ってコンがやっているようなことだと思うんですよね。今回の夏目は慌てて物陰に隠れているようにしかみえませんでした...

    そして、何より先輩の登場です。角行鬼、道満、弓削さんなど本編で名前が出なかったキャラもEDで名前が載っていましたがさすがに先輩はEDでも先輩でした。これからの話の中で名前なども明らかになるので楽しみにしていてください。

    投稿者:エミマル 2013/12/13 (金) 20:29
  • No.82 No title

    星読みの力をもっているのは春虎の父ではなくて夏目の父ですよ。
    前回のときに雪風(馬の姿の式神)を送ってきたのが土御門家と言っていましたがそれは本家、つまり夏目の父のことを言っていました。

    投稿者:MN 2013/12/13 (金) 21:18
  • No.84 エミマルさん、こんばんは。

    鈴鹿のイラッとしたところは、間違ってとらえてしまったみたいですね。
    まだ彼女の性格が理解できてないのかもです。
    楽しい回なので、もう一回第10話を見直してみます。

    投稿者:甘エビ 2013/12/13 (金) 21:33
  • No.85 はじめまして。

    出先からガラケーで返信してるので、画面が小さいので、ハンドル名が見えないので、申し訳ありません。

    夏目の父親というか、本家の方だったんですね。
    ご指摘ありがとうございました。

    投稿者:甘エビ 2013/12/13 (金) 21:41

MESSAGE

非公開コメント

Top