二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2012 11/27

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第7話「Sisters ~幸せの発明品~」感想

moblog_c3d4bba6.jpg
「純粋で優しい娘」
前回のルンちゃん回で独立した存在になったレンに校舎の廊下で出会うリト
幼馴染でもあるレンからの言葉に 自分はララのことをちゃんと見ているのかと改めて自分を振り返っていました
このシーン魚眼レンズでとったような演出で リトの心情を描いていたのですが
ダークネスになってから前シリーズよりも キャラの心にもう一歩踏み込んだシーンが毎回あって とても面白くなってきました moblog_5b1f6550.jpg
あらすじ(公式から引用)
ララの発明品で大騒ぎのいつもの結城家。今回の発明品は、ナナのおっぱいを大きくするという画期的アイテムだった!…が、案の定欠陥品で、今度はモモが貧乳になってしまった!?
そんなララの発明品がらみのトラブルは昔からのことらしく、モモは子供の頃の思い出を楽しそうにリトに語る。
しかしララのトラブルの裏には、ララの妹たちへの深い思いやりがあって…。

[ 感想 ]
今回はララにスポットが当たります
ダークネスになって出番が減るのではと思っていましたが そんなことはないようですね
そしてとても優しい面が表に出てきて 魅力もさらにアップ
「ララお姉ちゃんは天使」なのでした
これはリトさんは誰か一人に心を決めるとか無理です(#^.^#)少年ジャンプでの最終話の終わり方にも改めて納得
モモのハーレム計画に乗ってしまえば良いのにと思います

ついハーレムを想像してしまうのも無理からぬ事かと…

そんなリトを見つめるヤミの手に恋愛小説があったりして 彼女らしい可愛さに(#^.^#)ほころんでしまいました
お静ちゃんによるお約束シーンにも(#^.^#)ほころんでしまいましたが
ノーパンのヤミに向かって飛んでいくリトの瞳に映るものはBDではどうなるのか楽しみですね
とにかくヤミの悩みにフォローを入れるリトは素晴らしかった
さすがリトさん\(^o^)/ラッキースケベと必ずワンセットになってた

そして夕食前のふとした時間…
小さな頃から ララお姉ちゃんの優しさに包まれてきた事を知るモモとナナ
三姉妹の絆はさらに深まったところで
そんなララにドキドキするリトが発明品に足を引っかけて大変な事に
さすがリトさん\(^o^)/ラッキースケベと必ずセットになってた\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
ララの短パンの端から覗くおぱんつがえっちい回だった

ピックアップシーンはこちら
関連記事

この記事と関連する記事

To LOVEる -とらぶる- ダークネス 第7話「Sisters ~幸せの発明品~」感想

スレッドテーマ : To LOVEる -とらぶる- ダークネス ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第7話「ちっぱい」感想

BEFORE「生徒会の一存 Lv.2「歓迎する生徒会」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top