二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2013 12/28

BLAZBLUE ALTER MEMORY 第12話「未来への代償」感想

ノエル、ニュー、ラムダ、ミュー、ブレイブルーを彩った乙女たち
ノエルが助かったのは、結局ラムダの中にあるニューのラグナへの愛だったんだろうか…

思えば第8話のラムダ回での出来事は、ラムダの中に記憶としてあるニューの夢の具現化だった気がします。
そして、その夢の出処は、ラグナの妹・サヤに起因するもので、それがラムダにラグナを庇わせ、イデア機関をもって、ミューの錬成を逆転させ、ノエルの魂を再びラグナに掴み取らせた。
そんな風に感じましたね。全てはサヤとつながっていて、ラグナが妹を思う気持ちと、ブレイブルーを彩った乙女たちのどこかにあるサヤの兄への思いが、絶望を切り開いたエンドだと感じました。
ブレイブルーとは、兄と妹の物語なのかもしれませんね。

20131227120613873.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
テルミによって、ノエルは神殺しの剣『クサナギ』であるミューへと目覚めた。ミューが窯に入ってしまえばすべてが終わる。
あの子は世界を滅ぼすためだけに存在しているの…そう話すレイチェル。
傍観者であるレイチェルの唇には絶望の色がのり始めていた。しかしラグナは決して諦めない。
ジンと共にミューの憎しみの鎧を、世界の終わりを破壊しようと立ち上がる。
「いい加減目を覚ましやがれ……ノエル!!!!」

20131227120705562.jpg

ラグナの旅は続く
そして、イカルガへ…

ブレイブルーの最新作、クロノファンタズマにうまく繋がった感じのエンドだったと思います。
ストーリーモードがとても充実しているので、続きに興味を持たれた方にはお勧めの作品です。
イカルガへと歩み出したところはOPやストーリーモードのひとつにつながっていたり、最後にハザマとレリウスの眼下で復活しているのが、ブレイブルーを彩った乙女たちのうちの誰かです。
ブレイブルーのゲームはクロノファンタズマから入ったので、最終話を見て、その復活は、ラグナにはある意味辛い展開だったんだなと思いました。

さておき、ノエルはラムダの犠牲によって助かった感が強かったですが、どちらもある意味ラグナにとってはサヤを宿す者でもありますね。
そして、ラグナは口悪くものを言うところがありますが、最後まで見て来て、なんだか駄々っ子のお兄ちゃんが妹、妹言ってるようにも見えて、とても愛すべきお兄ちゃんだと見方が変わってきました。
そのひとつがノエルを救う事だったし、それが結局世界を絶望の淵から救う事になったんですが、ラグナ本人にとっては、それは副次的なものだったんじゃないかと思います。
そんなところが、レイチェルにラグナ萌えさせている部分でもあり、ジンに兄さん兄さんとヤキモチを焼かせているところなんじゃないかと思いました。

ハザマがラグナを動かした結果を利用してタカマガハラを無力化したり、帝を利用して何かを画策しているというストーリーの絡み方も面白かったですが、アニメ版を見て一番印象に残ったのは、乙女たちとサヤとラグナの思いのつながりと、レイチェルとラグナの間にある思いでしたね。
そういう意味で、ノエルが助けられた瞬間、レイチェルの絶望が払われた刹那。
そこで描かれていたラグナの抗いに感動しました。
彼の妹への愛が、物語の進展と共にそれを宿すものすべてに向けられ出し、届かずとも手を伸ばす、そんな抗いを感じました。
そういうラグナの変遷と最後に見せたものが面白かったアニメ版だったと思います。
そして、真の結末は、まだまだ先と思いますが、見届けたい作品のひとつになりました。

最後に、アニメから入ったので、間違った設定の捉え方などもありましたが、ゲームプレイヤーの某ノエル使いさんのコメントに導かれて、最後まで感想を書けた事に感謝いたします。ありがとうございました。

関連記事

この記事と関連する記事

BLAZBLUE ALTER MEMORY 第12話「未来への代償」感想

ブレイブルー

スレッドテーマ : BLAZBLUE Alter Memory ジャンル : アニメ・コミック

(6)TB(0)

AFTER「東京レイヴンズ 第12話「GIRL RETURN -恋心-」

BEFORE「機巧少女は傷つかない 第12話「Facing “Elf Speeder” IV」感想

COMMENT

  • No.93 兄と妹の物語という解釈は間違ってないと思います

    甘エビさん おはようございます

    正直このアニメはクオリティが低く、原作ファンの僕でもなんとかついていける程度だったにもかかわらず、最後まで視聴しゲームまで買っていただいてうれしく思います
    いちブレイブループレイヤーとしてお礼を言わせてください。

    僕は大したことはやってませんよ、ただ一人でもブレイブルーの世界をより深く知ってほしくてコメントしただけです。

    ブレイブルーはCPの次回作が完結らしいです
    早く出てほしいです!

