二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 02/21

未確認で進行形 第6話「そうだ、小姑でうめよう」感想

紅緒様は今回も平常運転。
小紅がお嫁に行ってしまうので、その穴を真白で埋めようとする紅緒様だったが…

無理です。
結局小紅も真白も「俺の嫁ー!!」になってしまいましたね。
季節ネタのバレンタインデーで、白夜をいつもより意識してしまった小紅。
そのラブコメ臭を今回も見事に紅緒が霧散させてしまいましたが、さて、物語も折り返しに入ろうというところで、小紅はどう自分の気持ちに向き合っていくんでしょうか。

20140220185305469.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
チョコレートを前に小紅が悩む。白夜が悩む。真白も悩む。
まゆらは笑う、「バレンタインっていろんな人間ドラマがあっておもしろいよね」。
そう、2月といえばバレンタインデー。ネッシー。モンゴリアン・デスワーム。雪男。ネッシー。ネッシー。ネッシー。
さて問題です、このお話でいったい何回「ネッシー」と言うでしょう。
よく聞いて確認してください。

2014022018570615.jpg

真白が9回、小紅が1回の合わせて10ネッシーでしたね。
出てきたネッシーの数まで数えるところでした。

まゆらの持ってきた段ボールの上面の縦横の詰め数は確認できたんですが、何段入っているのか未確認なので計算できませんでした。(まことに残念無念)
それはさておき、回を追うごとに小紅が白夜を異性として意識する度合いが高まっていて、
それに心中穏やかではいられない紅緒の暴走ぶりが面白いです。
そしてなんですか、あの屋上。沢山のカップルがチョコ受け渡しの儀式しまくりで、久しぶりに爆発しろという気持ちが、めーらめらと湧き上がってきました。
これはドロロンえんまくんに来てもらうしかないです。(念)

そんなラブコメ臭に充ち満ちた学園で、さらに自宅でも白夜の事で思い悩んだり恥じらったり頬を染めたりする小紅に、紅緒様も最後暴走してしまったオチでしたね。
自分的には、コレで良しと思えるオチでしたが、これからも小紅の迷いを中心に進んで行くんだろうと思います。
それでこそ紅緒も光るんですけどね。ラブが勝つかコメディが無理やりいなしてしまうのか、今後を楽しみに見守りたいと思います。
関連記事

この記事と関連する記事

未確認で進行形 第6話「そうだ、小姑でうめよう」感想

未確認で進行形

スレッドテーマ : 未確認で進行形 ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「未確認で進行形 第7話「それはそれ、これはこれ」感想

BEFORE「のうりん 第6話「萌(めぐみ)の錬金術師」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top