二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2012 11/30

ガールズ&パンツァー 第7話「次はアンツィオです!」感想

moblog_d1209f35.jpg
目を覚ましたおばあから 心配して飛んできた麻子やお見舞いに来たみほたちに きつい言葉が飛んで来ます
けれども 病室を後にしようとしたみほに 麻子のことを「無愛想だけど、よろしく」とボソッと言うおばあちゃん
早く帰れと言っていたのも きつい言葉も 心配をかけたくないという気持ちの裏返しだったようです
麻子と二人っきりの家族なのでなおさらという感じでした

麻子にかぎらず 華も みほも そしてまだそこまで描かれてない女の子たちも
おそらく それぞれに事情や思いを抱えて大洗女子学園に通学しているのかもしれません
そんな女の子たちが戦車道を通して この第7話までにどんな成長を見せてきたのか
改めて振り返ることのできる 良い折り返しの回だったと思いました
moblog_9a4e2d3c.jpg
あらすじ(公式から引用)
倒れた祖母のもとへ駆けつけた麻子。
みほたちが遅れて駆けつけると、おばあはベッドに横になりながらも達者な口調で麻子やみほたちを叱りつけるのだった。
お見舞いの帰り道、安心から寝ついてしまった麻子。
みほはそこで沙織から、おばあが麻子の唯一の肉親であると教えられる。
みほはその話を聞きながら、西住流の家元である自分の家族のことに思いを馳せる。
そしてアンツィオ高校との二回戦に備え、新しい戦車探しが始まった。

[ 感想 ]
一回戦に勝利し意気が揚がる面々
しかし 最初の頃に戦車道を専攻した理由は 単位や特典のため あるいはバレー部復活のため そして友達に難が及ばないように嫌々ながらも専攻したりと けっして戦車が好きで専攻した娘ばかりではなかったですね
ただ 秋山さんは戦車大好きっ子なので お昼ご飯も戦車と一緒です(#^.^#)

今話では そのIV号戦車に順に集まってくる あんこうチームのメンバーたちの姿が…
やがてお昼ごはんをとりはじめ 談笑する彼女たちにとって 戦車はかけがえのない場所になったのでしょうか
とても楽しげなひと時に感じました

そしてそんな時間が流れる中 みほが戦車道から離れた理由が明かされます
川に落ちていく仲間を助けるためフラッグ車から降りてしまい 自分のせいで十連覇のかかった試合に負けてしまった事を…
小さな頃から戦車道を教え込まれてきたみほは とても悩んだのでしょう
しかし 秋山優香里は「あの時の西住殿は間違ってなかった」と断言します
そして華や沙織 麻子の言葉に辛い思いから解き放たれたようでした

戦車道は一本道ではない…
自分の歩いてきた道が戦車道になる そしてその自分の在り方が大切なんだとこちらにも訴えかけてくる様な良いシーンでした
戦車の上で 穏やかに微笑みながら顔を上げるみほは とても可愛かったですね

アンツィオ戦は瞬く間に終了しましたが そんな事は気にならない良回だったと思います

さて次回は 公式のあらすじに自動車部の登場する場面も貼られています
そして新たに加わった戦車が活躍するかもしれませんね 謎の戦車はティーガーI(初期型)と見ましたがどうでしょうか(#^.^#)

ピックアップシーンはこちらから
関連記事

この記事と関連する記事

ガールズ&パンツァー 第7話「次はアンツィオです!」感想

スレッドテーマ : ガールズ&パンツァー ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(0)

AFTER「生徒会の一存 Lv.2 第7話「Sサイズハンター」感想

BEFORE「ガールズ&パンツァー 第6話「一回戦、白熱してます!」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top