    最後に疑問に思ったことをコメントしていただいたら、できるだけ答えますよ
    たくさん出してくれていいですよ

    投稿者:某ノエル使い 2013/12/29 (日) 06:44
  • No.96 某ノエル使いさん、おはようございます。

    いつものペースより2日ほど遅れての感想になり、すいませんでした。
    師走の慌ただしい中、コメントありがとうございます。

    ラグナの心境の変遷に興味を惹かれたので、個人的な解釈ですが、兄と妹の物語という感想になりました。

    某ノエル使いさんのコメントに導かれたのもあり、CPの教えてのコーナーを見たりした事は、各話感想を書く上でとても参考になりました。
    そして、ゲームのクオリティの高さや、ビジュアルの美しさ、謎を含みつつ進むストーリーにとても感動したし、今もコンボの失敗を繰り返しつつも、その面白さを楽しんでいます。
    ジン強すぎて、カッコよすぎて、惚れ惚れしていますが…
    とにかく楽しんでます。

    そして、某ノエル使いさんに、教えていただきたいと思いますのは、
    1、バングさんのジンに対する思いと街の人を守るという思いが、アニメではすんなりといっていましたが、殿の仇でもあるジンになんであんなに親切にできたのか、バングさんの心に葛藤はなかったのか、教えてください。

    2、もうひとつは、最後にタカマガハラを無力化する際に、タカマガハラの前に現れたのは、テルミだったのか、ハザマだったのか、どちらだったんでしょうか。

    そして、ハザマの真の目的は、ゲームをしていても謎に感じる部分が多いので、完結でどうなるのかとても楽しみです
    あと、サヤを求めるラグナと素体たちの結末がどういう形で最後に描かれていくのかも、とても楽しみに思います。

    投稿者:甘エビver.2 2013/12/29 (日) 09:14
  • No.97 解説

    1、バングにとっては仇討ちよりもイカルガの民を守る方が大事だからでしょう
    また殿から「人を憎むな、罪を憎め」と教えられたからだと思います。

    2、あれはテルミです、というよりあれがテルミの本来の姿です。
    ハザマという人物はレリウスが作ったテルミの入れ物です
    分かりやすく言えば、ハガレンのリンとグリードのような関係です。
    ちなみにテルミの本来の体は、現在のハクメンの体でありスサノオユニットでもありますが、アマテラスに支配される為テルミが捨てました。

    まだまだ答えますよ?
    あとストーリーモードはどこまでやりましたか?

    投稿者:某ノエル使い 2013/12/29 (日) 09:29
  • No.99 某ノエル使いさんへ

    ストーリーモードはハイランダーアサルトをハクメンさんでクリアしたところですが…最初はどうしたら良いのかと途方に暮れるほどやられまくりました。

    ハクメンさんとテルミの関係は、CPでも理解できましたが、ジンとも関係あるし、不思議な存在ですね。
    そういえば、アニメでハザマが、すべての事象がここに1つになった(集約?)といっていましたが、あれはタカマガハラによる確定事象の事ではないのは分かるのですが、もう少し分かりやすく教えていただけないでしょうか。

    あと、その1つになった直接的かつ決定的な原因は、ラグナがノエルを境界の狭間から引っ張りあげた事でいいんでしょうか。

    投稿者:甘エビver.2 2013/12/29 (日) 11:26
  • No.100 遅れてすみません

    うーん…なんて言えばいいんだろう

    ノエルが蒼の継承者となって、あらゆる可能性が生まれる世界になりました
    そしてラグナがノエルを助けたことで世界の可能性はひとつになりました
    それ以外の可能性では、ラグナがテルミに負けてμがアマテラスを破壊しますが、テルミにとってはそのままではタカマガハラに世界が支配されるで、おもしろくないと言うわけです。
    おそらく最初から、今回のテルミの目的はタカマガハラを掌握することだったのでしょう。

    直接の原因はラグナがノエルを助けるであってると思います

    答えになってましたかね…

    投稿者:某ノエル使い 2013/12/30 (月) 19:53
  • No.101 某ノエル使いさん、こんばんは。

    原作ゲームに小説版と、たくさんの設定やストーリーのなか、分かりやすく説明していただいて、ありがとうございます。
    よく分かりました。
    ブレイブルーのアニメは、ひとまず終わりを迎えましたが、2期もあるかもしれないし、またコメントしていただくと嬉しいです。

    投稿者:甘エビver.2 2013/12/30 (月) 20:04

MESSAGE

非公開コメント

Top