二次元美少女の笑顔を守りたい duple

笑顔は最高の魔法 ~Japanese Animation Review~

2014 06/07

デート・ア・ライブII第9話「美九の真実」感想

目的を遂げようとしている少女。兄を見つけた妹。アイドルでいたかった少女。信頼で結ばれている妹。臆病で優しすぎる少女。ただお互いが大切と知った姉妹。恋人にしたい校内女子ランキング3位の少女。

そして、大爆発とともに現れた大食いの少女。
君の代わりなどいないーー。
デート・ア・ライブII第9話の感想行きます。

20140607073404972.jpg

あらすじ(公式サイトから引用)
鏖殺公〈サンダルフォン〉を手に、DEM社の本拠に乗り込む士道。
そこに狂三、真那に続いて美九も姿を現す。更には、琴里、四糸乃、八舞姉妹、そして折紙まで!
秘密のベールに包まれた最も危険な場所で渦巻く、それぞれの思惑。
そして、これまで謎に包まれていた、ウェストコットの忌まわしき企みの一端がーー。
数多の火花が散る戦場!
ただひたすら十香を目指す、士道の戦争〈デート〉の行く末は!?

20140607073308124.jpg

カテゴリーE。マイナスを示す霊力値。反転するセフィラの中、十香はどうなってしまうのか?

エレンとジェシカ2人がかりの攻撃を受ける真那の元に、折紙が助っ人に現れましたね。
エレンの剣を狙撃したところはさすが鳶一折紙!と思いましたが、有り合わせの装備のせいもあってやがて彼女に追い詰められてしまいました。
その窮地に収束魔力砲ミストルティンで援護したのが神無月恭平。
まさにピンポイントで狙い撃つぜの大活躍で、本当に2期は良い仕事してますね。

さておきDEMの外を守るウィザードやバンダースナッチには、多数の過去の再現体を使う狂三、四糸乃、八舞姉妹が当たっていますが、
美九はなぜかの士道同行で、一緒に十香の囚われている本社ビル18階へと進んで行きます。
前回辺りから、美九が士道に興味を持ち始めていたのは明らかですが、彼女の過去に触れ俺がお前の本当の声の歌を聞く!と言われたところで、彼女のハートにズキュンと響くものがあったようですね。
士道らしい言葉と思いをぶつけられて、次回ぐらいでデレてしまうんじゃないでしょうか。

しかしウェストコットの狙いが、十香の目の前で最愛の士道を亡き者にする事によって、彼女を精神的に追い詰め、霊力を反転させて魔王のように堕としてしまう事だったとは、伏線が無かったのでずいぶん驚きました。
士道と出会う前の人に対する絶望とはレベルが違いますね。
空間震とは比べられないような、なにかとんでもない破壊力が発揮されそうで、反転した十香の姿を見てみたい気はしますが、
士道がそれにどう対処するのか、そこが次回の一番の見どころになりそうですね。
そして最後はデレッデレの精霊たちに囲まれた、独特の喧騒の中でのハーレムエンドを迎えて欲しいと思います。


TB : http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/iitokyomx60609-.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-2531.html
関連記事

この記事と関連する記事

デート・ア・ライブII第9話「美九の真実」感想

デート・ア・ライブII

スレッドテーマ : デート・ア・ライブ ジャンル : アニメ・コミック

(0)TB(2)

AFTER「健全ロボ ダイミダラー第10話「発動!ヨーゼフのシンボル」感想

BEFORE「シドニアの騎士第9話「眼差」感想

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー)
  • 第9話 美九の真実 公式サイトから鏖殺公<サンダルフォン>を手に、DEM社の本拠に乗り込む士道。 そこに狂三、真那に続いて美九も姿を現す。更には琴里、四糸乃、八舞姉妹、そして折紙まで! 秘密のベールに包まれた最も危険な場所で渦巻く、それぞれの思惑。 そして、これまで謎に包まれていた、ウェスコットの忌まわしき企みの一端が――。 数多の火花が散る戦場! ただひたすら十香を目指す、士道の戦争<デー...

    ぬる~くまったりと 2014/06/07
  • 十香が、闇堕ちしちゃう!! 衝撃のラストの第9話。 セフィロト反転。魔王の凱旋…次回はどうなるのか。 気になる引きですよ~!   鏖殺公<サンダルフォン>を手に、DEM社の本拠に乗り込む士道。 そこに狂三、真那に続いて美九も姿を現す。 更には琴里、四糸乃、八舞姉妹、そして折紙まで! 秘密のベールに包まれた最も危険な場所で渦巻く、それぞれの思惑。 そして、これまで謎に...

    空 と 夏 の 間 ... 2014/06/07

Top